フリーランスエンジニアの実態とは?寿命はある?

監修者

WEBBOX合同会社

CEO

江波戸純希

江波戸純希は日本で海外就職の転職支援をサポート実績のある人物で、外国語大学の神田外語大学の出身。フリーランス経験をもとにフリーランスマッチングサイト「WEBLANCE(ウェブランス)」も開発。WEBBOX合同会社の代表・CEOでもあるが、フリーランスとしても活躍中。大手メディア「mybest」などで記事の監修も担当。厳選な審査の上、プロの専門家が掲載される「マイベストプロ」にも紹介。また、フリーランスと企業のマッチング支援も行っているため、職業紹介責任者講習の資格も保持している。その資格証拠はこちら

フリーランスエンジニアの実態や甘くない現実について知っていますか?

この記事では、その詳細を解説します。

最後まで読むことで、その実態が明らかになるでしょう。

また、後半部分では、フリーランスエンジニアの働き方や後悔しないための準備についても紹介しています。


LINE友達追加キャンペーン

フリーランスエンジニアの実態は?

フリーランスエンジニアの実態は?フリーランスエンジニアの実態を解説します。

以下の2つのポイントをご説明します。

  1. 年収の現状
  2. 年齢構造

年収の現状

フリーランスエンジニアの平均年収は約840万円で、このデータは「レバテックフリーランス」が発表したものです。

月額単価で約70万円とされていますが、12カ月割りでの単純計算であり、税金や保険、経費は差し引かれていません。

そのため、実際の手取りは個人差があることを理解しておくことが重要です。

>> フリーランスエンジニアの平均年収

関連記事

「フリーランスエンジニアの平均年収はどれくらい?」「フリーランスエンジニアにはならないほうがいい?」「フリーランスエンジニアが年収アップするにはどうしたらいい?」エンジニアとして独立を考えている人や、すでにフリーラン[…]

フリーランスエンジニアの平均年収の相場は?メリットとデメリット

フリーランスエンジニアの寿命がわかる年齢構造

フリーランスエンジニアの年齢構造について、IT白書2016の調査結果を見ると、50代が最も多く50.1%、続いて40代が33.8%、30代が13.3%となっています。

一方で、20代のフリーランスエンジニアはわずか2.7%と低く、全体の3%未満です。

わかりやすく表でまとめると以下の通りです。

年代割合(%)
20代2.7
30代13.3
40代33.8
50代50.1

最近では、60歳以上のエンジニアも増えており、特に40代以上の中高年エンジニアが市場において一定の割合を占めていることが分かります。

>> 50代フリーランスエンジニアの需要と将来性

関連記事

50代でもフリーランスエンジニアになれるのか、そしてどのように仕事を獲得していくべきかは、多くの人が関心を持っています。実際、近年では50代のフリーランスエンジニアが増加傾向にありますが、年齢が上がることで受注できる仕事が激減すると[…]

フリーランスエンジニアの実態は厳しい!

フリーランスエンジニアの実態は?

フリーランスエンジニアの現実は厳しく、その末路は悲惨だと言われることが少なくありません。

営業活動ができず収入が安定せず、タスク管理ができず健康を害したり、継続案件をもらえず、未経験に近い状況で独立してしまったり、有事の時に解決できなかったりしますが、一方、相対的に成功したエンジニアも一定数存在し、その成功者には共通点があります。

成功したフリーランスエンジニアは、技術力を磨き続け、営業活動を行うことで収入源を確保しています。

楽して稼ぎたい人や、営業力やスキルが乏しい人はフリーランスには向いていません。

独立して個人事業主になるためには、自分が積極的な営業活動と技術開発を行えるかどうかを振り返ることが重要です。

フリーランスエンジニアとして成功するためには、自己管理能力やコミュニケーション能力も大切です。

適切な健康管理やタスク管理ができるようになることで、健康を害するリスクを減らし、長期的に安定した働き方ができるようになります。

また、業界の動向に敏感であることも重要で、最新技術を取り入れながらスキルを向上させ続けることが求められます。

監修者

フリーランスエンジニアとして成功するためには、メンタル面も鍛える必要があります。失敗や挫折を乗り越える強い心が、独立して働く上での大きな武器となります。

フリーランスエンジニアはやめとけといわれる理由

フリーランスエンジニアはやめとけといわれる理由

フリーランスエンジニアには以下の2つの理由でやめておくべきとされます。

  1. スキルや実務経験が不足していると厳しい競争になる
  2. フリーランスの仕事は孤独を感じやすい

キルや実務経験が不足している厳しい競争になる

フリーランスエンジニアに求められる実務経験は3年以上が望ましいとされています。

スキル不足や経験の浅さは、案件獲得が難しくなり収入に影響を及ぼす可能性があるためです。

エンジニアはもちろん、IT業界全体の技術開発が複雑化しており、一筋縄ではいかない状況です。

最低限、Webアプリケーション開発ができるレベルが必要とされます。

フリーランスの仕事は孤独を感じやすい

フリーランスは、会社勤めと異なり孤独になりがちなのが一般的です。

会社勤めでは同僚や上司と協力し、問題解決ができますが、フリーランスは単独で行動することが多く、助け合いが難しいこともあります。

成功するためには、独力で問題に対処できる能力が重要です。

なぜフリーランスエンジニアになるのか?

フリーランスエンジニアのメリット

フリーランスエンジニアになることのメリットを解説します。

  1. 自分に適した仕事を選択できる
  2. 収入を向上させられる
  3. 経費を自由に使える

自分に適した仕事を選択できる

フリーランスエージェントに登録することで、仕事が見つからないリスクを避けることができます。

フリーランスエージェントのメリットはいくつかありますが、主な6つは以下の通りです。

  1. スキルと経験に合った仕事を紹介してもらえる。
  2. 一般募集案件に応募できる。
  3. 担当エージェントに仕事や働き方について相談できる。
  4. 単価が高く継続前提の案件が多い。
  5. 正社員並みの待遇を得られるエージェントサービスも存在する。
  6. 仕事探しのストレスが軽減される。

ただし、エージェントサービスによって特徴や利点、欠点が異なるので、自分にマッチしたサービスを見つけて登録しましょう。

収入を向上させられる

フリーランスエンジニアにとって、スキルを磨き高単価案件を獲得することが重要です。

多くの低単価や条件面の悪い仕事を受けるより、単価が高い仕事で収入を安定させることができます。

稼働時間を増やさずに収入をキープし、より質の高い働き方を実現しましょう。

>> フリーランスの平均年収と中央値

関連記事

「フリーランスって稼げるの?」「フリーランスを目指したいから稼げる職種が知りたい」「年収アップするにはどうするべき?」フリーランスとして働き始めた方やフリーランスになることを検討している人は、このような疑問を抱えてい[…]

フリーランスの平均年収と中央値は?年収アップ方法も解説

経費を自由に使える

フリーランスエンジニアは、日々の出費を経費とプライベートに分けることができます。

在宅勤務時には家賃や水道光熱費の一部を、出社時には交通費や衣服費の一部を経費計上できます。

さらに、ビジネスに不可欠なパソコンや周辺機器の購入などの大型出費も経費にすることが可能です。

フリーランスエンジニアのデメリット

フリーランスエンジニアのデメリット

フリーランスエンジニアのデメリットを解説します。

  1. 業務委託契約が主で社会的信用が得られにくい
  2. 社会保険料は全額自己負担
  3. リスクやトラブルも自分で対処する

業務委託契約が主で社会的信用が得られにくい

フリーランスはITエンジニアだけでなく、社会的信用が低いデメリットがあります。

会社員と違い、収入の保証がなくいつ無収入になるか不確定です。

銀行や不動産ローンの審査が厳しくなり、クレジットカードや賃貸契約の申請も通りづらくなることがあります。

社会保険料は全額自己負担

フリーランスエンジニアは、所得次第で税金や保険料が会社員より高額になることがあります。

控除の種類が限られ、給与所得控除より少ない額しか適用されないためです。

また、国民健康保険や国民年金の扶養制度がないため、家族分の保険料も納付が必要です。

これに加え、福利厚生がない点もデメリットとなります。

しかし、仕事に関わる出費を経費として計上することで、課税所得額を抑える工夫が求められます。

リスクやトラブルも自分で対処する

フリーランスエンジニアは、仕事の全てを自己責任で進める必要があります。

トラブル時に支援する同僚はいないため、自分で問題を解決しなければなりません。

受注から契約、納期管理、成果物まで全てが直接収入に影響するので、仕事とプライベートのバランスを適切に取らないとフリーランスとして成功することは難しいです。

ですが、自分のペースで働けるメリットも大きいです。

フリーランスエンジニアに向かない人の特徴

フリーランスエンジニアが苦手な人の特徴は、以下の通りです。

  1. 意思疎通が難しい人
  2. 営業が苦手な人
  3. 自己成長ができない人
  4. スキルや実務経験不足の人
  5. 会社勤めに満足する人

それぞれの特徴を具体的に解説します。

意思疎通が難しい人

フリーランスエンジニアには意思疎通能力が必要です。

なぜなら、クライアントの意図を理解し仕事に反映させることが求められるからです。

フリーランスは単独行動ではあるものの、人とのコミュニケーションがないわけではありません。

会社員のような社内コミュニケーションは少ないものの、発注先であるクライアントと最低限の接触が発生し、業務を遂行するうえで彼らの要望を聞き取り、適切に対応する能力が求められるのです。

営業が苦手な人

フリーランスエンジニアは、営業力がなければ成功しづらいのが現実です。

技術力だけでは収入を得られません。

自分で仕事を探し、お金を生み出さなければならないからです。

これはクラウドソーシングを副業にする場合も同様です。

ただ登録して待っていても、仕事が舞い込むことはありません。

自己アピールが重要で、自分の強みや受注可能な金額を明確に伝えられるかが、クライアントから選ばれるカギとなります。

営業が苦手であれば、会社員として働き続けるのが無難だと考えられます。

自己成長ができない人

不勉強で成長しない人はフリーランスエンジニアに不向きです。

新技術の提供が必要で、競合に負けないためにも自身のアップデートが欠かせません。

時代遅れなスキルのエンジニアはニーズ減少し、フリーランスとしての価値が失われるでしょう。

スキルや実務経験不足の人

フリーランスエンジニアには、実務経験が必要です。

スキル不足の人には向かない分野で、3年以上の経験と実績が望まれます。

収入確保のためのネットワークも大切です。

会社勤めに満足する人

現在の会社勤めに満足している人は、フリーランスエンジニアに転身することはお勧めできません。

フリーランスには自由と引き換えに多くの煩わしい業務が付き物で、特に収入源の確保が大きな壁となります。

また、上司や同僚がサポートしてくれる環境も期待できないため、自分で全てを管理する必要があります。

さらに、商売道具となるデバイスや場所の確保、設備投資も避けて通れない道です。

フリーランスになると環境が大きく変化し、初期投資がかかることを考慮すべきです。

監修者

もし現在のサラリーマン生活に不満がなければ、無理に脱サラすることは避け、別の会社で会社員エンジニアとして働くことも検討してみてはいかがでしょうか。そうすることで、より良いキャリアパスが開けるかもしれません。

フリーランスエンジニアの3つの働き方

フリーランスエンジニアの3つの働き方

フリーランスエンジニアの働き方について、以下の3つがあります。

  1. 常駐型
  2. 在宅型
  3. 個人開発型

常駐型

常駐型とは、契約先の現場に赴いて業務を遂行する働き方で、3ヶ月や6ヶ月などの契約期間が設定され、更新や再契約が行われることが一般的です。

給料は契約期間ごとに支払われ、常駐型のメリットとして、継続案件の受注がしやすい、大手企業の案件獲得が容易、収入の安定性、多様な開発経験が挙げられます。

ただし、時間や場所の制約があるため、会社員に近い働き方となります。

在宅型

在宅型は、個別のプロジェクトでクライアントと契約し、リモートワークで業務を行う働き方で、フリーランサーにとって最も一般的です。

報酬は成果物や業務遂行に対して支払われ、自分で案件や仕事量を調整しやすく、働く場所や時間を自由に選べるメリットがあります。

しかし、リモート型は自由度が高い一方で収入が安定しないことが欠点として挙げられるため、注意が必要です。

個人開発型

個人開発型は、独自のシステム開発を自力で進める働き方を指し、会社に所属することなく自分の意見を取り入れやすく、自由な開発が可能です。

さらに、新しい技術開発へのチャレンジも可能なため、スキルアップやポートフォリオの構築を望む方におすすめの働き方です。

しかしながら、個人開発型には時間の確保が難しいというデメリットもありますし、開発プロジェクトによっては資金が必要になることも考慮しなければなりません。

総じて、個人開発型は自由度が高くスキル向上を目指す方に適した働き方ですが、時間や資金の調整が求められるため注意が必要です。

フリーランスエンジニアで後悔しないための事前準備

フリーランスエンジニアで後悔しないための事前準備

フリーランスエンジニアになる前に最低限の準備が必要です。

以下の6つを事前に準備して、後悔のない転身をしましょう。

  1. 不足スキルの習得
  2. クレジットカードの作成
  3. クラウドソーシングへの登録
  4. エージェントサービスへの登録
  5. エンジニア仲間とのつながり
  6. 情報発信媒体を用意

これらを整えることで、スムーズなフリーランスエンジニアライフが始まります。

不足スキルの習得

フリーランスエンジニア転身前に、足りないIT技術を習得しましょう。

IT業界でスキルや実務経験不足は、仕事獲得に大きな壁となります。

フリーランサーには収入ネットワーク拡大の営業力も要求されます。

単に技術力だけでなく、営業活動もこなせずには生計が立ち行かないでしょう。

営業が苦手な場合も、クラウドソーシングを活用し自己PRができる勇気ある行動が大切です。

クレジットカードの作成

フリーランスには正規雇用と比べ社会的信用が低いため、在職中にクレジットカードを作っておくことが重要です。

独立後もパソコンや作業デスクなどの設備投資やローン組みに役立ちますが、フリーランスになると銀行カードローンの審査が厳しくなるため注意が必要です。

クラウドソーシングへの登録

フリーランスエンジニアにとって、クラウドソーシングサービスは案件獲得の強力な味方です。

これらのサービスは多様な業種の人材と発注者をマッチングさせ、特に経験が浅いエンジニアにとっては貴重な仕事の機会を提供してくれます。

会社員時代から副業としても活用でき、自分のスキルを広げることが可能です。

おすすめのクラウドソーシングサービスはクラウドワークス、クラウドテック、WEBLANCEなどで、これらを活用することで独立したばかりのフリーランスエンジニアもしっかりと収入を得られるチャンスが広がります。

キャリアを積むまでの間、クラウドソーシングを上手に活用し、収入源をどんどん広げていくことが重要です。

【補足】

過去の実績としてアピールできる作品を用意しておくことが大切です。

これによって、クラウドソーシングでの仕事が増え、さらに高い評価を受けることができます。

フリーランスエンジニアは、クラウドソーシングサービスの助けを借りて、自分の市場価値を高め、業務を継続していくことができるので、積極的に活用しましょう。

>> おすすめのクラウドソーシングサイト

エージェントサービスへの登録

フリーランスエンジニアにとってエージェントサービスの活用はおすすめです。

エージェントサービスはクラウドソーシングサイトに似ていますが、営業活動が苦手な方でも安定して仕事を受注しやすく、キャリアプラン相談や福利厚生が受けられることもあります。

ただし、エンジニア未経験者には向かないことや、現地での業務遂行が一般的で自由度が低いというデメリットもあります。

エージェントサービスでは、希望する案件や実績、スキルをヒアリングして仕事を提案してもらえるので、クラウドソーシングに比べて収入が安定しやすく、ユーザーの満足度も高いです。

しかし、エンジニア未経験者の場合や、時間が抑制されるなどの欠点もあることを理解しておくことが重要です。

→横スクロールできます
おすすめエージェント支払いサイトおすすめの人/特徴案件のジャンルマージン率公式サイト
(全て完全無料)
レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
\業界催促/
15日
業界トップクラスの案件数
②登録者数10万人超えのNo.1エージェント
③大企業案件が豊富だから単価が高い
エンジニア、マーケター、高スキルのライターおよそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://freelance.levtech.jp/
案件数:約40,000
ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ
35日①週2日から働ける副業案件が豊富
②2022年の支持率No.1
③エンド直だから高単価が多数
エンジニア、マーケター非公開公式サイトはこちら
https://itpropartners.com/
案件数:約5,100

エンジニア仲間とのつながり

エンジニア専用のコミュニティに参加することは、多くのメリットを享受できる素晴らしい選択です。

まず、人脈が広がり、仕事の獲得がしやすくなることが期待できます。

仲間との交流により、仕事上のトラブルや課題の解決が容易になり、不安解消や意欲向上につながるでしょう。

そして、フリーランスの方々には特に、コミュニティが仕事上の課題解決やモチベーションアップに役立ちます。

フリーランスは単独行動が主流となるため、孤独感がつきまとうことが多いです。

このような時に、同じ志を持つ仲間の存在は心強いものとなります。

仲間やライバルとの交流があると、モチベーションやスキルアップにもつながります。

個人で頑張るよりも、積極的にコミュニティを活用してレベルアップを目指しましょう。

監修者

コミュニティ内で共に切磋琢磨し、業界全体のレベル向上に貢献しながら、自分自身の成長を促進していくことが大切です。

今すぐエンジニア専用のコミュニティに参加し、より充実したキャリアを築きましょう。

情報発信媒体を用意

ブログやSNSを活用して情報配信し、仕事受注も可能です。

クラウドソーシングやエージェントサービスと併用し、実績が積まれた後は独自メディアでの仕事受注をすることが効果的な働き方の一つです。

まとめ|フリーランスエンジニアを目指すなら入念な準備をしよう!

フリーランスエンジニアに転身する前には、ITスキルの補完や収入源の確保が重要です。

マッチングサービスへの登録や、安定した雇用契約を利用してクレジットカード作成などの手続きを進めましょう。

また、個人事業主になると確定申告が必要ですので、基本的な知識を独立前に身につけておくことが望ましいです。

→横スクロールできます
おすすめエージェント支払いサイトおすすめの人/特徴案件のジャンルマージン率公式サイト
(全て完全無料)
レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
\業界催促/
15日
業界トップクラスの案件数
②登録者数10万人超えのNo.1エージェント
③大企業案件が豊富だから単価が高い
エンジニア、マーケター、高スキルのライターおよそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://freelance.levtech.jp/
案件数:約40,000
ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ
35日①週2日から働ける副業案件が豊富
②2022年の支持率No.1
③エンド直だから高単価が多数
エンジニア、マーケター非公開公式サイトはこちら
https://itpropartners.com/
案件数:約5,100