フリーランスに向いている人の特徴11選と向いてない人の性格

監修者

WEBBOX合同会社

CEO

江波戸純希

江波戸純希は日本で海外就職の転職支援をサポート実績のある人物で、外国語大学の神田外語大学の出身。フリーランス経験をもとにフリーランスマッチングサイト「WEBLANCE(ウェブランス)」も開発。WEBBOX合同会社の代表・CEOでもあるが、フリーランスとしても活躍中。大手メディア「mybest」などで記事の監修も担当。厳選な審査の上、プロの専門家が掲載される「マイベストプロ」にも紹介。また、フリーランスと企業のマッチング支援も行っているため、職業紹介責任者講習の資格も保持している。その資格証拠はこちら

どのような人がフリーランスとして成功するのか?

自分自身がフリーランスとして適性を持っているのか、確かめたい

これらの疑問を持つ方も少なくないでしょう。

このため、ここではフリーランスに適している人物像や適していない人物像、フリーランスに踏み出す際に知っておいた方が良い情報などを、詳しく解説していきます。

監修者

あなたがフリーランスとして適性を持っているかどうかを判断し、今後のキャリアパスの方向性を決定するための情報を提供していきますので、ぜひ参考にしてください。

フリーランスに向いている人の性格や特徴

フリーランスに適している人の性格や特徴は何ですか?どのような性格がお勧めですか?

フリーランスに適している方の特徴として、11個の重要なポイントが挙げられます。

  1. 高いセルフマネジメントスキルを持っている人
  2. 継続的に学ぶ意欲のある人
  3. コミュニケーション能力が優れている人
  4. 仕事とプライベートの切り替えができる人
  5. スケジュール管理能力のある人
  6. 金銭管理が得意な人
  7. 変化への柔軟な対応力がある人
  8. 主体性と積極性に溢れる人
  9. 在宅勤務に適した環境や心構えがある人
  10. 適切な報告・連絡・相談ができる人
  11. メンタルの強さを持っている人

以下にわかりやすく表でまとめました。

フリーランスに必要な要素なぜ重要か
高いセルフマネジメントスキル自分自身が自分の上司となり、仕事の進行と締め切りの管理が必要
継続的に学ぶ意欲常に新しい技術やツールが出てくるIT業界で、知識を更新し続ける必要がある
優れたコミュニケーション能力クライアントやチームメンバーと効果的にコミュニケートし、プロジェクトの問題解決に必要
仕事とプライベートの切り替え能力フリーランスでは仕事とプライベートの境界が曖昧になるため、休息時間の確保とストレス管理が必要
スケジュール管理能力自分自身で仕事の進行や納品状況の管理が必要
金銭管理能力確定申告や経費の管理、領収書の保管、帳簿の管理が必要
変化への柔軟な対応力絶えずスキルの向上や新しい知識の習得が必要
主体性と積極性自分で仕事を探し出し、クライアントと直接交渉し契約を結ぶ必要がある
在宅勤務に適した環境や心構えフリーランスは多くが在宅勤務で、自宅での仕事に適応する心構えや環境が必要
適切な報告・連絡・相談能力クライアントとオンラインでのやり取りが主で、適切な連絡や報告が必要
メンタルの強さ収入の不安定性から来る精神的な不安やストレスを上手くコントロールできる必要がある

高いセルフマネジメントスキルを持っている人

フリーランスは、自分自身が働くための上司として機能する必要があります。このため、自己管理能力は、非常に重要な要素となります。

効果的にタスクを管理し、締め切りを守ることができる人は、フリーランスとして成功する可能性が高いです。

継続的に学ぶ意欲のある人

技術革新の速いIT業界では、常に新しい技術やツールが登場しています。

フリーランスとして活躍するためには、継続的に学んで、自分自身を常にアップデートすることが重要です。

継続的に学び続ける意欲のある人は、最新の知識を効果的に習得し、顧客から信頼されるエキスパートとしての地位を築くことができるでしょう。

コミュニケーション能力が優れている人

フリーランスの仕事では、クライアントやチームメンバーとのコミュニケーションが大変重要です。

コミュニケーション能力に優れた人は、要求や意見を正確に伝達し、クライアントのニーズを理解することできます

プロジェクトで問題が発生した際も、適切なコミュニケーションを通じて解決策を見つけ出すことが重要です。

仕事とプライベートの切り替えができる人

フリーランスの働き方は、自由な時間管理が可能ですが、プライベートとの境界が曖昧になることもあります。

いつでもどこでも働くことができるのは魅力的ですが、平日や週末の区別がなくなるため、休日がないまま働いてしまう人も多いです。

そのため、仕事とプライベートの切り替えがうまくできる人は、適切に休息をとることができ、健康を維持しながらフリーランスとして活躍できます。

スケジュール管理能力のある人

フリーランスの仕事では、チャットワークなどのチャットツールを使用した仕事のやり取りが一般的です。

顔を合わせずにやり取りを行うため、自分が抱えている仕事の進捗や納品状況は、自分自身で管理する必要があります。

そのため、スケジュール管理能力のある人は、自分の仕事を適切に管理できるため、フリーランスに適していると言えるでしょう。

金銭管理が得意な人

フリーランスの場合、確定申告も自分自身で行わなければならないため、経費の管理や領収書の保管、帳簿の管理も行う必要があります。

どのような内容にどれだけの費用を使ったかを細かく管理できる人は、フリーランスに向いていると言えるでしょう。

変化への柔軟な対応力がある人

フリーランスとして活躍するには、絶えずスキルの向上や新しい知識の習得が求められるため、自ら進んで学びを続け、情報収集に励む姿勢が重要です。

変化を恐れず、自分の知識や技能を成長させていく力のある方は、フリーランスとして適任だと言えます。

主体性と積極性に溢れる人

フリーランスは、自分だけで仕事を探し出しクライアントと直接交渉して契約を結ぶことが必要です。

そのため、自己アピールや求人広告への応募など、積極的に行動し続けることが成果に繋がります。

意欲的にチャンスを掴み取れる方は、フリーランスとしての成功を手にしやすいと言えるでしょう。

在宅勤務に適した環境や心構えがある人

フリーランスの多くは在宅勤務を選択しており、自宅での仕事に適応できる心の余裕や環境が整っていることが望ましいです。

自宅での作業に対してストレスが少なく、長期間働くことに抵抗がない方は、フリーランスに適した性格だと言えます。

適切な報告・連絡・相談ができる人

フリーランスとして活動する上で、社会人としての基本である「報連相」は不可欠です。

クライアントとはオンラインでのやり取りが主となるため、状況を把握しながら、適切なタイミングで連絡を取る能力が必要です。

円滑なコミュニケーションができる人ほど、クライアントからの信頼を得やすいため、フリーランスに向いていると言えます。

メンタルの強さを持っている人

フリーランスでは収入が不安定であるため、精神的な不安やストレスを上手くコントロールできることが重要です。

感情の波に飲まれず、落ち着いて物事に取り組める方は、フリーランスとして活躍できる可能性が高いでしょう。

フリーランスに向いてない人の特徴も把握しよう!

フリーランスに適していない人の特徴は?注意すべきポイントを把握しよう!

フリーランスに適していない人の特徴は、次の5つにまとめられます。

  1. コミュニケーションスキルに自信がない人
  2. 交渉力に乏しい人
  3. 自己管理が苦手な人
  4. 責任感に欠ける人々
  5. 事務処理が苦手な人々

コミュニケーションスキルに自信がない人

フリーランスとして働くことは、一見、人間関係のストレスや面倒な対人コミュニケーションを避けることができるように見えます。

そのため、人と接するのが苦手な方にとって、魅力的に感じる点が多々あるでしょう。

ただし、フリーランスとして成功するためには、実はコミュニケーションが重要であることを理解しておくことが求められます。

顔を直接合わせることなく、主に連絡ツールでやりとりをするため、コミュニケーションスキルが乏しい人にとっては、フリーランスが困難だと感じるかもしれません。

交渉力に乏しい人

フリーランスは、仕事の依頼や報酬の受け取りを自分自身で行わなければなりません。

このため、報酬が納得のいく額でない場合や、条件に不備がある場合は、自分で交渉を行う必要があります

交渉は、快適な働き方や安定した生活を送る上で不可欠なスキルです。

だからこそ、交渉に対して恐れず、自信を持って行動できるようになることが大切です。

自己管理が苦手な人

フリーランスは、仕事の進行管理や納期の管理、そしてお金の管理だけでなく、自分自身の健康管理も大変重要になります。

もし体調を崩すと、給与や手当が支払われるわけではありません。

そのため、フリーランスとして働くためには、自己管理を徹底的に行い、常に最適な状態でいることが求められます

フリーランスには多くの魅力がある一方で、コミュニケーション力、交渉力、自己管理能力など、さまざまなスキルが必要です。

自分に合った働き方を見つけ、スキルアップを目指していきましょう。

責任感に欠ける人々

フリーランスの仕事は、直接顔を合わせずに仕事のやり取りを行うことがしばしばあるため、どこか曖昧な部分が存在します

ただし、クライアントはフリーランスに仕事を託しているわけですから、きちんとした仕事をしなければなりません。

そのため、最後まで責任感を持って仕事を完遂できる人がフリーランスに向いています

事務処理が苦手な人々

フリーランスとして働く者は、確定申告を自分一人で行わなければならないため、経費管理や帳簿管理などの事務処理スキルが必須です

事務的作業はフリーランス生活の一部であり、苦手意識がある人には困難を伴うかもしれません。

近年では事務作業を助けるアプリケーションも登場しているので、利用可能なサービスを活用しましょう

会社員に適している人とフリーランスに適している人の違い

会社員に適している人とフリーランスに適している人の違いは何か?

会社員に向いている人と、フリーランスに向いている人の間には明確な違いが存在します。

例えば、安定した収入が得られる会社員に適している人の特徴は以下の通りです。

  1. 安定志向を持っている人
  2. 現在の仕事に満足している人
  3. ルーティンワークに抵抗感を持たない人

フリーランスは働く自由がありますが、収入が不安定だと感じても、自分の意志で仕事を選択し続けたい人に向いています

一方で、収入の安定性を重視し、自由度が高くなくても問題ないと考える人には、会社員として働く方が適しています。

フリーランスの5つの魅力

フリーランスの魅力は何ですか?

フリーランスには以下の5つのメリットが挙げられます。

  1. 好きなように働くことが可能
  2. 収入の増加が期待できる
  3. 節税対策の実施が可能
  4. 人間関係のストレスからの解放
  5. 多様な仕事に触れられる

◾️フリーランスとして働くことのメリット

メリット詳細説明
好きなように働ける自分で仕事量や目標収入を設定でき、柔軟な勤務時間が可能。ルーチンワークを避けたい人に適している。
収入の増加が期待できる専門職では報酬が高く、フリーランスになることで収入が大幅に増加する可能性がある。
節税対策が可能青色申告やふるさと納税などの節税対策を活用でき、会社員よりも手取り額を増やすことが可能。
人間関係のストレスからの解放1人で全てを完結させるため、上司やチーム内のストレスが少なく、ストレスフリーな働き方が可能。
多様な仕事に触れられる複数の契約を通じて幅広い分野の仕事に触れることができ、スキルアップに役立つ。様々な経験を積むことができる。

フリーランスとして働くことは、柔軟な働き方、収入の増加、節税の機会、人間関係のストレス軽減、そして多様な仕事経験という多くのメリットを持っています。これらの点は、フリーランスとしてのキャリアを考える際の重要な要素となります。特に専門職における収入の増加や、多様な仕事によるスキルアップは、フリーランスの魅力の一つです。

好きなように働くことが可能

自分がこなす仕事の量や目標とする収入は、自分で決めることができるため、自分のペースに合わせて働くことができるという利点があります。

固定の勤務時間がないため、ルーチン性を嫌う人にとって、柔軟な時間で働けるフリーランスの働き方は大変魅力的だといえるでしょう。

収入の増加が期待できる

特にエンジニアのような専門職では、フリーランスが手がける仕事の報酬が高いため、フリーランスとして働き始めてから1年程度で年収が倍増する方が少なくありません。

従って、会社員として固定給で働くよりも、フリーランスとして働くことで収入が上がる可能性が高いとされています

節税対策の実施が可能

ふるさと納税やiDeCoなどだけでなく、フリーランスは青色申告を活用することで60万円の所得控除が受けられるため、節税対策を行うことができます

会社員に比べて節税対策が多く存在し、手取り額が増加するところがフリーランスのメリットです。

人間関係のストレスからの解放

フリーランスの働き方は基本的に1人で全てを完結させるスタイルであるため、会社員のように複数のチームに分かれることはほとんどありません。

また、上司もいないためプレッシャーやストレスを感じることなく、よりストレスフリーな環境で働くことができるでしょう。

多様な仕事に触れられる

フリーランスは、複数の契約を獲得して仕事をこなすことが一般的な働き方です。

そのため、特定のジャンルに限定されることなく、幅広い分野の仕事に触れることができます

スキルアップには様々な経験や知識が必要であり、多くの仕事に触れることはフリーランスにとって非常に大きなメリットといえるでしょう。

フリーランスの5つのデメリット

フリーランスの欠点は?

一方で、フリーランスには以下の5つのデメリットも存在しています。

  1. 収入が安定しない
  2. 確定申告の手間
  3. 各種保険や手当がない
  4. 福利厚生がない
  5. 孤独感の増大
◾️フリーランスのデメリット一覧

デメリット詳細説明
収入の不安定性仕事の量や報酬が不定期であるため、安定した収入を得ることが難しい。複数の契約を管理する必要がある。
確定申告の手間自営業者として確定申告が必要で、書類作成や帳簿管理などの事務作業が増える。
各種保険や手当の不在病気や怪我の際の補償がなく、家族を支える立場の人には特にリスクがある。
福利厚生の欠如有給休暇や福利厚生がなく、休むと収入がなくなるため、自由度と引き換えに安定性が失われる。
孤独感の増大一人で仕事を行うため、人との交流が減り孤独感を感じることがある。特に社会的なつながりを重視する人にとってはデメリット。

フリーランスとしての働き方は、収入の不安定性や確定申告の手間、各種保険や福利厚生の不在、そして孤独感の増大といったデメリットを含んでいます。これらの点は、フリーランスとして働く際に考慮する必要があります。特に経済的な安定性や社会的なつながりを重視する人にとっては、フリーランスの働き方が合わない可能性もあります。フリーランスとして成功するためには、これらのデメリットを克服し、自己管理能力を高めることが重要です。

収入が安定しない

フリーランスとして働く場合、契約ごとに仕事の量や報酬が異なるため、一定の収入を得ることが難しくなります。

契約が少ないときは仕事が不足し、生活費の捻出が困難になることもあるでしょう。

安定した収入を確保するためには、複数の契約を持ち、仕事を同時進行で行うことが必要です。

確定申告の手間

フリーランスには自営業者として確定申告を行う必要があります。

これには、書類作成や帳簿管理などが伴うため面倒です。

一方で、会社員は会社が確定申告を行ってくれるため、これらの手続きが不要となります。

そのため、事務作業が苦手な方にとって、フリーランスは確定申告が面倒に感じられることもあるでしょう。

各種保険や手当がない

フリーランスでは、病気や怪我で働けなくなった場合、補償金が支給されないため、いつも体調を気にかける必要があります

特に家族を支える立場の方にとっては、もし働けなくなった場合、家族を養うことができなくなってしまう恐れもあるため注意が必要です。

福利厚生がない

フリーランスは有給休暇がないため、休むと収入がゼロになります

働きたいときに働ける自由がある反面、稼ぎたいときはその分努力しなければならず、福利厚生の欠如はデメリットと言えます。

孤独感の増大

フリーランスは基本的に一人で仕事を行うため、人との交流が減ります。

独りで働くことに抵抗がない方にとっては問題ないですが、孤独を感じやすい人にとっては苦痛になる可能性が高いです。

フリーランス適性が判断できない場合の対処法

フリーランス適性が判断できない場合の対処法

フリーランスに興味があるものの、自分に適しているか判断できない場合は、以下の2つの方法を試してみましょう。

  1. フリーランス適性診断の試み
  2. 自分に適した職業を探すためのビジネス診断を試す

フリーランス適性診断の試み

フリーランスの世界で自分がうまくやっていけるかどうかを判断する方法として、「フリーランス適性診断」があります。

多くの適性診断がありますが、必ずしも適性診断の結果が絶対ではありません。

あくまで参考の一つとして、診断を試してみる程度に考えておくべきです。

いくつか試してみて、自分には適性があるのかどうかを確かめてみるのもよいでしょう。

自分に適した職業を探すためのビジネス診断を試す

ビジネスYoutuberのやまもとりゅうけん氏が提供している「フリーランスビジネス適性診断」は、自分に適した職業を探したい人におすすめです。

自分に合ったフリーランスの職業を見つけたい方は、一度試してみるとよいでしょう。

しかし、フリーランスになるためには適性診断だけでなく、自分自身のスキルや経験、興味をもとに、どのようなフリーランスの道を歩むかをじっくり考えることが大切です。

適性診断を活用して、自分に向いているフリーランスの仕事を見つけ、充実したフリーランスライフを送りましょう。

フリーランスでの仕事における職業の多様性

フリーランスでの仕事における職業の多様性

フリーランスの仕事で選ぶことができる主要な5つの職業について説明します。

  1. 動画編集のプロフェッショナル
  2. フリーランスエンジニア
  3. 翻訳家・通訳者
  4. フリーランスライター
  5. デザイナー
◾️フリーランスとして独立するために適した職種とその特徴

職種特徴
動画編集のプロフェッショナルYouTubeやTikTokなどのプラットフォームでの動画編集に高い技術が求められる。独立してフリーランスとして働くことが可能。
フリーランスエンジニアプログラミングスキルを活かし、実務経験を持つ人が独立しやすい。報酬が高く収入増が見込める。
翻訳家・通訳者複数言語に堪能な人が適しており、書籍やウェブサイトの翻訳、通訳などの幅広い案件がある。
フリーランスライター特別なスキルが不要で、多くの人がすぐに活動可能。経験を積んで単価を上げることで、収入を増やせる。
デザイナーイラストレーターやウェブデザイナーなど、デザインスキルが必要。SNSの普及により需要が高まっている。

動画編集のプロフェッショナル

動画編集の専門家とは、YouTubeクリエイターや結婚式などの特別なイベントで上映されるウェディングムービーといった様々な動画を美しく、魅力的に編集する仕事をする人です。

近年はYouTubeやTikTokなどの動画配信プラットフォームが人気を集め、動画編集技術がますます重要になっています。

高度な技術を持つ動画編集者は、自分のスキルを活かしてフリーランスとして独立して働くことも可能です。

フリーランスエンジニア

エンジニアの経験がある人は、フリーランスエンジニアとして独立することができます

プログラミングスキルは独立には欠かせませんが、実務経験を持つ人であればすぐに独立できるでしょう。

フリーランスエンジニアは一般的に報酬が高いため、現在の仕事よりも収入を増やすことができるかもしれません。

翻訳家・通訳者

複数言語に堪能な人は、翻訳や通訳の仕事でフリーランスになることができます

言語のスキルはどの分野でも非常に重要視されるため、フリーランスとして独立しやすいです。

英語以外にも中国語やその他の言語に関する需要も高いですし、書籍やウェブサイトの翻訳など、多岐にわたる仕事があります

独立を目指す人は、さまざまな案件をリサーチしてみましょう。

フリーランスライター

ライターは、フリーランスとして独立するのに最適な職種の1つです。

特別なスキルや経験が必要ないため、多くの人がすぐにライターとして活躍できるでしょう。

ただし、初心者は文章単価が低い場合が多いため、最初は収入を得るのが難しいかもしれません。

しかし、経験を積み、単価を上げることができれば、月20万円以上も稼ぐことが可能になります

デザイナー

デザイナーは、イラストレーターやウェブデザイナーなど、デザインスキルを持つ人に適しています

ウェブデザイナーの場合、コーディングスキルも必要とされるため、独立するまでに学ぶべきことは多いです。

しかし、SNSの普及に伴い、アイコンやイラスト、ウェブサイトのデザインなどの需要は高まっており、収入を得やすい職種と言えるでしょう。

フリーランスの案件探しにおすすめのサービス

無料で利用できる案件探しのプラットフォームは他にも多数存在します。

サービス名サービス概要
レバテックフリーランス

主にIT分野のフリーランスエンジニア向けの仕事が多いプラットフォーム。仕事の種類は、システム開発、ウェブ開発、ネットワーク構築などがあります。エージェントがフリーランスと企業のマッチングをサポートします。
クラウドワークスさまざまな業種・業界の仕事があり、どなたでも利用できるクラウドソーシングサービス。ライティング、デザイン、プログラミング、翻訳など幅広いジャンルの仕事が掲載されています。
クラウドテックIT系のプロジェクトが中心のクラウドソーシングサービス。一対一のマッチングを主とし、エンジニアのスキルアップをサポートする機能も特徴的です。
Anycrew仕事の仲間のつながりを参考にして、仕事の依頼先を選ぶためのフリーランスと副業のマッチングサービスです。最近、仕事の相談や契約のやりとりを行うためのチャット機能が導入されました。このチャット機能は無制限に無料で利用できるため、仕事を依頼する企業は、追加費用なしに何度でもスカウトメッセージを送ることができます。
ランサーズ日本最大級のクラウドソーシングサービスで、幅広いジャンルの仕事が掲載されています。また、仕事に応募するだけでなく、自分自身が仕事を依頼することも可能です。

レバテックフリーランス:フリーランスエンジニア向け

レバテックフリーランス

・報酬単価が高い
・これからフリーランスを目指す人でもOK
・職務経歴書などの事前準備は不要

レバテックフリーランス」は、5,000社以上の企業から直接案件を保有しており、そのため大手企業の案件があることから、報酬単価が高い案件を多数揃えています。

また報酬単価が高い理由の一つに、仲介業者を一切介さないため、より高単価の案件を直接、あなたに提供できています。

これにより、あなたの専門スキルが真に評価され、報酬に反映されるのです。

レバテックフリーランスでは専任の担当者が案件の紹介から面談の日程調整、単価交渉、参画中のサポートまで全面的に行います。

実際に、利用者の満足度は92.6%と高い評価を得ているのも事実です。

公式サイトを見る

フリーランスに向いている人に関するよくある質問

フリーランスに適した人物像に関するよくある質問

フリーランスを志す人が持つ、以下の2つの質問について解説します。

  1. フリーランスを早々にやめてしまう人たちの主な理由は何か?
  2. フリーランスから再び会社員に戻ることは可能か?

フリーランスを早々にやめてしまう人たちの主な理由は何か?

厚生労働省や経済産業省が作成している中小企業白書を調べてみると、新たに開業した者の約3割が1年以内に廃業しているとのデータがあります。

これらの廃業の理由のひとつに、収入が税金の支払いに足りなくなるというケースが挙げられます。

フリーランスの場合、社会保険や年金などの各種手続きや費用を独力で処理しなければならず、収入に対して税金が大きくなる危険性があります。

そのため、節税対策や適切な資金計画を行うことで、廃業リスクを回避できるよう事前準備を整えることが重要です。

フリーランスから再び会社員に戻ることは可能か?

フリーランスとして活動していた後、会社員に復帰することは十分可能です。

ただし、短期間でフリーランスを断念してすぐに会社員に戻ろうとすることはリスクもあるため、慎重な判断が求められます

フリーランス時代の経験を履歴書に書き、再就職の理由をポジティブに説明することで、会社員への復帰が円滑に進むでしょう。

まとめ|フリーランスは向いていない人もいるがその活躍の場は自分次第で広がる!

フリーランスは誰もがすぐに取り組める働き方です。

自由度が高く、自分のペースで仕事ができる点が魅力的ですが、その自由さが自分にとってマイナスになると感じる人もいます

さらには、インターネット上で「フリーランスは退屈」といった否定的な意見が目に入ることもあり、不安に思う人もいるでしょう。

しかし、フリーランスとしての活躍は自分次第で楽しく働くことができます

会社員に戻ることも可能ですし、副業として始めてみるのも一つの方法です。

その選択が不安を取り除く手段になり得ます。

どのように働きたいか、自分自身に問いかけしながら独立を目指してみてください。