50代のフリーランスエンジニアは需要ある?実態なども解説

50代でもフリーランスエンジニアになれるのか、そしてどのように仕事を獲得していくべきかは、多くの人が関心を持っています。

実際、近年では50代のフリーランスエンジニアが増加傾向にありますが、年齢が上がることで受注できる仕事が激減するという懸念も存在します。

それでも50代でフリーランスエンジニアを続けるための秘訣は、自分のスキルや経験をアピールすることにあります。

また、50代からフリーランスになる場合には、そのメリットとデメリットを理解し、スキルアップの方法を見つけることが大切です。

この記事では、50代のフリーランスエンジニアがどのようにして成功できるか、そして理想の働き方を実現するためのヒントを提供しています。

ぜひ参考にして、自分に合った働き方を見つけてください。

▼フリーランスにおすすめサイト▼

ITプロパートナーズITプロパートナーズ」は、フリーランスエージェントでWEBマーケターやWEBデザイナー、ITエンジニアの案件紹介をしているITフリーランスエージェント支持率No.1(2021年7月期)のフリーランス案件を探せるサイトです。

週2日から働ける仕事も多く、エンド直の案件が多いので高単価案件が多いのが特徴です

利用には料金が一切かからず、面談の日程調整や単価交渉、参画中の悩みや相談などのサポートなど完全無料で利用いただけます。
  1. 登録者55,000人を突破
  2. はじめて/これからのフリーランスでもOK!!
  3. 企業の評判を事前確認できる

\ たったの60秒で登録完了 /

無料ですぐに登録する

定年はある?50代でフリーランスエンジニアに転身する人の実態

50代でフリーランスエンジニアに転身する人の実態

近年、50代でフリーランスやシステムエンジニアに転身する人が増加しています。

その理由は、フリーランスの高齢者割合が多いこと、50代女性の参入が活発であること、専用サイトも存在することの3つが挙げられます。

  1. フリーランス業界は高年齢の割合が非常に多い
  2. 50代からフリーランス女子として活躍することは十分可能
  3. レバテックフリーランスは50代にも人気

フリーランス業界は高年齢の割合が非常に多い

フリーランス業界では、高年齢の割合が非常に多く存在しています。

2015年版小規模企業白書」によれば、40代から50代のフリーランサーが全体の半分以上を占めており、特に50代は38.3%と最も高い割合となっています。

この背景には、フリーランスが年齢を問わず長期間働ける職種であることや、近年の在宅勤務の増加によるフリーランスの注目度向上が寄与していると考えられます。

ただし、これらの数字には、長年フリーランスとして働き続けている50代の人たちが大半を占めているため、現在50代でフリーランスに転向を検討している人たちは反映されていません。

近年においては、50代の初めに早期退職を考え、フリーランスへの転向を検討するケースも増えているため、実際に50代でフリーランス活動を始めている人の割合は、さらに高いと推測できるでしょう。

50代からフリーランス女子として活躍することは十分可能

50代女性がフリーランスを目指す理由は様々で、結婚生活の落ち着きや子育ての終了による時間的余裕、新しい挑戦への意欲が挙げられます。

共働きキャリアを持つ方もいますが、専業主婦としての経験も活かせます。

また、市場でも「フリーランス女子」という言葉が浸透してきており、50代から始める方も増加しています。

安定性は乏しいものの、50代女性がフリーランスでの活躍を目指すことは十分可能です。

レバテックフリーランスは50代にも人気

近年、50代でフリーランスに転身する方が増えており、特にフリーランスエンジニアは人気の職種です。

このため、シニア層向けのフリーランス用サイトも増加傾向にあります。

レバテックフリーランスは、50代でも活躍できるフリーランスエンジニア向けのサイトの一例です。

しかし、20代と比較して受注するための自己アピールが重要になり、案件を見つけるのが難しくなることも欠かせません。

そこで、シニア層に特化したフリーランス用エージェントや案件探しのサイトが登場してきており、彼らのニーズに応えるサービスが拡充されつつあります。

フリーランスの案件探しにおすすめのエージェントは以下の3つです。

→横スクロールできます
おすすめエージェント支払いサイトおすすめの人/特徴案件のジャンルマージン率公式サイト
(全て完全無料)
レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
\業界催促/
15日
業界トップクラスの案件数
②登録者数10万人超えのNo.1エージェント
③大企業案件が豊富だから単価が高い
エンジニア、マーケター、高スキルのライターおよそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://freelance.levtech.jp/
案件数:約40,000
ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ
35日①週2日から働ける副業案件が豊富
②2022年の支持率No.1
③エンド直だから高単価が多数
エンジニア、マーケター非公開公式サイトはこちら
https://itpropartners.com/
案件数:約5,100
レバテッククリエイター
レバテッククリエイター
15日①業界トップクラスの高単価案件保有
②高スキルお持ちの方はさらに高待遇
③最短2日で稼働できる
Webデザイナー、クリエイター、動画編集or制作およそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://creator.levtech.jp/
案件数:約40,000

>> クラウドワークスはやめた方がいい

関連記事

「クラウドワークスやめたほうがいい?怪しい?」「クラウドワークスは副業に向いている?」在宅ワークや副業で使う日本最大級のクラウドソーシングサイトである「クラウドワークス」この記事では、クラウドワークスの利用をやめたほ[…]

クラウドワークスをやめたほうがいい人

50代がフリーランスエンジニアになるメリット

50代がフリーランスエンジニアになるメリット

50代でもフリーランスエンジニアになれるメリットは、長く続けられる仕事が多く、一人でできる案件が豊富であることです。

また、ベテランエンジニアは高レベルな求人にアクセスでき、ライフワークバランスを保ちながらも収入向上が可能です。

モチベーションを維持し、キャリア形成も実現できるのもメリットになります。

そこで、50代がフリーランスエンジニアになるメリットを詳しく紹介します。

  1. IT人材不足のため女性も働きやすい
  2. 一人で仕事を行うことが多い
  3. 長年の経験やスキルが豊富で高品質な仕事がこなせる
  4. 自分らしい働き方ができる
  5. 50代からの自己実現やキャリアアップのチャンスが広がる

IT人材不足のため女性も働きやすい

フリーランスエンジニアは、性別を問わず誰でもなれる職業です。

IT人材白書によれば、エンジニアなどのIT業界は女性にも働きやすいとされており、将来性があるため女性でも長く続けられる仕事が多いことが魅力です。

また昨今IT業界は慢性的な人材不足のため、需要が高いです。

しかし、プログラミング言語を学ぶ必要があるため独学が難しいと感じる人も多いでしょう。

そこでおすすめなのがオンライン講座です。

例えば、「テックキャンプ」と「DMM WEB CAMP」は、プログラミング講座のサービスであることで有名です。

【オンライン講座のメリット】

オンライン講座で学ぶメリットは、挫折せずに続けられることや、自分のペースで学べる点です。

こうした講座を利用すれば、性別に関係なくプログラミングをマスターし、フリーランスエンジニアとして活躍するチャンスが広がります。

まずは、オンライン講座に参加して、挑戦してみましょう。

今後のIT業界では、多様な背景のエンジニアが幅広く活躍できる環境が整っていくことでしょう。

一人で仕事を行うことが多い

フリーランスエンジニアは、一人で仕事を行うことが多く、プロジェクトによってチームを組むことがあります。

在宅勤務率が高いため、人との関わりも少なく、50代ならではの「年下上司への気まずさ」を感じることが少ないでしょう。

また、フリーランスとして独立してからは、人間関係の緊張から解放され、自身のスキルや知識を最大限に活かして仕事に取り組むことができるようになるでしょう。

フリーランスエンジニアとしての独立性は魅力のひとつです。

長年の経験やスキルが豊富で高品質な仕事がこなせる

50代は長年の経験やスキルが豊富で、フリーランスとして高品質な仕事がこなせる時期です

年月を経て磨かれた経験や技術は、多様な問題や状況に適切に対応する能力を生みます。

問題解決力やチームリーダーとしての能力も期待でき、クライアントの要望に適切に対応することができます。

フリーランスエンジニアの長年の経験やスキルは、クライアントの期待以上の価値を提供する強みとなります。

自分らしい働き方ができる

フリーランスエンジニアは自分らしい働き方ができます。

自由なスケジュールで働くことができ、家族や趣味の時間を確保しやすく、ライフワークバランスが整います。

さらに、50代で豊富な経験を持つことから、自分で仕事の値段を設定し、高額な報酬を得るチャンスが広がるでしょう。

自分らしい働き方で成功を目指しましょう。

50代からの自己実現やキャリアアップのチャンスが広がる

フリーランスエンジニアは、興味を持つ分野や得意スキルを活かせるプロジェクトに参加できる魅力があります。

50代でもモチベーション維持しやすい環境作りが可能です。

さらに、自らビジネス展開もできるため、意欲的に仕事に取り組めます。

50代からの自己実現やキャリアアップのチャンスが広がるため、メリットが多い選択肢となります。

>> フリーランスエンジニアの平均年収

関連記事

「フリーランスエンジニアの平均年収はどれくらい?」「フリーランスエンジニアにはならないほうがいい?」「フリーランスエンジニアが年収アップするにはどうしたらいい?」エンジニアとして独立を考えている人や、すでにフリーラン[…]

フリーランスエンジニアの平均年収の相場は?メリットとデメリット

50代がフリーランスエンジニアになるデメリット

50代がフリーランスエンジニアになるデメリット

50代でフリーランスエンジニアになる際のデメリットは以下の通りです。

  1. 収入面の不安
  2. 仕事獲得の難しさ
  3. 長時間のコンピュータ作業の健康問題
  4. 社会保障や年金制度が不十分
  5. 新技術やプログラミング言語習得の困難さ

また、以下にわかりやすく表でまとめました。

デメリット詳細
収入面の不安フリーランスエンジニアは安定した収入を得ることが難しく、契約内容によっては非常に不安定になることもある
仕事獲得の難しさ高齢者は年齢差別により、仕事の獲得が難しくなることがある
長時間のコンピュータ作業への健康影響長時間にわたるコンピュータ作業は肩や背中、目などの健康問題を引き起こす可能性がある
社会保障や年金制度の不十分さフリーランスは雇用主からの社会保障がなく、自己負担が増えることになる。また、安定した収入がないため、年金制度の利用が難しくなる
新技術やプログラミング言語習得の困難さIT業界は日々新しい技術が登場し、それを習得するためには常に学習を続ける必要がある。年齢を重ねると新しいことを学ぶのが困難になることがある

上記の課題に十分対処する必要があります。

収入面の不安

50代のフリーランスエンジニアは、収入の不安定さに直面することが多くなります。

フリーランスとして働く場合、定期的な収入や長期的な雇用保証がなく、新しい仕事や契約を常に探し続ける必要があります。

50代は、退職金や老後の資産形成など、経済的な安定を特に求める時期であるため、このような不安定な収入状況は精神的な負担になりやすいです。

収入の不安定さとその影響に備える心構えや対策が求められます。

仕事獲得の難しさ

フリーランスエンジニアは仕事の獲得に関する困難に直面する可能性が高まります。

マーケティングや営業力が重要ですが、50代では人脈やビジネススキル不足から仕事獲得が困難になることがあります。

ビジネススキルの研修を受け、人脈形成のためのイベントに参加するなど、積極的に自己投資を行うことで、仕事の獲得がスムーズになるでしょう。

仕事獲得のためのスキルや人脈の形成に対する取り組みが欠かせません。

長時間のコンピュータ作業の健康問題

長時間のPC作業に伴う健康問題に注意を払う必要があります。

フリーランスエンジニアは長時間のPC作業が要求されますが、50代では健康面の問題で長時間作業が困難になることもあるでしょう。

作業環境の整備、目薬の使用など、健康管理の方法を学び、実践することが大切です。

50代でのフリーランスエンジニア活動において、健康管理は仕事の質と継続性を保つための重要な要素となります。

社会保障や年金制度が不十分

フリーランスエンジニアは社会保障や年金制度が不十分です。

社会保障や年金を自己負担する必要があり、50代になると不十分さが不安要素になるでしょう。

貯蓄を増やすための計画や、フリーランスとしての所得を安定させる戦略を考える必要があります。

社会保障や年金に関する課題をしっかりと考慮し、将来への対策を策定することが不可欠です。

新技術やプログラミング言語習得の困難さ

50代のフリーランスエンジニアは、新しい技術やプログラミング言語の習得に課題を感じることが多いです。

特に50代では、これまでの経験や知識をベースにしながらも、新しい技術への適応が求められるため、そのギャップを埋めるのが大変と感じることがあります。

新しい技術を学ぶことに時間を要し、若いエンジニアたちとのスキルギャップを感じることもあるでしょう。

キャリアを継続するためには、新しい技術や言語に対する適応能力と継続的な学習が不可欠です。

動画で確認したい方は以下の2つの動画がおすすめです。

フリーランスエンジニア50代の案件の探し方

50代フリーランスエンジニアの仕事の見極め方

50代でもフリーランスエンジニアとして活躍できますが、仕事を見極める必要があります。

自分の強みを活かせる仕事とマネジメント系の仕事に注目し、経験を活かして成功を掴みましょう。

  1. 自分の強みを活かせる仕事
  2. マネジメント系の仕事に注目
  3. フリーランスエンジニアの50代からも始められる副業ブログ

自分の強みを活かせる仕事

自分の強みを活かせる仕事を選びましょう。

50代エンジニアは若者にはない知識や経験が最大の強みとなり、これらを生かせる仕事なら、認められ実績を積めます。

ただし、未知の言語学習が必要な場合は、若いエンジニアが活躍しやすいでしょう。

見極めが大切なので、自分に適した仕事を受注することが重要です。

マネジメント系の仕事に注目

50代フリーランスエンジニアは独自の経験と知識を持つマネジメント能力を強みとして活用すべきです。

年齢と共に蓄積される経験や知識は、若い世代にはない独特な視点や問題解決能力を持っています。

プロジェクトの進行管理や若手エンジニアの育成、クライアントとのコミュニケーションなど、マネジメント系の仕事において50代のエンジニアはその経験を活かすことができます。

マネジメント能力をアピールポイントとして、市場での競争力を高めることができるでしょう。

フリーランスエンジニアの50代からも始められる副業ブログ

副業としてブログ活動を開始することは有益であり、年齢を強みにして独自のキャリアを築くことが可能です。

豊富な知識や経験を活用してブログを書くことで、若手エンジニアや業界外の人々に有益な情報を提供できます。

さらに、50代ならではの悩みや不安、キャリアの振り返りなど、多くの世代が共感できる内容も発信可能です。

50代のフリーランスエンジニアがブログ活動を副業として開始することは、経験や知識を活かし、多くの人に価値を提供できる方法であり、新たなキャリアの一つとして考慮すべきです。

50代フリーランスエンジニアがスキルアップを目指す方法

50代フリーランスエンジニアがスキルアップを目指す方法

フリーランスエンジニアのスキルアップには、以下の方法がおすすめです。

スキルアップの方法理由
オンラインコース受講最新の技術トレンドやベストプラクティスを学ぶことができ、一定のカリキュラムに従って系統的に学習が進められます。また、自宅で学べるので時間や場所に縛られず学習が可能です。
書籍やドキュメント学習公式のドキュメントや専門書籍を通じて、新しい技術やツールの基礎から詳細まで理解を深めることができます。
オープンソースプロジェクト参加実際のプロジェクトに参加することで、新しい技術の実践的な使い方を学び、実務経験を積むことができます。また、コードのレビューやチームでの開発経験も得られます。
コミュニティ参加同じ技術や分野に興味を持つ人々と情報交換したり、質問したりすることで新しい視点を得たり、問題解決のヒントを得ることができます。また、ネットワーキングの機会にもなります。
自主プロジェクト立ち上げ自分のアイデアを形にすることで、実際の開発フローを経験し、新しい技術やツールを使う機会にもなります。プロジェクトの成功や失敗からも多くを学べます。

オンラインコース受講

オンラインコースを利用することで、効果的にスキルアップを実現できます。

オンラインコースは、場所や時間に縛られず学習できる点が魅力です。

インターネット上には、プログラミング言語や開発ツールを学ぶUdemy」や「Progate」などのオンラインコースが豊富にあります。

自分に適したコースを選び、効果的なスキルアップを目指しましょう。

書籍やドキュメント学習

50代のフリーランスエンジニアは、書籍やドキュメントの学習を通じて、技術力やビジネス力を高めることができます。

書籍やドキュメントには、深い知識や実践的な情報が詰まっています。

ビジネス関連の書籍を読むことで、クライアントとのコミュニケーションスキルも向上し、より円滑なプロジェクト推進が可能となるでしょう。

最新の技術に関する情報をキャッチアップし、積極的に学習しましょう。

オープンソースプロジェクト参加

オープンソースプロジェクトに参加することで、実践的な経験を積むことができます。

同時に、新しい技術やプログラミングのスタイルを習得するチャンスが増えます。

実際の製品やソフトウェアの開発に関われるため、自らのスキルを現場のニーズに合わせて磨き上げるための絶好の機会です。

オープンソースプロジェクト参加で開発経験を積み、スキルアップや新しいプログラミングスタイルを習得していきましょう。

コミュニティへ参加

プログラミングのコミュニティ参加は、他の開発者と協力し新たな発想や課題解決のヒントを得る絶好の機会です。

意見交換やディスカッションを通じて、自身の知識やスキルのブラインドスポットを発見し、他者の成功例やノウハウを直接学ぶことができます。

例えば、新しいフレームワークの実装に苦労していたが、効率的な解決策を学び、自らの業務に役立てることができることもあるでしょう。

自らのスキルを継続的に向上させ、業界の変化に柔軟に対応するためには、コミュニティへの積極的な参加が有効であると言えます。

自主プロジェクト立ち上げ

プロジェクトの立ち上げと開発を自分で行うことで、スキルアップが可能です。

総合的な技術力が求められると同時に、タイムマネジメントやチームメンバーのコミュニケーション能力も必要とされます。

新しい技術の習得だけでなく、プロジェクトマネジメントの知識やチーム運営のスキルも向上させることができるでしょう。

さらに、自己管理能力やマネジメントスキルも同時に向上できるでしょう。

50代フリーランスエンジニアの採用率を上げる方法

案件獲得を楽にする方法

仕事獲得に苦戦を強いられる際は、以下の対策をおこなってみてください。

対策詳細
クラウドソーシングで積極的にアピールプロフィールを充実させたり、過去の経験やスキルを具体的に示すことで、クライアントからの評価を上げることができます。また、常に新しい案件に応募し続けることで、仕事獲得の機会を増やすことができます。
新しい技術を積極的に学ぶIT業界は日々新しい技術が生まれています。新しい技術を学ぶことで、自身のスキルセットを広げ、仕事獲得の幅を広げることができます。オンラインの学習リソースを活用したり、短期のコースに参加することなどを検討してみましょう。
フリーランスエージェントの活用フリーランスエージェントは、フリーランスエンジニアとクライアントをつなげる役割を果たします。エージェントは専門的な知識やネットワークを持っており、あなたに適した仕事を見つけることを助けてくれます。

クラウドソーシングで積極的にアピール

クラウドソーシングサイトで仕事を探す際、自己アピールは重要です

年齢は関係なく、ネットを使いこなせるかが求められますが、若者が有利なことも事実。

特に50代のフリーランスエンジニアは、自己アピールで「若い世代以上に使える人物」とアピールし、クライアントの注目を集めましょう。

これにより、年齢を理由に仕事が逃げていくことを防ぐことができます。

クラウドソーシングがわからない方は以下の画像も参考にしてください。

クラウドソーシングとは

新しい技術を積極的に学ぶ

最新技術を学ぶことは、IT業界で活躍するための鍵です。

常に新しい技術が登場するこの業界では、どの年代のエンジニアも最先端の技術を駆使できることが重要です

特に50代のエンジニアには、若い世代にはない豊富な経験と知識があります。

最新技術の知識を加えることで、採用のチャンスが高まります。

フリーランスエージェントの活用

フリーランスエージェントの利用も検討しましょう。

クラウドソーシングと異なり、エージェントはコンサルタントが仕事を紹介します

例えば「レバテックフリーランス」のようなシニア向けエージェントは、50~60代にも対応しており、年齢や経験を考慮した仕事の紹介を行っています。

エージェントを活用することで、50代にも仕事が見つかりやすくなるでしょう。

50代のフリーランスエンジニアにおすすめのエージェント

50代のフリーランスエンジニアにおすすめのエージェントは以下の通りです。

レバテックフリーランス:フリーランスエンジニア向け

レバテックフリーランス

・報酬単価が高い
・これからフリーランスを目指す人でもOK
・職務経歴書などの事前準備は不要

レバテックフリーランス」は、5,000社以上の企業から直接案件を保有しており、そのため大手企業の案件があることから、報酬単価が高い案件を多数揃えています。

また報酬単価が高い理由の一つに、仲介業者を一切介さないため、より高単価の案件を直接、あなたに提供できています。

これにより、あなたの専門スキルが真に評価され、報酬に反映されるのです。

レバテックフリーランスでは専任の担当者が案件の紹介から面談の日程調整、単価交渉、参画中のサポートまで全面的に行います。

実際に、利用者の満足度は92.6%と高い評価を得ているのも事実です。

公式サイトを見る

運営会社の会社概要
項目内容
社名レバテック株式会社
代表取締役岩槻 知秀
代表執行役社長高橋 悠人
資本金60,000,000円(資本準備金含む)
事業内容1. システムエンジニアリング事業
2. IT・Web領域における人材紹介事業
認定有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-308734、 労働者派遣事業 派13-308125、 プライバシーマーク認定番号 第10822633
設立2017年8月1日
株主レバレジーズ株式会社 (https://leverages.jp/business/it)

ITプロパートナーズ:エンジニア&マーケター&デザイナー向け

ITプロパートナーズ:エンジニア&マーケター&デザイナー向け

・週2日から働ける案件あり
・フリーランス全般の案件がある
・エンド直で高単価

ITプロパートナーズ」は、週2日から働ける案件を豊富に取り扱っています。

またリモートや時間がフレキシブルな案件などのフリーランスが他の案件とも並行しやすく、働きやすい柔軟案件を多く取り揃えています。

さらに会員登録した当日から使えるフリーランス向け報酬即日払いサービスの「ペイトナーファクタリング」と併せて利用することで、請求書をすぐに現金化することができるようになります。

公式サイトを見る

50代のフリーランスエンジニアが抱える悩みや不安

50代のフリーランスエンジニアが抱える悩みや不安

先に抱える課題から解決できる対策を以下の表にまとめました。

課題対策
収入の不安定さ予算管理の強化、節約や投資の知識の深化、複数のクライアントや仕事源の確保
社会保障への不安国民健康保険や国民年金の加入、個人型確定拠出年金等の活用
高年齢が不利に働くこと豊富な経験やスキルの強みとしてのアピール、最新の技術トレンドのキャッチアップ
次に、50代フリーランスエンジニアの悩みや不安の詳細を解説します。

収入の不安定さ

50代だけでなく全年代に共通する悩みとして、フリーランスは基本的に収入が不安定という問題があります。

自分で営業活動を行い、仕事を獲得しなくてはならないため、長期的な契約が確保できるクライアントを見つけることが重要です。

しかし、必ず契約できるわけではないので、収入を安定させるためにも、継続的に仕事を見つけ出すことが求められます。

特に50代は、このような不安が一層強まる年代でもあります。

社会保障への不安

フリーランスの社会保険への加入は限定的で、年金も厚生年金とは異なります。

企業管理がなく、収入に応じて保険料が変動します。

特に50代にとって、医療保険は重要な要素です。

事前に調査し、適切な対応を心がけましょう。

高年齢が不利に働くこと

フリーランスエンジニアにとって年齢は不安要素の一つです。

求人によっては年齢制限が設けられており、特に50代以上のエンジニアには厳しい状況があります。

しかし一部クライアントは年齢を問わず、人間性やスキルで評価してくれます。

年齢による影響を受けず働くために、事前に対策を練ることが重要です。

50代プログラマーは仕事ができない?

50代プログラマーは仕事ができない?

50代のプログラマーに能力を疑われることがあるが、2つの理由が挙げられます。

年下の上司やリーダーが扱いに困ることがあり、また、自己流にこだわる人が多いためです。

  1. 年下の上司やリーダーが扱いに困る
  2. 自己流にこだわる人が多い

年下の上司やリーダーが扱いに困る

50代のプログラマーが年下の上司やリーダーとの関係で成功を収めるには、年齢差を超えたコミュニケーションの取り組みが必要です。

50代プログラマーの上司が年下というケースでは、若手は年上部下への接し方に悩むことも。

コミュニケーションを重視することで、互いの価値観や考えを理解し合い、より円滑な関係を築くことができる。

年齢差よりコミュニケーションを重視すれば、職場の円滑な関係づくりにつながります。

自己流にこだわる人が多い

50代の方々は長年の経験から自己流を大切にする傾向があります。

しかし、IT業界は新技術が絶えず発展し、チームプロジェクトが一般的です。

自己流をメインに行ってしまうと、現在の技術や環境とのギャップが生じやすくなります。

50代からもIT業界で活躍していくためには、柔軟性を持ち、多様な方法を採用し、状況に応じて適切に対応することが重要となります。

まとめ|50代でもフリーランスエンジニアで活躍はできる!

50代でもフリーランスエンジニアになることは可能です。

ただし、年齢の影響を考慮し、仕事を獲得するための努力や自己アピールを継続しましょう。

シニア向けのフリーランスエージェントも利用してみると良いでしょう。

フリーランスは年齢に関係なく続けられる職種で、50代で早期退職後に独立する方も多くいます。

新しいことに挑戦しようと考える女性もいるでしょう。

同じ悩みを持つ仲間と情報交換しながら、新たな一歩を踏み出してみてください。

→横スクロールできます
おすすめエージェント支払いサイトおすすめの人/特徴案件のジャンルマージン率公式サイト
(全て完全無料)
レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
\業界催促/
15日
業界トップクラスの案件数
②登録者数10万人超えのNo.1エージェント
③大企業案件が豊富だから単価が高い
エンジニア、マーケター、高スキルのライターおよそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://freelance.levtech.jp/
案件数:約40,000
ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ
35日①週2日から働ける副業案件が豊富
②2022年の支持率No.1
③エンド直だから高単価が多数
エンジニア、マーケター非公開公式サイトはこちら
https://itpropartners.com/
案件数:約5,100
レバテッククリエイター
レバテッククリエイター
15日①業界トップクラスの高単価案件保有
②高スキルお持ちの方はさらに高待遇
③最短2日で稼働できる
Webデザイナー、クリエイター、動画編集or制作およそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://creator.levtech.jp/
案件数:約40,000