個人で稼ぐ力を身につけるには?稼げる仕事・ビジネス7選

監修者

WEBBOX合同会社

CEO

江波戸純希

江波戸純希は日本で海外就職の転職支援をサポート実績のある人物で、外国語大学の神田外語大学の出身。フリーランス経験をもとにフリーランスマッチングサイト「WEBLANCE(ウェブランス)」も開発。WEBBOX合同会社の代表・CEOでもあるが、フリーランスとしても活躍中。大手メディア「mybest」などで記事の監修も担当。厳選な審査の上、プロの専門家が掲載される「マイベストプロ」にも紹介。また、フリーランスと企業のマッチング支援も行っているため、職業紹介責任者講習の資格も保持している。その資格証拠はこちら

「個人で稼ぐ方法は、具体的にどんなものがあるの?」

「個人で稼げる仕事・ビジネスの詳細について知りたい」

このような疑問を抱えていませんか?

この記事では個人で稼ぐ方法についてご紹介します。

最後まで読むことで個人で稼げる仕事・ビジネスや、稼ぐために役立つスキルについて学べるでしょう。

また、本気でお金を稼ぐためにやるべきことも解説しているので、参考にしてみてください。


LINE友達追加キャンペーン

個人で稼ぐ方法とは?

個人で稼ぐ方法は、千差万別です。

例えば、下表のように専門技術の提供やコンサル・コーチング、オンラインサロンの開設などがあります。

稼ぐ手段具体例
専門スキルの提供プログラミング・アプリ開発・システム開発・グラフィックデザイン・Webデザイン・ロゴ作成・コンテンツライティング・コピーライティング・技術文書作成・動画クリエイターなど
コンサルティング・コーチングビジネスコンサル・外国語講師・プログラミング講師・家庭教師など
オンラインサロンの開設IT開発者向けのコミュニティ・英会話サロン・料理教室・音楽教室など
アフィリエイトマーケティングブログアフィリエイト・SNSアフィリエイト・楽天アフィリエイト・Amazonアソシエイト・NFTアフィリエイトなど
オンラインショップの開設ECサイトの運営・オークション・せどりなど
投資・トレード株式投資・FX・不動産投資・商品先物取引など
情報コンテンツの販売自身のオリジナル商材の販売など

フリーランス・個人事業主として得意分野のスキルを提供し、クライアントと直接契約できるとまとまった収入を稼げるでしょう。

はじめて自分のビジネスに取り組む場合は、副業などのスモールビジネスからスタートしてください。

特に投資・トレードは多額の資金(資産)が必要になるため、リスクヘッジに注意が必要です。

ある程度貯金をして、10万円程度の少額から始めると損失が少なくてすみます。

くれぐれもカードローンで多額のお金を借り入れして、取引先の証券会社につぎこむギャンブル投資はしないでください。

投資に失敗すると多額の借入金だけが残り、返済に困ります。

※負債が多いと将来的にローンの審査に通過しにくくなるため注意

個人で稼ぐ力が必要な理由

個人で稼ぐ力が必要な理由

個人で稼ぐ力が必要な理由は以下の4つです。

  1. 1本の収入に依存するのはリスクが高いから
  2. 仕事の幅が広がり収入アップが期待できるから
  3. インターネットを使ったビジネスが主流になってきているから
  4. 年齢・性別を問われることなく働けるから

1本の収入に依存するのはリスクが高いから

1本の収入に依存する働き方は、契約先の倒産やリストラなどで収入が途切れる危険性があり、おすすめできません

例えば、会社員として1ヶ所の会社で働くスタイルです。

長引く不況の影響により、近年は終身雇用などの社会的補償が消えつつあります。

東京商工リサーチの「全国企業倒産状況」では、2023年上半期の全国企業倒産件数は4,042件(前年度より32%増)と発表しています。

上記の統計からもわかるように、これからの時代はできるだけ収入源を増やし、経済的なダメージから身を守るのが賢明でしょう。

仕事の幅が広がり収入アップが期待できるから

自分の得意分野を中心にスキルアップすることで、仕事の幅が広がり比較的短期間で収入アップができるようになります。

スキルアップする専門分野は、本業または過去に経験した職業に近いジャンルを選ぶとよいでしょう。

経験済みの職業に関連した専門分野は、過去に培った記憶・情報を活用できることが多く、内容の理解やスキルの習得がしやすいのです。

例えば、本業がDTPデザイナーの場合、近い立ち位置であるWebデザイン・動画編集・ライティングなどがおすすめです。

また、過去の経験・スキルを活かして新しい分野の勉強をしていくと、挫折もしにくくなり自己肯定感もあがるでしょう。

インターネットを使ったビジネスが主流になってきているから

インターネットを通したビジネスは、時代を追うごとに加速しています。

今の時代は、インターネットなくしては仕事・生活が成り立たないといっても過言ではないでしょう。

なぜなら調べ物や人との交流など、些細な行動でもすぐにインターネットが使われているからです。

例えば、オンラインショッピング・SNS・オンライン学習などは、すべてインターネットでやり取りされます。

また、近年は職場内の会議でもZOOMやGoogle meetなどが使用され、対面での話し合う機会が少なくなってきました。

このような生活環境の変化に合わせた最新鋭のビジネスモデルのみが、今後は生存できると予測されます。

年齢・性別を問われることなく働けるから

組織に雇われない個人経営の場合、年齢や性別など外見的なステータスに影響されにくい利点があります。

基本的に個人経営の場合は、スキル・実績・クライアントとの信頼関係が売上を左右するためです。

例えばシニア層でも、長年の経験や知識を活かしてコンサルティングや講師として高収入を稼ぐ人がいます。

スキル・人生経験・人との関わり方が問われる専門職の場合は、若年層より中・高年
のほうが信頼性が高いと判断されやすいでしょう。

※専門職は、士業・ビジネスコンサルタント・社会保険福祉士など高難度の職業が該当

個人で稼げる仕事・ビジネス7選

個人で稼げる仕事・ビジネスは以下の7つです。

  1. Webライター・セールスライター
  2. マーケター
  3. 動画クリエイター
  4. エンジニア
  5. Webデザイナー
  6. 外国語講師・翻訳家
  7. オンライン講師

Webライター・セールスライター

Webライター・セールスライターは、オンラインコンテンツの制作に携わる仕事です。

Webライターは、読者に役立つ情報をわかりやすく伝える記事を執筆します。

一方、セールスライターは、商品やサービスの魅力を伝え、読者に購入を促す文章を書くのが役目です。

どちらも特定ジャンルの専門知識・文章力・訴求力が求められる仕事で、個人で稼ぐには中・上級者並みのスキルが求められます。

しかし、ライター業はリモートワークが可能なため、まとまった収入が稼げるようになると時間・場所を問わず自由な働き方が実現します。

特に育児や介護など家庭の事情でフルタイム出勤が難しい人や、会社勤めに抵抗のある人には適した職業でしょう。

Webライターの仕事内容は以下の通りです。

仕事内容特徴
Webコンテンツの執筆オンラインメディア・コーポレートサイト、ブログなどで起用される記事を執筆する。
SEOライティングSEO(検索エンジン最適化)を意識して読者に役立つ情報を量産する。クライアントの要望に基づいたテーマやキーワードを用いて執筆することもある。

セールスライターの仕事内容は以下の通りです。

仕事内容特徴
LP(ランディングページ)の作成商品やサービスの販売促進を目的とした広告文やLPを作成する。
セールスコピーの作成読者の興味や注意を引き、購買意欲をかき立てる文章を作成する。
マーケティング戦略やセールスファネルを理解し、購買につなげるセールスコピーを作成する。
※セールスファネル=顧客に自社サービスを知ってもらい、成約・購入までつなげるプロセスのこと
コンバージョン率の分析A/Bテストやデータ分析を用いて、コンバージョン率を高める対策をおこなう。

マーケター

マーケターとは、企業や商品の魅力を伝え、集客につなげる職業のことです。

広告戦略の立案、SNSやウェブサイトを使ったプロモーション、イベントの企画・運営など、仕事内容は多岐にわたります。

マーケターは、市場動向の把握・効果的なマーケティング戦略を立てる能力が求められ、分析力が強く創造性が豊かな人は重宝されるでしょう。

特定商品やサービスを訴求するアフィリエイトなど、個人でもマーケターとして活躍できるビジネスシーンは多々あります。

マーケターの仕事内容は以下の通りです。

仕事内容特徴
市場調査市場のトレンドや競合状況の分析をおこなう。ターゲットオーディエンスを理解し、消費者のニーズや行動を分析する。
戦略立案マーケティング戦略、キャンペーンの企画・立案、ブランディング戦略の策定などをおこなう。
広告運用オンライン広告(Google Ads・ Facebook Adsなど)の設定や運用、広告パフォーマンスのモニタリングと最適化などをおこなう。
コンテンツマーケティングWebコンテンツの企画・制作、WebサイトやSNSでのコンテンツ配信、コンテンツのパフォーマンス分析などをおこなう。
SNSマーケティングSNSを活用してキャンペーンの企画や実施をおこなう。
イベントマーケティングイベントやセミナーの企画・運営、参加者募集やプロモーション活動の実施、イベントの効果測定と分析などをおこなう。
データ分析・レポーティングマーケティング活動の効果測定と分析、
KPI(重要業績評価指標)の設定とモニタリングなどをおこなう。

動画クリエイター

動画クリエイターも需要が高く、自営業におすすめの職業です。

近年は文章よりも動画の人気が集中しているため、YouTubeや企業広告プロモーション作成ができる動画クリエイターが求められるようになりました。

動画の需要は今後も続くと予想されるため、まずは副業やサイドビジネスから動画編集の仕事をはじめてみてもよいでしょう。

動画クリエイターの仕事内容と特徴は以下の通りです。

仕事内容特徴
YouTuber向けの動画制作YouTuberが撮影した動画素材を編集し、魅力的な番組に仕上げる。YouTuberからの依頼で動画撮影を兼務することもある。
企業向けプロモーション動画の作成新製品やサービスを拡散するためのプロモーション動画を作成する。
イベント動画の撮影・編集結婚式・入学式・卒業式などのイベント動画の撮影・編集をおこなう。
採用動画の作成企業向けに人材募集の動画を作成する。

エンジニア

ITエンジニア・プログラマーは、個人事業主に最もおすすめの職種です。

なぜなら、IT業界は需要が高いにもかかわらず長年人材確保に苦戦しているからです。

大手クラウドソーシングやフリーランスエージェントでもIT技術者向けのサービスが数多く存在します。

専門性が求められるIT業界では、職種も豊富なうえ高収入を目指せるため、Web制作の経験がある人はぜひ挑戦してみてください。

ITエンジニア・プログラマーの種類は以下の通りです。

種類特徴
フロントエンドエンジニアWebアプリケーション・サイトのユーザーインターフェースを開発するエンジニア。HTML・CSS・JavaScriptなどを駆使してユーザーの目に映る外的要素の設計と実装をおこなう。
バックエンドエンジニアPythonなどを駆使してサーバ構築とサーバサイドプログラムの開発を担うエンジニア。担当業務が幅広いため、Web制作全般の知識とスキルが求められる。
フルスタックエンジニア複数のWeb開発をマルチにおこなうエンジニア。開発業務の組み合わせに決まりはない。例えばフロントエンドとバックエンド、Webサイトとアプリ開発などがある。
データベースエンジニアデータベースの設計・構築・運用・保守などをおこなうエンジニア。SQLを駆使してデータの取得・更新・クエリの最適化などを担当する。
モバイルアプリエンジニアスマートフォンやタブレット向けのアプリを開発するエンジニア。iOS・Androidプラットフォームでの開発経験が必要。
ゲーム開発エンジニアスマホ・タブレット・パソコン用のゲームアプリを開発するエンジニア。グラフィックスやゲームプレイの実装など幅広いスキルが求められる。

Webデザイナー

Webデザイナーとは、Webサイト(ホームページ)をデザイン・編集する職業のことです。

在宅ワークが可能なうえ利益率も高く、自営業でも成功しやすいのがメリットです。

WebデザイナーはWebサイトの視覚的なデザインに限らず、オンラインで機能させるためのコーディングを兼務することもあります。

Webデザイナーの仕事内容は以下の通りです。

仕事内容特徴
ヒアリング・競合サイトのリサーチどのようなWebサイトを作成するか、クライアントと打ち合わせをおこなう。他社と差別化するため、競合サイトをリサーチする。
サイトデザインIllustratorやPhotoshopを使用し、Webサイトのレイアウトやビジュアルのデザインをおこなう。Webサイトに使用するアイコン・バナー・画像素材も並行して作成する。
コーディング・プログラミングデザインツールで作成したサイトデザインをオンラインで機能させるためにコーディング・プログラミングをおこなう。

外国語講師・翻訳家

通訳・翻訳とは、語学力を活かして国際的なビジネスに参加できる職種です。

外国語スキルを活かせる職場には、役場・英会話教室・グローバル企業・教育機関(通訳・翻訳の養成スクール)などがあげられます。

このほか、英会話サロンや家庭教師など、会社員から独立して働くことも可能です。

留学経験のある人や外国語スキルを活かしたい人は、ぜひ通訳・翻訳家への方向性を検討してみてください。

通訳・翻訳の仕事に就くメリットは以下の3つがあります。

  1. 英語・韓国語・フランス語・ドイツ語などの外国スキルを有効活用できる
  2. グローバル企業や外国人と接する機会が多く、国際的な視野を広げられる
  3. オンライン業務が可能なため、在宅で仕事ができる

通訳・翻訳の仕事内容は以下の通りです。

仕事内容特徴
通訳言語が異なる人同士の会話を正確に伝える。同時通訳の場合は、集中力とスピーディな言葉の変換が求められる。
ビジネス通訳ビジネスシーンで活用される通訳。ビジネス用語の知識が求められる。
文書翻訳文書や資料を日本語または他言語に翻訳する。高度な語学力と専門知識が求められる。
翻訳チェック翻訳の品質を確保するために校正作業をおこなう。細かい注意力と語学力が求められる。

オンライン講師

オンライン講師とは自身がメンターとなり、インターネットを通じて会員(生徒)を教育する職業のことです。

主に趣味やトレーニング、言語スキルの向上など会員の成長と目標達成を目指します。

オンライン講師は、自分の経験や得意分野をビジネスに活かしたい人におすすめです。

また、ファンが増えるとまとまった収入を獲得できるため、在宅にいながら安定的に稼ぎたい人にも向いているでしょう。

オンライン講師の種類は以下の通りです。

種類特徴
外国語講師英語・韓国語・中国語などの外国語を指導する講師。英検対策や留学サポートをおこなうこともある。
料理・楽器演奏・手芸などの講師料理・楽器演奏・手芸などのスキルアップを目的としたサポートをおこなう。
ヨガ・フィットネスインストラクターヨガ・太極拳・筋トレ・エアロビクスなど、トレーニングを目的としたサポートをおこなう。
生活スキル講師時間管理・整理整頓・コミュニケーションなど生活に役立つノウハウ提供とサポートをおこなう。

個人で稼げるようになるためのスキル

個人で稼げるようになるために必要なスキルは以下の6つです。

  1. マーケティングスキル
  2. プログラミングスキル
  3. 動画編集スキル
  4. Webデザイン・コーディングスキル
  5. ライティングスキル
  6. 外国語スキル

マーケティングスキル

マーケティングスキルとは、商品やサービスを効果的に市場へ拡散(宣伝)するための能力のことです。

主に市場調査、ターゲットオーディエンスの分析、広告戦略の立案、SNSやウェブサイトを用いたプロモーションなどが含まれます。

マーケティングスキルを習得すると、緻密な市場分析やターゲット(見込み客)の選定、商品・サービスの適切な価格設定が可能になるでしょう。

マーケティングスキルを習得する方法は以下の5つがあります。

  1. 専門学校のマーケティングやビジネス関連の学部で学ぶ
  2. Udemyなどのオンラインコースを受講する
  3. セミナー・ワークショップなどに参加してプロのマーケターから学ぶ
  4. 書籍やWebコンテンツでマーケティングの基礎を学ぶ
  5. インターンシップで実際に小規模なマーケティングをおこなう

プログラミングスキル

プログラミングスキルとは、コンピュータに対して特定のタスクを実行させるための命令(コード)を書く能力です。

プログラミングスキルを習得すると、Webサイトやアプリケーションの制作やデータ分析など、多彩なIT開発に応用できます。

プログラミング言語の種類は豊富で、Python・Java・JavaScriptなどが中心的に利用されます。

IT分野によって用いられる言語が異なるため、自身が希望するジャンルにはどの言語が使用されるか、事前に調べておきましょう。

プログラミングスキルを習得する方法は以下の5つがあります。

  1. プログラミングスクールで学習する
  2. ProgateやPaizaなどのオンラインプラットフォームから学ぶ
  3. エンジニアやプログラミング学習者と交流するコミュニティに参加する
  4. 書籍やWebサイトを活用して自主的に学習する
  5. 小さなプロジェクトをはじめて実際にコードを書いてみる

動画編集スキル

動画編集スキルとは、撮影された動画素材を編集し、テーマ・ジャンルに合わせた映像作品をつくる制作技術のことです。

主に動画のカット編集・エフェクトの追加・音楽やナレーションの挿入などが含まれます。

動画編集スキルを身につけると、YouTube動画・広告プロモーション・イベント動画など、さまざまな映像制作に携わることができます。

ただし、動画編集にはハイスペックPC・撮影機材・各種制作ツールが必要になり、初期投資が高額になるため注意しましょう。

動画編集スキルを習得する方法は以下の5つがあります。

  1. 専門学校の映像・メディア関連のコースで動画編集を学ぶ
  2. オンラインスクールで動画編集の学習コースを受講する
  3. YouTubeなどの無料コンテンツで動画編集の基礎やテクニックを学ぶ
  4. 自分で動画を撮影し、制作ツールを使って編集する
  5. 同じクリエイターが集まるコミュニティで動画編集を学ぶ

Webデザイン・コーディングスキル

Webデザインスキルとは、Webサイトの視覚的なデザインを制作する技術のことです。

近年のWeb制作現場では、ユーザーエクスペリエンス(UX)やユーザーインターフェース(UI)の設計、色彩やタイポグラフィの選定などが求められることがあります。

静的なデザインスキルだけでなく、どのようなサイト構造がユーザーにとって使いやすいか想像できると、Web制作現場で重宝されるでしょう。

一方、コーディングスキルとは、デザインツールなどで作成されたサイトデザインを、実際のWebページとして機能させる技術を指します。

コーディングでは、HTML、CSS、JavaScriptなどの言語を使い、デザインをコードに変換してWebページを構築します。

近年はWebデザインとコーティングをマルチでできる制作者が重宝されるため、できるだけ仕事の幅を広げられるよう、スキルアップしていきましょう。

Webデザイン・コーディングスキルを習得する方法は以下の4つがあります。

  1. 専門学校や大学の関連コース・学部で学ぶ
  2. オンラインスクールやセミナーで学ぶ
  3. 豊富な教材を用いて独学で学ぶ
  4. 小さなプロジェクト実践して即戦力を身につける

ライティングスキル

ライティングスキルとは、読者に有力な情報を伝えるための文章を書く技術のことです。

読者の興味を引くタイトルや見出し、わかりやすい文章表現、説得力のある言葉づかいなどが含まれます。

ライティングスキルを身につけることで、アフィリエイトブログ・SNS・コラムサイト・広告など多様なビジネスメディアを作成できます。

読者に価値提供ができる文章を書くことでファンを獲得できるようになり、企業の売上貢献にもつながるでしょう。

ライティングスキルを習得する方法は以下の4つがあります。

  1. ブログやSNSで積極的に文章を書く
  2. ライティングワークショップやセミナーに参加
  3. オンラインコースで自分のペースで学ぶ
  4. 良質な文章を多く読む・模写する

外国語スキル

外国語スキルとは、他言語をインプット(理解)し、アウトプット(話す・読む・書く)する技術のことです。

代表的な他言語に英語・韓国語・中国語・フランス語・ドイツ語などがあります。

なかでも英語は世界の共通言語と認識され、国内でも子どもから社会人まで多くの人がスキル習得に励んでいます。

特にIT企業や貿易会社、外資系の企業では外国語が堪能でないと採用すらされないでしょう。

日本だけでなく海外まで視野を広げてビジネスチャンスを掴めるため、最低限日常会話レベルの英語は習得しておくとよいでしょう。

外国語スキルを習得する方法は以下の3つです。

  1. 語学学校や大学の外国語学部で学ぶ
  2. オンライン英会話スクールや語学アプリを利用する
  3. 語学留学を検討する

個人が本気でお金を稼ぐためにやるべきこと

個人が本気でお金を稼ぐためにやるべきことは以下の4つです。

  1. 目標とする仕事のスキルを習得する
  2. 副業の時間を捻出するためにスケジュール管理をする
  3. 仕事に最適な環境づくりをする
  4. 小さな実績を積み重ねて信頼を積み上げる

目標とする仕事のスキルを習得する

お金を稼ぐためには、目標とする仕事のスキルを習得することが重要です。

専門的知識やスキルを習得して付加価値をつけることにより、競合他社と差別化して市場での需要を満たせるようになるからです。

例えば、プログラミングのスキルを身につけたい場合、オンラインコースや書籍をとおして学習することで、複雑なIT開発ができるようになります。

また、プロジェクトに参加して実践的な経験を積み、クライアントからの信頼実績を積みあげることも不可欠です。

専門スキルの習得と信頼実績を構築するほどビジネスチャンスが生まれ、高収入を獲得できるようになります。

副業の時間を捻出するためにスケジュール管理をする

会社員が副業の時間を捻出するには、緻密なスケジュール管理が大切です。

スケジュール管理で情報を可視化することにより、仕事とプライベートの時間配分ができるようになるからです。

例えば、Webライティングで副業をはじめたと仮定しましょう。

Googleカレンダーや手帳などに締め切りや作業時間の目安などを細かく記入することで、納期忘れ・仕事の詰めすぎを抑止できます。

特に本業を持つ会社員の副業は作業配分が難しく、仕事の両立が厳しい傾向があります。

本業・副業ともにスケジュール管理を徹底し、健康・生活ともに支障が出ないよう無理のない範囲で仕事量を調節しましょう。

仕事に最適な環境づくりをする

自宅などで仕事をする際は、作業環境の整備を徹底しましょう。

静かで清潔感のある作業環境は心理的ストレスが少なくなり、仕事のパフォーマンスを最大限に発揮できます

例えばデスクワークの場合、疲れにくいゲーミングチェアや広々と作業できるパソコンデスクをそろえることで、肩や腰などの肉体疲労を軽減できるでしょう。

また、作業部屋を整理整頓して余計な物質を排除し、気が散りにくい空間をつくることも大切です。

自宅で快適な作業空間を確保できない場合は、コワーキングスペースなど仕事に使える公共施設を探してみてください。

小さな実績を積み重ねて信頼を積み上げる

信頼を積み上げるためには、小さな実績の積み重ねが大切です。

なぜなら、過去の実績はワーカー自身の社会的信用に直結するからです。

例えば、同じITエンジニアがクラウドソーシングサイトで副業をはじめたとしましょう。

未経験者とすでに何件かのクライアント実績を持つ人なら、後者のほうが信頼されやすく仕事を取りやすいと想像できます。

特にクラウドソーシングサイトでは、上記のようなケースは顕著に見られます。

未経験者や実績の少ない初心者は、同じフィールドで戦う中・上級者に負けやすくなり、戦力として不利です。

このような不利な状況下で戦う場合は以下のポイントを意識し、少しずつ実績を獲得して市場価値をあげていきましょう。

  1. 仕事を獲得する際は、ライバルの少ないプラットホームを活用する
  2. 友人・知人・本業の関係者など、身近な人から小さな仕事を受注する
  3. SNSやコミュニティで知り合った人・企業から小さな仕事を受注する

個人で稼ぐために使えるWebサービス

個人で稼ぐために使えるWebサービスは以下の4つです。

  1. クラウドソーシングサイト
  2. スキルシェアサービス
  3. SNS
  4. フリーランスエージェント

クラウドソーシングサイト

クラウドソーシングサイトとは、個人が特定のスキルを活かして仕事を受注するプラットホームのことです。

クラウドソーシングサイトは大別して、さまざまなジャンルを網羅した「総合型」と特定ジャンルに限定した「特化型」の2つがあります。

総合型特化型
  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • クラウディア
  • Bizseek
  • クラウドリンクス
  • クラウドテック
  • サグーワークス
  • shinobiライティング

提供できるジャンルはデザイン・ライティング・プログラミング・コンサルティング・占いなど千差万別です。

クラウドソーシングサイトは副業初心者にも扱いやすく、ビジネスの足掛けとして活用できます。

スキルシェアサービス

スキルシェアサービスは、自分の持っているスキル・サービスを他者に購入(または契約)してもらい、報酬を獲得するためのプラットホームです。

クラウドソーシングサイトと酷似していますが、本記事で解説するスキルシェアサービスは仕様が異なります。

クライアントが出した求人に対し、自主的に応募して仕事を取りにいくのがクラウドソーシングサイトの特徴です。

一方、スキルシェアサービスは、自分が提供・販売できるスキルを公開してクライアントが契約してくれるのを待ちます。

※スキルシェアサービスによっては業務委託・アルバイト・パートなどの雇用契約が生じることもある

クラウドソーシングサイトスキルシェアサイト
仕様クライアントの求人に応募する提供できるスキルを開示して、クライアントに購入・契約してもらう
営業戦略プッシュ型プル型

クラウドソーシングサイトが「プッシュ型」なら、スキルシェアサービスは「プル型」の営業戦略に該当するでしょう。

理想の使い方は、プッシュ型とプル型をかけ合わせて双方から仕事を受注できるしくみにすることです。

どちらか一方のみでも問題ありませんが、複数のプラットホームを駆使するほうが効率よく稼げるでしょう。

SNS

SNSは、個人が自身の価値やサービスを効果的に宣伝できる強力なツールです。

Instagram・X(旧Twitter)・Facebook・LINEなどの代表的なSNSは、情報を拡散したいフォロワー(ファン)を集めやすいからです。

例えば、副業関連の商材をX(旧Twitter)にて集客・販売する場合、収入に困っている会社員のアカウントを中心にフォロワーを集めると商品が売れやすくなります。

また、SNSで直接フォロワーとコミュニケーションをとることにより、見込み客がどのような課題・悩みを持っているか、新たな気づきも生まれます。

これまで気づかなかった顧客の悩み・課題は、新しい商品・サービス開拓のヒントになるため、ファンとどんどん交流して価値提供につなげていきましょう。

フリーランスエージェント

この記事で紹介するフリーランスエージェントとは、フリーランサー向けのエージェントサイトのことです。

基本的な仕様は、転職エージェントと変わりありません。

フリーランサーが自身の保有スキル・職歴・実績を登録し、そのステータスに合わせて専用アドバイザーが求人を紹介します。

国内のフリーエージェントは、IT開発・クリエイティブ職など職業が限定される欠点があります。

ただ、非公開案件を取り扱っていることもあり、一般的な求人より高収入を稼げるのが魅力です。

以下はおすすめのフリーランスエージェントです。

→横スクロールできます
おすすめエージェント支払いサイトおすすめの人/特徴案件のジャンルマージン率公式サイト
(全て完全無料)
レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
\業界催促/
15日
業界トップクラスの案件数
②登録者数10万人超えのNo.1エージェント
③大企業案件が豊富だから単価が高い
エンジニア、マーケター、高スキルのライターおよそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://freelance.levtech.jp/
案件数:約40,000
ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ
35日①週2日から働ける副業案件が豊富
②2022年の支持率No.1
③エンド直だから高単価が多数
エンジニア、マーケター非公開公式サイトはこちら
https://itpropartners.com/
案件数:約5,100
レバテッククリエイター
レバテッククリエイター
15日①業界トップクラスの高単価案件保有
②高スキルお持ちの方はさらに高待遇
③最短2日で稼働できる
Webデザイナー、クリエイター、動画編集or制作およそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://creator.levtech.jp/
案件数:約40,000

個人が稼げるビジネスに関するよくある質問

個人が稼げるビジネスに多くみられる質問をまとめました。

  1. 個人で稼ぐ時代は終わる?
  2. 毎日3000円コツコツ稼ぐことは可能?
  3. 個人で稼ぐのは難しいって本当?
  4. 稼ぐ力のある人の特徴は?
  5. 意外なお金の稼ぎ方ってある?
  6. 1日で10万円稼ぐ方法ってある?

個人で稼ぐ時代は終わる?

近年はデジタル化やグローバル化が急速に進んでいるため、個人でのビジネスチャンスはむしろ増加しています

例えば、SNS・スキルシェアサイト・フリーエージェントなど、プロ・アマチュア問わず個人が活躍できるフィールドは拡大し続けています。

ただ、競争も激しくなっているため、継続的なスキルアップやマーケティング戦略の見直しは必要でしょう。

毎日3000円コツコツ稼ぐことは可能?

近年は、初心者にも取り組みやすい副業が豊富にあるため、工夫次第で毎日3,000円ずつ稼げます

例え、ば動画クリエイターとして働く場合、1本1,000円の字幕を入れる案件を3本こなすことで目標をクリアできるでしょう。

また、週単位で21,000円稼げる継続案件を受注しても、1日当たり3,000円稼げる計算になります。

21,000÷7=1日あたり3,000円

ただ、継続案件でも契約先や時期によって仕事量が減ることがあります。

一時的に仕事量が減った場合は、ほかの案件で売上をカバーするなど、できるだけ経済的なダメージを減らす工夫を考えてみてください。

個人で稼ぐのは難しいって本当?

保有スキルや実務経験、取り組むビジネスの種類によって、個人が稼ぐ難易度は異なります

ただ、情報収集やネットワークの構築、効果的なマーケティング戦略などを駆使すれば、成功のチャンスは平等にあります。

ビジネスで成功するには自身の適性を見極め、最も相性のよいジャンル(フィールド)で稼ぐ努力を積むことです。

稼ぐ力のある人の特徴は?

稼ぐ力がある人には、以下4つの特徴があります

  1. 新しい情報やスキルを常に取り入れ、学ぶ姿勢を崩さない
  2. 時代・市場・環境の変化に柔軟な対応ができる
  3. コミュニケーション能力があり、他者との信頼関係を構築できる
  4. ビジネスをするうえで行動の計画を立て、リスクを最小限に抑える

意外なお金の稼ぎ方ってある?

意外なお金の稼ぎ方として、以下のビジネスがあげられます

  1. 治験モニター
  2. ミステリーショッパー
  3. 家事・育児などの代行業
  4. 結婚式・葬儀・子どものイベントなどの代理出席
  5. 自動販売機の設置販売業
  6. ドローン操縦士
  7. 試験監督スタッフ
  8. カーシェア
  9. コワーキングスペース・駐車場の提供
  10. 古物商許可の取得

1日で10万円稼ぐ方法ってある?

1日で10万円を稼ぐことは、一般的な職業よりも保有スキル・資格など個人的なステータスが問われるため難しいでしょう。

1日10万円稼げる可能性のある職業・資格は以下の通りです。

  1. ITエンジニア
  2. 弁護士
  3. 税理士
  4. 公認会計士
  5. 医師
  6. セールスライター

ただ、クライアントとの高い信頼実績がある場合は、高額なコンサルティング・セミナーなどの開催で目標金額を目指せるでしょう。

まとめ|個人で稼ぐためにはスキルアップと信頼実績の構築が大切

個人で稼ぐには、スキルアップのほかクライアントとの信頼構築が欠かせません。

なぜなら、社会的な信用がないと新しい仕事の契約に結びつかないからです。特に初心者の場合は、同じフィールド・分野で働くベテランと比較して即戦力が劣り、信頼実績も少ないため稼ぎにくいでしょう。

駆け出しのころはお金を稼ぐことよりも、小さなプロジェクトをこなして信頼実績を積みあげる努力をしてみてください。