将来なくなる仕事ランキング!10年後になくなる仕事とは?今後なくなる前の対策とは?

監修者

WEBBOX合同会社

CEO

江波戸純希

江波戸純希は日本で海外就職の転職支援をサポート実績のある人物で、外国語大学の神田外語大学の出身。フリーランス経験をもとにフリーランスマッチングサイト「WEBLANCE(ウェブランス)」も開発。WEBBOX合同会社の代表・CEOでもあるが、フリーランスとしても活躍中。大手メディア「mybest」などで記事の監修も担当。厳選な審査の上、プロの専門家が掲載される「マイベストプロ」にも紹介。また、フリーランスと企業のマッチング支援も行っているため、職業紹介責任者講習の資格も保持している。その資格証拠はこちら

「将来なくなる仕事は何がある?10年後に亡くなる仕事は?」

「将来有望なおすすめの職業は何?」

「将来も必要とされる人材になるには何をするべき?」

この記事では「将来なくなる仕事」「残り続ける仕事」をランキング形式で紹介します。

さらに、経済産業研究所の資料の「AIが日本の雇用に与える影響の将来予測と政策提言」をもとに、将来的にAIに仕事が奪われてしまう根拠や理由、仕事をなくさないための対処法まで詳しく解説します。

WEBLANCE
この記事を読むことで、将来なくなる仕事となくならない仕事が理解でき、就職するべき業界や職業が明確になるでしょう!
監修)江波戸
人間らしい創造性、感情、コミュニケーション能力が必要とされる仕事を選ぶことがポイントです!
20代・第二新卒のあなたにおすすめ!!
マイナビエージェントは、「無料で使える」+「忙しくても求人を紹介」+「履歴書や職務経歴書のサポート」+「年収交渉を代行」+「入社日の調整」をしてくれるので登録するだけでもしておく価値がある転職エージェントです。

マイナビエージェントマイナビエージェントを利用して転職することで年収がアップした方がなんと「61.1%」もいるとのこと!(※1)
少しでも直近で転職してみようかなと悩んでいる方は先に登録しておきましょう!
(※)マイナビのプロモーションを含みます
(※2)※2021年10月1日~2022年9月30日の間に転職が決まった方で転職前の年収額を上回った割合

【パターン別】IT化や人工知能によって将来なくなる仕事・職種ランキング

これから就職や転職を考えている人は、IT化や人工知能により将来なくなる仕事が気になるでしょう。しかし、すぐになくなるのか、10年後なのかは業種などにより変わります。

そこで、パターン別の将来なくなる可能性が高い仕事ランキングを紹介します。

  1. 10年後なくなる仕事ランキング
  2. aiに取られる仕事ランキング
  3. 近い将来・未来になくなる・消える職業ランキング
  4. 30年後になくなる職業ランキング

10年後なくなる仕事ランキング

10年後なくなる仕事ランキング

WEBLANCE
オックスフォードの調査結果によると、10年後には以下の仕事がなくなるといわれています。
  1. 一般事務
  2. 銀行員
  3. 警備員
  4. 建築作業員
  5. スーパー・コンビニの店員

10年後になくなる可能性がある仕事の特徴としては、決められた作業をおこなう職種が多い印象です。

スーパー・コンビニ店員などのレジ打ち業務もキャッシュレス化により、近い将来にはなくなるでしょう。

警備員、一般事務なども決められた作業が多く、人工知能でも代替可能です。

そして、10年後ということは現在よりも人工知能は進化しています。

監修)江波戸

ランキングにあるように、銀行員や建築作業員など、現在のAIでは難しい分野にも影響が及ぶ可能性が高いです。10年後は、銀行員などの高度な作業が必要な職種も、安心できないことは憶えておきましょう。

AIにより将来なくなる仕事ランキング

AIにより将来なくなる仕事ランキング

WEBLANCE
将来AIにとって代わられる可能性が高いといわれる職種は、以下の4つです。
  1. 受付係
  2. 配達員
  3. タクシー・バスドライバー
  4. 工場作業員

受付係は、AIと人間で比べた際に莫大なビックデータを瞬時に検索できるAIに軍配が上がります。

監修)江波戸
配達員やタクシードライバーも、自動運転やドローン配送が実用化された際に、AIに仕事を奪われる可能性が高いでしょう。

近い将来・未来になくなる・消える仕事ランキング

近い将来・未来になくなる・消える仕事ランキング

経済産業研究所の資料の「AIが日本の雇用に与える影響の将来予測と政策提言」によると、今後3年〜5年の近い将来に減る見込みの職種は、以下の3つであると発表しています。

  1. 一般事務・受付・秘書
  2. 総務・人事・経理など
  3. 製造・生産工程・管理

一般事務や受付は、現在のAIのレベルでも一部の作業が代替えされてきており、近い将来に消える可能性は高いでしょう。

監修)江波戸
経理・総務などは、完全になくなる可能性は低いですが、AIにより業務が効率化され、求人数は減少する可能性が高いです。

30年後になくなる仕事ランキング

30年後になくなる仕事ランキング

WEBLANCE
30年後にはさらなるAIの進化が予想されるため、意外な職業もなくなる可能性があります。
  1. プログラマー・エンジニア
  2. 保険の営業員
  3. 卸売業者・物流業者

プログラマーやエンジニアは、企画や提案にかかわる上流工程ではなく、コードを書くのが中心の下流工程の仕事が奪われる可能性が高いです。

保険営業も、AIにより健康状態を管理するようになる未来では、保険の相談員よりも、AIの方が最適な商品を提案できるようになります。

卸売業者や物流業者は、3Dプリンターの進化により、仕事を奪われる可能性が高いです。

今まで工場で作っていたものが、3Dプリンターで作られる未来が予想されるからです。

 

監修)江波戸
30年後の未来では、安全と思っている仕事も奪われる可能性があると考えておきましょう!

【重要】AIにより将来なくなる仕事・職業ランキング

【重要】AIにより将来なくなる仕事・職業ランキング

WEBLANCE
以下が10年後に、AIによりなくなる可能性が高い職業トップ5です。
  1. 将来なくなる仕事ランキング|薬剤師
  2. 将来なくなる仕事ランキング|タクシードライバー
  3. 将来なくなる仕事ランキング|レジ打ちの仕事
  4. 将来なくなる仕事ランキング|警備員
  5. 将来なくなる仕事ランキング|経理・事務の仕事
  6. 将来なくなる仕事ランキング|放射線科医
  7. 将来なくなる仕事ランキング|建築士
  8. 将来なくなる仕事ランキング|公認会計士
  9. 将来なくなる仕事ランキング|行政書士
  10. 将来なくなる仕事ランキング|司法書士
  11. 将来なくなる仕事ランキング|社会保険労務士
  12. 将来なくなる仕事ランキング|税理士
  13. 将来なくなる仕事ランキング|鉄道運転士
まとめてみたい方はこちら
職業代替される理由残る可能性のある業務
薬剤師調剤業務と薬歴管理はAIの強みである大量情報処理や統計分析が活かせる服薬指導(患者とのコミュニケーションが必要なため)
タクシードライバー自動運転技術の普及高度な運転技術や特定条件での運転
レジ打ちセルフサービスや無人店舗の普及カスタマーサービスやトラブル対応
警備員AIロボットによる画像認識と監視の精度向上人間の判断や対応が必要な場合
経理・事務定型化しやすいルーティンワークが多く、AIの強みが活かせる戦略的な経営サポートや複雑な問題解決
放射線科医画像診断技術の進歩により、AIが正確に病気を識別可能AI診断技術を用いた専門的な判断
建築士設計プランの生成や構造計算、材料の選定など、データ分析や計算が得意クライアントの要望を反映した設計や人間的な感覚が必要な部分
公認会計士財務データの集計や分析、取引記録の検証などコンピュータとの親和性が高い税務相談やコンサルティング業務
行政書士書類作成が主な業務であり、AIが得意とする分野クライアントとの対話や専門的なアドバイス
司法書士登記業務や法的情報の収集、契約書の内容分析がAIの得意分野相続手続きや成年後見人制度などクライアントとの対話が必要な業務
社会保険労務士給与計算や社会保険手続きなどIT化が進むクライアント企業特性に合ったアドバイス
税理士税務書類のデータ入力や帳簿作成、税務申告書の自動生成が可能クライアント企業特性に基づいた税務計画やアドバイス
鉄道運転士自動運転技術の導入緊急時の対応やAIでは対応できない複雑な状況

将来なくなる仕事ランキング|薬剤師

薬剤師は、10年後にAIにより奪われる可能性が高いといわれています。

理由は、薬剤師の主な業務である「調剤業務」と「薬歴管理」が、AIのビックデータと相性がいいからです。

薬剤師には、主に3つの業務があります。

  1. 調剤業務
  2. 服薬指導
  3. 薬歴管理

服薬指導に関しては、患者さんとコミュニケーションをとりながらおこなうため、AIに代替えされる可能性は低いです。

しかし「調剤業務」「薬歴管理」は、大量の情報処理や統計データの強みが活かされるため、AIに置き換わる可能性が高いです。

そのため、将来的には業務の範囲が少なくなり、需要も減少すると予想されるでしょう。

将来なくなる仕事ランキング|タクシードライバー

タクシードライバーも、自動運転の普及により、10年後になくなる可能性が高い仕事です。

自動運転によるタクシーは「日経ビジネス」によると、中国の一部の都市ですでに実用化が進んでいます。

そして、日本国内でも公道の自動運転の実証実験が、始まっています。

さらに、10年後には新たな通信システムの「6G」の活用も始まり、通信の誤差がなくなり正確な自動運転が可能になるでしょう。

そのため、多くのタクシードライバーがAIの自動運転により、仕事を奪われる可能性が高いです。

将来なくなる仕事ランキング|レジ打ちの仕事

レジ打ちの仕事も、10年後にはAIに仕事を奪われる可能性が高い仕事です。

現時点でも、レジ打ちのセルフサービスが広まっており、以前よりもレジ打ちの業務の需要は低下しています。

そして、将来的には無人コンビニや無人店舗が広まる可能性が高く、さらに需要の低下が考えられます。

アメリカでは「Amazon Go」のように、商品の棚から手に取り、店舗を出た時点で自動で決済が完了するシステムが、実用化されています。

今後10年で「Amazon Go」のような無人店舗が、日本でも広まることが予想されているため、レジ打ちの仕事はなくなる可能性が高いでしょう。

将来なくなる仕事ランキング|警備員

警備員も10年後にAIに奪われる可能性が高い仕事です。

警備業界にも、近年AIロボットの導入が開始されています。

AIの画像認識を使い、一般の利用者と不審者を見分けることも可能です。

また、夜間の警備の仕事もAIロボットの導入が進められるでしょう。

警備の仕事は、AIの強みを生かせる仕事のため、近い将来需要が減る可能性はあります。

将来なくなる仕事ランキング|経理・事務の仕事

経理・事務の仕事も、近い将来AIに奪われる可能性が高いです。

理由は、事務や経理の仕事はルーティンワークが多く、定型化しやすい仕事だからです。

とくに、以下の業務は定型化しやすく、なくなる可能性があります。

  • 仕分け業務
  • 支払い業務
  • 問い合わせ対応
  • 税務申告

上記の仕事は、AIの機械学習やビックデータの強みが活かせます。

ルーティンワークが多い事務や経理の仕事は、将来的にAIに奪われる可能性が高いでしょう。

将来なくなる仕事ランキング|放射線科医

病気の診断に欠かせない放射線科医の仕事も、将来AIに取って代わられるのではないかといわれています。

近年行われた実験で、AIと放射線科医が乳がん識別を行ったところ、AIの方が正確な結果を出したといいます。(参考:グーグル、乳がん識別でAIが人間を上回ったと発表|CNET

こういった結果から、今後はレントゲンやCT、MRIなどの画像診断や病気の診断などの分野でAIの研究開発が進んでいくでしょう。

しかし、放射線科医の仕事が完全になくなる可能性は低いです。

なぜなら、AIは故障のリスクもあるため、画像診断を完全に頼ってしまうのは危険だからです。

今後は、AIの画像診断技術を使いこなせる放射線科医が求められるようになるでしょう。

将来なくなる仕事ランキング|建築士

建築士もAIの普及によってなくなると言われている職業のひとつです。

建築士が行う設計業務には、以下のようにAIが得意とする計算やデータ分析の仕事が多く含まれるからです。

以下は建築士の業務の中で、AIが得意とする分野です。

  • 設計プランの生成
  • 建物の構造計算
  • 材料の選定や予算の算出
  • 建築に必要なデータの収集(地理情報、気象データ、建材の性能など)

ただし、AIは機械的な作業が得意な反面、施主の要望を聞き出して図面化するなど「人間の感情を読み取る」仕事は不得意です。

建築士の仕事が完全にAIに奪われるという可能性は低いですが、AIと共存しながら業務を進めていく必要はあるでしょう。

将来なくなる仕事ランキング|公認会計士

公認会計士も、AIの普及によって必要がなくなるのではないかと懸念されている職業です。

その理由は、公認会計士が行う業務の大部分が、コンピュータとの親和性が高いからです。

以下は公認会計士の業務の中で、AIが得意とする分野です。

  • 財務データの集計や分析
  • 取引記録や財務文書の検証
  • 将来の財務戦略やリスク管理の提案 など

実際に、世界最大規模の監査法人「デロイトトーマツ」では、 AIツール「Audit Suite Text Reviewer」を開発・導入し、監査業務にAIを取り入れています。

しかし、だからといってAIによって公認会計士の仕事が完全になくなるわけではありません。

AIはデータ分析やパターン認識に優れていますが、税務相談やコンサルティング業務など、公認会計士の専門的な知識が必要な分野もあるからです。

公認会計士はAIを取り入れることによって、より高度な仕事に集中できるようになるでしょう。

将来なくなる仕事ランキング|行政書士

AIの発達によって、行政書士の仕事もなくなるといわれています。

オックスフォード大学と野村総合研究所の共同研究による「AIによる代替可能性の高い職業」では、行政書士の代替可能性は93.1%と発表されています。

AIに代替できる理由として、行政書士は役所に提出する書類の作成が主な仕事であり、書類作成はAIが最も得意とする分野だからです。

以下は公認会計士の業務の中で、AIが得意とする分野です。

  • 法的文書や証明書の作成
  • 許認可申請の代理
  • 法的データなどの情報収集
  • AIチャットボットによる顧客サポート など

公認会計士の仕事はAIが得意とする単純作業が多いため、今後AIが担う業務は増えていく可能性は高いといえるでしょう。

公認会計士の仕事の中でAIに任せることが難しいのは、専門的なアドバイスの提供やクライアントとの対話の部分です。

そのため、単純作業は営業に任せて、コンサルティング業に力を入れていく公認会計士が増えていくと予想されます。

将来なくなる仕事ランキング|司法書士

司法書士も、AIによって将来なくなる仕事と言われています。

先ほどご紹介した「AIによる代替可能性の高い職業」では、司法書士の代替可能性は78.0%%と発表されています。

以下は司法書士の業務の中で、AIが得意とする分野です。

  • 不動産登記、会社登記業務
  • 法的前例や判例など法的情報の収集
  • 契約書の内容分析
  • 裁判所・法務局に提出する書類作成 など

しかし、司法書士の仕事はクライアントとの対話も含まれるため、AIだけに業務を任せることは難しいでしょう。

たとえば、相続の手続きや成年後見人制度などの業務では、クライアントであるお年寄りからの聞き取りや、家族との面談が必要不可欠です。

こうした人とのコミュニケーションをAIに任せるのは困難なため、司法書士は完全にはなくなることはないでしょう。

将来なくなる仕事ランキング|社会保険労務士

社会保険労務士も、AIによってなくなる仕事と言われています。

社労士のおもな仕事は企業での給与計算や社会保険手続きですが、IT化によって自動化できるものが増えてきました

以下は社会保険労務士の業務の中で、AIが得意とする分野です。

  • 給与計算
  • 社会保険の手続き
  • 法令遵守のチェック など

社会保険労務士が行う大部分の仕事は、AI化されると予想されます。

しかし、社会保険労務士は各企業やクライアントに合わせたアドバイスも行っています。

それぞれのクライアントの企業特性に合った労務課題を解決することはAIには難しいため、社会保険労務士も完全にはなくならないと考えられます。

将来なくなる仕事ランキング|税理士

税理士も、AIによってなくなる仕事といわれる職業の1つです。

以下は社会保険労務士の業務の中で、AIが得意とする分野です。

  • 税務書類のデータ入力
  • 帳簿の作成 
  • 税務申告書の自動生成 など

上記以外に、税理士はクライアント企業の特性に合わせて、税務計画を立てたりアドバイスを行っています。

AIは人間的な対応をするのが難しいため、税理士もAIによって完全になくなるのではなく、AIをうまく活用していくことになるでしょう。

将来なくなる仕事ランキング|鉄道運転士

いくつかの路線では自動運転技術が導入されていることから、鉄道運転士の仕事もなくなるといわれています。

しかし、完全に運転士を不要にするまでには時間がかかるという声もあります。

鉄道は多くの乗客が利用するため、安全性が最も重視される乗り物のため、AIだけに頼るのは不安があるからです。

現代の鉄道運転は複雑で、多くの要素を考慮する必要があるため、AIに判断できないことが起こる可能性もあります。

AIによる自動運転がさらに増加していき、安全性が認められたときには、鉄道運転士の仕事が完全になくなる日が来るかもしれません。

将来なくならない仕事|生き残る職業ランキング

監修)江波戸
就職や転職活動をする際に、今後も成長する産業や職種を見分けることが大切です。

将来的になくならない仕事に就職できれば、AIやTI化の波に飲まれる心配はありません。

WEBLANCE
将来的にも残る可能性が高い、職業トップ5について解説します!
  1. 将来なくならない仕事ランキング|カウンセラー
  2. 将来なくならない仕事ランキング|法律などの議論が必要な仕事
  3. 将来なくならない仕事ランキング|医療・福祉関係
  4. 将来なくならない仕事ランキング|クリエイティブな仕事
  5. 将来なくならない仕事ランキング|教育・コンサル関係
  6. 将来なくならない仕事ランキング|政治家・官僚
  7. 将来なくならない仕事ランキング|パイロット
  8. 将来なくならない仕事ランキング|記者・作家・編集者
  9. 将来なくならない仕事ランキング|研究者・開発者
  10. 将来なくならない仕事ランキング|警察・消防・救急隊員・自衛隊
  11. 将来なくならない仕事ランキング|シェフ・パティシエ
  12. 将来なくならない仕事ランキング|介護福祉士・ケアマネ
  13. 将来なくならない仕事ランキング|理容師・美容師
まとめて一覧で見る
職業残る理由
カウンセラー人とのコミュニケーションが重要であり、感情に寄り添う仕事が求められる
法律などの議論新たな発想力と議論が必要であり、数値化できない業務が多い
医療・福祉関係人と密接に関わる仕事で、柔軟な対応やメンタルに合わせた対応が必要
クリエイティブな仕事創造性が必要であり、無から有を作り出す能力が求められる
教育・コンサル関係常に変化する仕事であり、人間関係や社会的倫理の教育が必要
政治家・官僚社会の安定と発展に貢献し、人間の知恵や洞察力が必要
パイロット飛行機の安全性が最も重視されるため、完全自動操縦が難しい
記者・作家・編集者創造性や感情、倫理的判断が求められる部分が大きい
研究者・開発者創造性や専門知識が必要であり、人間の洞察と判断が不可欠
警察・消防・救急隊員社会の安全と秩序を維持し、緊急時に対応する役割が必要
シェフ・パティシエ経験やセンスが問われる料理の盛り付けや味付けなどが求められる
介護福祉士・ケアマネ高齢者とコミュニケーションを取りながら業務を進める必要があり、AIが代替するのが難しい
理容師・美容師お客様に似合う髪型の提案やスタイリングを行うため、人間的な芸術センスと信頼関係が求められる

将来なくならない仕事ランキング|カウンセラー

カウンセラーは将来も残り続ける可能性が高い職業です。

理由は、人とのコミュニケーションが重要な職業だからです。

AIの苦手な分野として、定量化できない仕事があげられます。

数値や情報がデータ化できない仕事は、AIの強みが活きません。

カウンセラーは、患者さんの悩みを聞き出しながら、感情に寄り添う仕事です。

人の感情は、定量化できないためカウンセラーは今後も残り続けるでしょう。

将来なくならない仕事ランキング|法律などの議論が必要な仕事

法律などの議論が必要な仕事も、AIには奪われにくい仕事でしょう。

議論をおこなう仕事は、過去のデータや数値以外にも、新たな発想力が必要です。

AIは、過去の数値などのビックデータを活かした仕事で人間を圧倒します。

そのため、議論が必要な数値化できない仕事は、今後もAIに奪われる可能性は低いでしょう。

将来なくならない仕事ランキング|医療・福祉関係

医療・福祉分野の仕事も、AIに仕事を奪われる可能性は低いです。

なぜなら、看護師などの医療福祉の仕事は、人と密接に関わる仕事のため、コミュニケーションが重要になるからです。

ほかにも、以下の理由から福祉・医療分野は今後も残り続けるでしょう。

  • 状況変化が変化が激しく柔軟な対応が必要
  • 予測不能なことが頻繁に起きる
  • 患者さんのメンタルによって対応を変える必要がある

上記のように、コミュニケーションをおこなうなかで、変化に気づけることが多いです。

AIやIT化で一部の業務が効率化されることはあっても、コミュニケーションの必要な業務がなくなる心配はないでしょう。

将来なくならない仕事ランキング|クリエイティブな仕事

創造性が必要なクリエイティブな仕事も、AIに奪われる可能性は低いでしょう。

クリエイティブな仕事は、無から有を作り出す仕事です。

過去のデータや数値の分析は関係ないため、AIは強みを活かせません。

  • イラストレーター
  • Webデザイナー
  • 動画・映像クリエーター

上記の仕事は、感性が重要になるため、AIでは表現が難しい仕事です。

感性やセンスが必要なクリエイティブな仕事は、今後も残り続けるでしょう。

将来なくならない仕事ランキング|教育・コンサル関係

教育やコンサル関係の仕事は、今後も残り続ける可能性が高い仕事です。

教育関連や経営コンサルなどは、常に変化を続ける仕事です。

教師の場合は、授業を教えるだけではなく、人間関係や社会的な倫理なども教える必要があります。

定型的な業務は少なく、AIでは代替が難しい仕事でしょう。

将来なくならない仕事ランキング|政治家・官僚

政治家は、有権者の意思を国や地方自治体の政策に反映させるための活動をしています。

一方の官僚は、国の予算案や法案の作成などを行っています。

どちらの職業も、社会の安定と発展に貢献し続ける重要な役割を果たしており、将来もなくならないでしょう。

また、人間の知恵や洞察力が必要な仕事のため、AIが担うのは難しいといえます。

将来なくならない仕事ランキング|パイロット

AI技術は進化しており、自動操縦機能や自己修復機能を持つ飛行機が開発されています。

実際に、一部の飛行機ではすでに自動操縦が導入されています。

しかし、飛行機は安全性が最も重視されるため、AIによる完全自動操縦は実現していません

今後飛行機が完全自動化される見通しは立っていないため、これからパイロットを目指す方はAIによって職業がなくなることを心配する必要はないでしょう。

将来なくならない仕事ランキング|記者・作家・編集者

記者や作家、編集者の仕事は、今後も残り続ける可能性が高い仕事です。

これらの仕事は、創造性や感情、倫理的判断といった人間の特性が求められる部分が大きいからです。

現在はAIライティングなどで文章を作成することは可能ですが、読者の気持ちに寄り添った文章やクリエイティブな文章を作成するのは難しいです。

しかし、AIをツールとして利用することで、記者、作家、編集者の仕事が効率化するのは間違いないでしょう。

将来なくならない仕事ランキング|研究者・開発者

研究者や開発者も、将来的になくなる可能性は低いです。

どちらも創造性や専門知識が必要な職業であり、AIに置き換えることは難しいからです。

AIがツールとして研究者や開発者の仕事をサポートし、新しい技術の発展に役立つことはあるでしょう。

しかし、人間の洞察と判断が必要不可欠な仕事のため、研究者や開発者の役割をAIが担うことは難しいと考えられます。

将来なくならない仕事ランキング|警察・消防・救急隊員・自衛隊

警察・消防・救急隊員・自衛隊の仕事も、将来的になくならない仕事です。

これらの職業は社会の安全と秩序を維持し、緊急時に対応する重要な役割を果たしています。

人間が存在する限り、その需要は変わらないと考えられます。

将来においても専門知識と訓練を必要とする職業として存在し続けるでしょう。

将来なくならない仕事ランキング|シェフ・パティシエ

シェフやパティシエの仕事も、将来無くならない仕事のひとつです。

機械化が進んだ現代では、自動調理機器やロボットが一部の調理作業を行うことで業務を効率化しています。

しかし、料理の盛り付けや味付けの微調整など、シェフやパティシエの経験やセンスが問われる仕事も多く、AIが代行するのは難しいでしょう。

今後、シェフやパティシエが働く職場でもAIの活用は進んでいくと考えられますが、職業としてなくなる可能性はないでしょう。

将来なくならない仕事ランキング|介護福祉士・ケアマネ

介護福祉士やケアマネのような介護に関わる仕事も、今後なくならないといわれています。

介護の仕事は、高齢者一人ひとりとコミュニケーションを取りながら業務を進める必要があるため、AIがいくら発展しても取って代わるのは難しいです。

ただ、介護業界にもAI技術は取り入れられており、業務の一部を介護ロボットに担ってもらうなどの取り組みが進められています。

介護ロボットの活用によって介護職員の仕事に余裕が生まれれば、より質の高い介護につなげることもできるでしょう。

将来なくならない仕事ランキング|理容師・美容師

理容師や美容師は、将来的に需要が続く職業と言われています。

その理由は、理容師・美容師はお客様に似合う髪型の提案やスタイリングなどを行うため、人間的な芸術センスが求められるからです。

また、お客様の髪型や外見に関するアドバイスをするためには信頼関係を築くことが大切であるため、AIに取って代わるのは難しいと考えられます。

理容師や美容師は、AIやロボットが行うのは難しい分野なので、将来的になくなることはないでしょう。

仕事がなくなるは嘘?将来AIによって仕事を奪われてしまう根拠や原因

将来AIによって仕事を奪われてしまう根拠や原因

WEBLANCE
なぜ、AIによって多くの仕事が奪われるといえるのか、根拠と原因を明らかにします。
  1. オックスフォードの調査では10年後にAIによってなくなる仕事の割合は49%
  2. 2030年までには既存の業務の27%が自動化されなくなる職業がある
  3. 現在AIやロボットに仕事奪われている実例
  4. 10年前に消滅・減少した仕事から見る10年後になくなる仕事の傾向

オックスフォードの調査では10年後にAIによってなくなる仕事の割合は49%

2015年のオックスフォード大学の研究結果によると、10年後にAIにより奪われる仕事の割合は49%であると発表しています。

50%近くもAIに仕事が奪われる理由は、データ分析や情報収集などの仕事は、AIがおこなうほうが圧倒的に効率がいいからです。

WEBLANCE
企業もAIを導入するほうが、手動でおこなうよりも生産性が高まり、人件費の削減にもなるため、AIの導入は今後も進むでしょう。

2030年までには既存の業務の27%が自動化されなくなる職業がある

マッキンゼーの「未来の働き方」によると、2030年までに、既存の業務の27%は自動化されるといわれています。

自動化により、1660万人の雇用が奪われるといわれています。

しかし、現在は日本の労働人口も大きなスピードで減少中です。

人口減少が著しい日本で、生産性の低下を補うためには、一人当たりの生産性を2.5倍まで増やす必要があるといわれています。

WEBLANCE
日本におけるAI導入は、減少する労働力を補完する役割もになっていることを、理解しておきましょう。

現在AIやロボットに仕事奪われている実例

10年後に本格化するAI導入ですが、現在でもAIやロボットに仕事を代替えされている事例を紹介します。

  • 家事支援ロボット
  • 介護ロボット
  • 建築ロボット
  • 運搬ロボット
  • 清掃ロボット
  • 警備ロボット

上記の仕事で、現在でもロボット導入が進んでいます。

警備ロボットは「ビル警備ロボット」や「空港不審者チェックロボット」が活躍中です。

家事ロボットは、掃除機ロボット以外にも「洗濯たたみロボット」や自立して家事の支援をおこなう「知能派ロボット」の開発が進んでいます。

WEBLANCE
さらに、建築や介護の分野のロボット開発が進んでおり、広い分野で人の代わりや補助をおこなうロボットが浸透していくでしょう。

10年前に消滅・減少した仕事から見る10年後になくなる仕事の傾向

10年前に消滅した仕事から、今後なくなる仕事の傾向を考えてみましょう。

  • ワードプロセッサ操作員
  • タイピスト
  • 預貯金集金人
  • 保険料集金人

「ワードプロセッサ操作員」や「タイピスト」は、ワープロを使って事務の入力をしていたときに重宝された仕事です。

しかし、次第に誰でもワープロが扱えるように一般化されたことで、需要がなくなりました。

そして「預貯金集金人」や「保険料集金人」は、日中に不在の家庭の増加や、コンビニエンスストにATMの増加など、金融のインフラの変化によって、仕事を失いました。

WEBLANCE
上記の傾向からいえるのは、テクノロジーの進化により「専門的な技術が一般化する仕事」や「インフラや環境の変化を大きく受ける仕事」が、10年後になくなる可能性です。

今後AIに奪われる・なくなる仕事、職業の3つの特徴

今後AIに奪われる・なくなる仕事、職業の3つの特徴

WEBLANCE
将来もAIに奪われない仕事に就職するためには、見極める目が必要です。

そこで、将来性のある仕事を見極めるために、AIに奪われる仕事の3つの共通点について解説します。

  1. システムを自動化や簡略化できる仕事
  2. データ・数字を中心に扱う仕事
  3. 機械化やルーティン化している仕事

システムを自動化や簡略化できる仕事

システムを自動化や簡略化できる仕事は、AIに奪われる可能性が高い仕事です。

仕事の仕組みがコンピューターですべて完結できる仕事は、AIを導入するほうが生産性が上がります。

  • 受付係
  • レジ打ち
  • 警備などの監視業務

上記は、仕事の内容を仕組み化しやすく、コンピュータ上で完結できます。

WEBLANCE
仕事のシステムが仕組み化されている仕事は、将来性を疑うべきでしょう。

データ・数字を中心に扱う仕事

データや数字を中心に扱う仕事は、将来AIに奪われる可能性が高い仕事です。

なぜなら、数字の計算やデータ収集はAIがもっとも得意としている分野だからです。

データの収集方法も、10年前よりも進化しており、情報収集の精度も上がっています。

  • 画像認識
  • 音声解析
  • ビックデータによる機械学習

情報や知識を扱う仕事も、AIのビックデータには太刀打ちできません。

WEBLANCE
スポーツの審判員や医師の一部の業務なども、AIに代替えされる可能性があるでしょう。

機械化やルーティン化している仕事

機械やルーティン化されている仕事も、AIに奪われる仕事の特徴です。

AIは、決められたルールを正確にスピーディーにおこなうのを得意としています。

人間のような、細かなミスもAIであれば、最小限に防げます。

  • 事務職
  • 清掃スタッフ
  • コールセンター

上記の仕事は、マニュアル化されていることが多く、AIでも学習可能です。

WEBLANCE
毎日の仕事が固定化されている仕事も、AIに奪われる可能性が高い仕事でしょう。

10年~20年後もAIによってなくならない残る仕事・職業で働くための3つの対策

10年~20年後もAIによってなくならない残る仕事・職業で働くための3つの対策

WEBLANCE
10年後もなくならない仕事で働くためには、自分自身で勉強やスキルを磨くことが重要です。

そこで、10年〜20年後も働き続ける仕事に就くために必要な、以下の3つの対策を紹介します。

  1. aiに取られない仕事の資格を取得する
  2. コミュニケーションスキルや対人スキルを身に付ける
  3. 将来性の高いスキルや業界に対する勉強をしておく

aiに取られない仕事の資格を取得する

将来性の高い仕事で働くためには、AIに奪われにくい資格を取得するのが重要です。

以下の資格は、将来的にもAIに奪われにくい資格です。

  • 看護師
  • 中小企業診断士
  • 保育士
  • 介護福祉士
  • 社会福祉士
  • 情報処理技術者試験

上記の資格は、今後もAIに代用されにくい資格です。

WEBLANCE
資格取得の時間を無駄にしないためにも、将来も需要が減らない資格を取得しましょう。

コミュニケーションスキルや対人スキルを身に付ける

コミュニケーションスキルは、AIにはマネのできない能力です。

人間ならではの、感情は深くかかわる能力のため、AIの情報処理やビックデータの能力が活かせません。

そのため、コミュニケーションが重要な仕事は、AIの代替が不可能なためこれからも需要は保たれるでしょう。

WEBLANCE
AI時代には、人に指示したり、グループを指示したりする、高いコミュニケーションスキルが必要になるでしょう。

将来性の高いスキルや業界に対する勉強をしておく

将来性の高いスキルや、業界を常に勉強しておくことも重要です。

現在はテクノロジーの発達も早くなっているため、常に時代は大きく変わります。

そのため、最新の情報やテクノロジ―などを、勉強し続けることが大切です。

WEBLANCE
現在であれば、プログラミングスクールに通い、プログラミングを学ぶなどが必要でしょう。

まとめ|将来なくなる仕事は多いため今のうちから対策をしておこう!

この記事では、将来なくなる可能性が高い仕事について詳しく解説しました。

10年後には50%近い仕事がAIに奪われるといわれていますが、今から対策をおこなえば将来も必要とされる人材になれるでしょう。

この記事のまとめです。

上記の手順で進めれば、未来も生き残る人材になれるでしょう。

20代・第二新卒のあなたにおすすめ!!
マイナビエージェントは、「無料で使える」+「忙しくても求人を紹介」+「履歴書や職務経歴書のサポート」+「年収交渉を代行」+「入社日の調整」をしてくれるので登録するだけでもしておく価値がある転職エージェントです。

マイナビエージェントマイナビエージェントを利用して転職することで年収がアップした方がなんと「61.1%」もいるとのこと!(※1)
少しでも直近で転職してみようかなと悩んでいる方は先に登録しておきましょう!
(※)マイナビのプロモーションを含みます
(※2)※2021年10月1日~2022年9月30日の間に転職が決まった方で転職前の年収額を上回った割合