フリーランスエンジニアで年収2000万円を稼ぐ方法

監修者

WEBBOX合同会社

CEO

江波戸純希

江波戸純希は日本で海外就職の転職支援をサポート実績のある人物で、外国語大学の神田外語大学の出身。フリーランス経験をもとにフリーランスマッチングサイト「WEBLANCE(ウェブランス)」も開発。WEBBOX合同会社の代表・CEOでもあるが、フリーランスとしても活躍中。大手メディア「mybest」などで記事の監修も担当。厳選な審査の上、プロの専門家が掲載される「マイベストプロ」にも紹介。また、フリーランスと企業のマッチング支援も行っているため、職業紹介責任者講習の資格も保持している。その資格証拠はこちら

「フリーランスエンジニアで年収2000万円稼げるの?」

フリーランスエンジニアになれば年収が上がることは本当ですが、それにはスキルや経験が重要です。

年収2,000万円を達成するには、幅広い技術力や問題解決能力を持っていることが求められます。

また、求人情報をチェックし、自分に適切な案件を見つけることも大切です。

稼げるようになると税金の問題が気になりますが、税理士のサポートを受けることで安心して継続できます。

フリーランスエンジニアとして成功するためには、自分のスキルを磨くことと、適切な案件やチャンスを逃さずキャッチすることが重要です。

この記事では、高収入を目指しフリーランスエンジニアとして活躍するためのポイントや、仕事内容、求人情報の一例、必要なスキルを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。


LINE友達追加キャンペーン

フリーランスエンジニアは年収2,000万円稼げる?

フリーランスエンジニアは年収2,000万円稼げる?

年収2,000万円を想像すると、豊かな生活が目に浮かびます。

今回、年収2,000万円を実現している人物と、フリーランスエンジニアがその金額を達成できる可能性やについて説明します。

  1. 年収2,000万円稼いでる人
  2. フリーランスエンジニアは年収2,000万円を実現できる

年収2,000万円稼いでる人

年収2,000万円を達成している人は、特定の職業や分野で成功を収めている人が挙げられます。

その人の職業や役職、さらには専門性や市場価値に大きく依存し、高収入を実現するためには、それ相応の貢献や実績が求められるからです。

具体的には、一部のサラリーマン、トレーダーやファンドマネージャー、会社の社長・最高執行責任者、そして一流プロスポーツ選手です。

年収2,000万円という高収入を得るためには、特定の分野での高い専門性や成功が重要となります。

フリーランスエンジニアは年収2,000万円を実現できる

結論、フリーランスエンジニアは年収2,000万円の実現が可能です。

平均年収の相場は500万円〜1500万円とされていますが、経験やスキルによって、年収3000万を超える人もいます。

通常の会社員エンジニアより高い年収を得られる理由は、自らの実力や経験に合わせて仕事を広げていける点にあります。

複数の案件をチームでこなしたり、高額案件を狙って働くこともでき、自分に合った働き方を選べるため、年収2,000万円は可能な職種と言えます。

フリーランスエンジニアで2000万稼ぐ人の特徴

フリーランスエンジニアで2000万稼ぐ人の特徴

年収2000万円を稼ぐフリーランスエンジニアの仕事内容や求人例、また高収入を得るためのスキルや業務範囲、求められる経験などを解説します。

成功の秘訣を探っていきましょう!

  1. 年収2000万を稼ぐフリーランスエンジニアの業務内容
  2. 年収2000万を稼ぐフリーランスエンジニアの必須スキル
  3. フリーランスエンジニアが年収2000万を稼げる求人内容とスキルセット

年収2000万を稼ぐフリーランスエンジニアの業務内容

フリーランスエンジニアが年収2000万円を目指すには、高い技術力と信頼が欠かせません。

その道で成功する可能性のあるエンジニアの職務は以下の通りです。

  1. システム開発
  2. コンサルティング
  3. セキュリティ専門家
  4. データサイエンティスト
  5. AI・機械学習エンジニア
  6. ブロックチェーンエンジニア
  7. ゲームエンジニア
  8. デベロッパー向けツール開発

これらの分野で実績を積むには努力が必要ですが、報われることでしょう。

年収2000万を稼ぐフリーランスエンジニアの必須スキル

システムエンジニアやプログラマーとして活躍するためのスキルは多岐にわたります。

以下にわかりやすく表でまとめました。

項目説明
専門技術力最新のプログラミング言語やフレームワーク、クラウドサービスに精通していることが必要。
コミュニケーション能力顧客や他のエンジニアと円滑にコミュニケーションを取ることは、案件の品質と進行に大きく影響する。
問題解決能力複雑な技術的課題を効率的に解決する能力。高評価を得るための鍵。
マネジメント能力チームのリーダーやプロジェクトマネージャーとして活動する際に、プロジェクトの進行やメンバーのマネジメントスキルが求められる。

フリーランスエンジニアが年収2000万を稼げる求人内容とスキルセット

フリーランスエンジニアの方へ、2000万円以上を達成できる可能性がある求人を紹介します。

募集内容の一部も紹介しますので、ご自身のスキルと照らし合わせて、高年収が狙えるかどうか確認してみてください。

求人分野ポジション・スキル要件
AI・機械学習エンジニア・経験豊富な機械学習エンジニア
・深層学習に精通しているエンジニア
・自然言語処理に関するプロジェクトに携わるエンジニア
ブロックチェーンエンジニア・スマートコントラクトの実装経験があるエンジニア
・ブロックチェーンの開発経験があるエンジニア
・デジタルアイデンティティ開発に携わるエンジニア
ゲームエンジニア・ゲームクリエイター向けのツール開発エンジニア
・Unityを使用した開発経験があるエンジニア
・オンラインゲームの開発経験があるエンジニア
デベロッパー向けツール開発・プログラマ向けのツール開発エンジニア
・オープンソースの開発経験があるエンジニア
・DevOpsツールの開発に携わっていただけるエンジニア

これらのポジションは、高いスキルを持つフリーランスエンジニアにとって、2000万円以上の年収が狙える可能性があります。

ぜひ自身のスキルとこれらの求人を照らし合わせ、高年収を目指してチャレンジしてみてください。

年収2,000万円の生活水準について

年収2,000万円の生活水準について

高収入を得ると、生活レベルも上がることが一般的です。

  • 住居: 住まいのグレードアップや立地の良い場所への移住が考えられます。
  • 保険: 保障を充実させたり、投資型の保険を考えることも。
  • 投資: 資産の増加に伴い、投資の範囲や額も増える可能性があります。

特に家は一生ものの買い物とされ、年収2,000万円でも収支バランスが重要です。

フリーランスエンジニアとして2,000万円を稼いでいる場合、どれだけの家を購入し、生活レベルを維持できるか解説します。

  1. 年収2,000万円の人は1億円の家を買うことができる
  2. 住宅ローン減税を活用しよう
  3. 年収2,000万円の家賃相場は月40万程度
  4. プライベートは意外と倹約傾向

住宅ローン減税も確認し、家賃相場を参考に、意外と質素な生活が予想されます。

年収2,000万円の人は1億円の家を買うことができる

年収2,000万円の世帯は、住宅ローンの目安として1億円を借りられます。

金融機関はほとんどが1億円を上限として決めており、適切な頭金を用意すれば1億円の住宅ローンで家を購入可能です。

東京で1億円で購入できる家は、一戸建てなら4LDK、マンションなら2LDKが一般的です。

この情報をもとに、予算に合った家を見つけましょう。

住宅ローン減税を活用しよう

住宅ローン減税(住宅借入金等特別控除)は、10年間、住宅ローン残高の0.7%が所得税から控除される制度です。

所得税で十分な減税が受けられなかった場合、住民税からの控除も受けられます。

消費税増税に伴い、控除期間は13年に延長されましたが、2022年から控除率は0.7%に下がりました。

※以前は1割

この減税措置は大変有益ですが、世帯所得が2,000万円以上の人は適用されませんので注意が必要です。

所得控除後の金額が2,000万円以上の場合も対象となるため、確認しておきましょう。

年収2,000万円の家賃相場は月40万程度

年収2,000万円の方の家賃相場は、月40万円程度とされています。

一般的なサラリーマンの平均年収よりも高いため、その収入を背景にした生活水準も高くなることが期待されるからです。

例えば、東京都心部では40万円の家賃で高級マンションや広い間取りの物件に住むことができます。

家賃相場は場所や家族構成により変わりますが、設備、セキュリティなどの面で一般的に高いクオリティの家に住むことができます。

プライベートは意外と倹約傾向

フリーランスエンジニアで2,000万円を稼ぐ人は、プライベートでの生活は意外と倹約家の傾向があります。

仕事が忙しいため、プライベートの時間が犠牲になり家でくつろぐだけが多いです。

しかし、お金を稼ぐ大変さを理解しており、賢く自己投資や教養の向上に使うことを優先する傾向があります。

高収入のフリーランスエンジニアでも、プライベートでは意識的に賢い選択をして生活していることが多いのです。

年収2,000万円以上稼ぐ人の割合

年収2,000万円以上稼ぐ人の割合

年収2,000万円は到達が難しい目標ですが、全国でどのくらいの達成者がいるのか、人数や割合を探っていきます。

さらに年収2,500万円超えの人と年収2000万のフリーランスエンジニアについてもそれぞれの人数と割合を調査し、解説します。

  1. 年収2,000万円以上の人は約145人に1人
  2. 年収2000万のフリーランスエンジニアの割合

年収2,000万円以上の人は約145人に1人

日本の労働人口の中で、年収2,000万円以上を稼いでいる人はわずかであり、約145人に1人の割合となっています。

財務省「民間給与実態統計調査」によれば、年収0~500万円の労働者が労働人口の約70%を占める一方、年収2,000万円以上の人はわずか0.37%でした。

さらに年収2,500万円超えの人は、全体の0.3%で、約350人に1人しかいない結果となりました。

したがって、年収2,000万円以上を稼いでいる人は、労働人口の中で非常に少数派であると言えます。

年収2000万のフリーランスエンジニアの割合

フリーランス白書2019」によると、フリーランスエンジニアの中で年収2000万以上を得ているのは、全体の約1.5%です。

フリーランスエンジニア全体の中で高収入層に入るこの割合は、特定のスキルや経験が高く評価されるためと考えられます。

特に、上流工程に関わる仕事や市場で需要が高い特定のプログラミング言語の経験が評価される傾向があります。

フリーランスエンジニアとして高収入を目指す場合は、特定のスキルや経験を積むことが成功の鍵となります。

年収2000万を達成するフリーランスエンジニアの具体的な方法

年収2,000万円を達成する方法

年収2,000万円は狭き門ですが、実現するためにはいくつかの要素が重要です。

  1. 実績を積みスキルを上げる
  2. 自身の強みを活かし、差別化を図る
  3. 円滑なコミュニケーション力
  4. 信頼を築き、上流工程の仕事を担う
  5. チームで仕事を行い、効率よく年収アップ
  6. 市場調査の実施
  7. 交渉技術を磨く
  8. アンテナをはり、常に進化し続けること
  9. フリーランスエージェントの利用

年収2000万円を達成するための最も重要な要素は、継続的な努力と学びの姿勢です。

新しい知識や技術を日々取り入れ、自分自身を成長させることで、目標の年収を達成することができるでしょう。

具体的な方法を、以下にわかりやすく表でまとめました。

項目方法
実績を積みスキルを上げる実務経験を活かして、受注できる案件の内容や報酬を向上させる。具体的な実務経験を提供し、クライアントとの信頼関係を築く。
自身の強みを活かし、差別化を図る特定の分野に詳しくなることで、その分野での独自性を発揮し、受注率を向上させる。
円滑なコミュニケーション力フリーランスエンジニアとしても人との関わりが重要。良好なコミュニケーション力で、仕事をスムーズに進める。
信頼を築き、上流工程の仕事を担う多くの案件を効率的に処理し、信頼を築くことで、より大きなプロジェクトの上流工程を任される可能性が高まる。
市場調査の実施平均報酬や市場の動向を知り、自分のスキルや経験に見合った単価を設定する。
交渉技術を磨く高い単価の案件を獲得するために、クライアントとの交渉技術を磨く。
チームで仕事を行い、効率よく年収アップ大きなプロジェクトはチームで取り組む。メンバーからの次の仕事や別プロジェクトへの参加依頼も期待でき、効率化につながる。
アンテナをはり、常に進化し続けること最新情報を取り入れ、技術力を磨く。難易度の高い案件への挑戦も大切で、様々な状況に適応できる力を身につける。
フリーランスエージェントの利用自分のスキルや経験を明確に伝えることで自分に見合う案件の獲得がしやすくなる。

実績を積みスキルを上げる

フリーランスエンジニアにとって、実務経験は自分を売り込む上で非常に重要で、受注できる案件の内容や報酬に大きく影響します。

あなたがどの程度の仕事ができるかを明確に示せば、受注元との良好な関係が築けるでしょう。

さらに、受注内容と実務経験がマッチしている場合、継続的な仕事を受けるチャンスにも繋がります。

そして、それが更に高単価な案件を紹介してもらえる可能性にも繋がります。

現在会社員としてSE(システムエンジニア)やプログラマーを務めている方は、副業で同業の仕事を受けることもおすすめです。

実際、SE人材が不足している現状を考慮すると、時間の拘束はあるものの、副業で年収1,000万円を稼ぐ人もいるのです。

総じて、実務経験を活かすことで、フリーランスエンジニアとして成功へと繋げることができるでしょう。

自身の強みを活かし、差別化を図る

会社員として働くことで特定の分野に詳しくなり、コアな内容でも多くの需要があります。

特化したシステム構築が可能であれば、独自性を持たせることで受注率が大幅に向上し、フリーランスエンジニアとしての自信やステップアップに繋がります。

独自の強みを活かして、市場で差別化を図りましょう。

円滑なコミュニケーション力

フリーランスエンジニアにとって、円滑なコミュニケーション力は極めて重要です。

フリーランスエンジニアも仕事の過程で人と関わる必要があり、繋がりやプロジェクト参加で仕事が成立します。

コミュニケーションが取れない場合、ミスや誤解が生じ、プロジェクトの進行に支障をきたす可能性も高まります。

専門知識だけでなく、コミュニケーション力で、円滑に仕事を進めることが仕事の質や結果に繋がります。

信頼を築き、上流工程の仕事を担う

フリーランスエンジニアは信頼を築き、上流工程の仕事を担当することで年収アップに繋がり、キャリアアップのチャンスを拡大させます。

多数の案件を効率的に処理し信頼を築くことで、上流工程の仕事が任される可能性が高まります。

プロジェクト全体を設計し、チームワークを促進しながら仕事をスムーズに進める上流工程を担当することで、継続的な依頼が期待できるため、年収アップの可能性が高まります。

コミュニケーション能力を養い、信頼を築くことで自身の成長や収入アップへ繋げましょう。

チームで仕事を行い、効率よく年収アップ

大きなプロジェクトは一人では無理ですが、フリーランスエンジニアとしてプロジェクトの一部を担うことは可能です。

これにより、次の仕事に繋げやすくなり、自分から営業する必要が軽減されます。

また、メンバーから別プロジェクトへの参加依頼があるかもしれません。

チームで仕事を行うことで効率化が図れ、年収アップにつながります。

ただし、新たなチームへの参加は容易ではないため、転職サイトを利用して案件に所属するのも良い選択です。

フリーランスエージェントを通じて、適切なプロジェクトチームを紹介してもらい、仕事を受けることができます。

市場調査の実施

フリーランスエンジニアの平均報酬や市場の動向を知ることは、適切な単価を設定するために重要です。

自分のスキルが市場で高く評価されている場合、それを知ることで自信を持って高い単価を要求することが可能となります。

新たに市場で需要が高まりつつある技術を早期にキャッチし、学習することで将来的な収入の増加を見込むこともできます。

最新のデータや情報を参考に、自分のスキルや経験に見合った単価を設定しましょう。

交渉技術を磨く

フリーランスエンジニアとして高い単価の案件を獲得するためには、クライアントとの交渉技術を磨くことが大切です。

自分のスキルや経験を適切に伝え、その価値を理解してもらうことが、双方にとって良好な関係を築く基盤となります。

過去の実績やクライアントからの評価を提示することで、自分の価値を具体的に示すことも効果的です。

自分のスキルや経験を適切にアピールし、交渉技術を磨き続けることが大切です。

アンテナをはり、常に進化し続けること

フリーランスエンジニアとして成功するためには、アンテナをはり、常に進化し続けることを心掛けましょう。

勉強を継続することは非常に重要で困難ですが必要不可欠です。

常に最新情報を取り入れ、技術力を磨いて時代の変化に対応できるように心掛けましょう。

難易度の高い案件への挑戦も大切で、様々な状況に適応できる力を身につけることが求められます。

勉強すべき3つ言語

エンジニアにとって重要なプログラミング言語を解説します。

JavaScript
JavaScriptは、Webページにダイナミックな機能を追加するために不可欠なプログラミング言語です。情報を送信したり、ユーザーの操作に応じて画面を拡大縮小したりする等、JavaScriptの力を借りることで、静的なWebページは対話型のプラットフォームに変わります。

HTMLやCSSだけでは、視覚的なデザインと構造を作ることが可能ですが、ユーザーとの対話的な動作はJavaScriptを通じて初めて可能になります。

今後もインターネットの存在は一層強固なものになるでしょうから、JavaScriptを習得することは、あらゆる分野でのパフォーマンスを向上させる重要なスキルとなります。

Kotlin
Kotlinは、現在業界内で大きな話題を集めているAndroidアプリケーション開発言語です。そのパフォーマンスと便利性から、LINEのような一部の大手企業では既に採用が始まっており、その結果、我々の日常生活に密接に関わるアプリケーション開発にも利用されています。

Kotlinの採用はまだまだ拡大の余地があり、多くの企業がその可能性を見て今からの採用を検討しています。これらの企業はKotlinの安定したパフォーマンスと高い生産性に注目し、将来的な技術投資としての位置づけをしています。

Python
Pythonは、そのコードの明瞭さと直感的な構文により、初心者がプログラミングを学び始める際の最適な言語と言えます。Pythonの特性は新たなプログラマーを挫折から遠ざけ、学習過程をスムーズに進められる環境を提供します。

また、その需要は日増しに増えており、Pythonを習得することで複数のプロジェクトに参加し、あらゆる業界で価値を提供できます。Pythonのスキルは広範であるため、今この言語を学ぶことは長期的な視点で見ても有益であり、あなたのキャリアにおいて持続的に活躍するための道具となるでしょう。

フリーランスエージェントの利用

エージェントの利用はフリーランスエンジニアとして良質な案件を獲得するために重要な手段です。

多くの企業やクライアントと直接繋がっているため、自分のスキルや経験を最大限に活かすことができる案件見つける可能性が高まります。

レバテックフリーランスなどの大手エージェントに登録し、自分のスキルや経験を明確に伝えることで自分に見合う案件の獲得がしやすくなります。

フリーランスエージェントを利用して適切な案件を獲得しましょう。

フリーランスエージェントを活用して年収2,000万円を目指そう

年収2,000万円を目指すフリーランスエンジニアとして成功するためには、フリーランスエージェントの力を借りましょう。

エージェントが営業活動を行うことで、高単価案件の受注が可能になり、収入アップが見込めます。

フリーランスエージェントは無料で利用でき、1社だけでなく複数のエージェントに登録が可能です。

複数登録により、多くの案件を見つけ、自分に適した仕事を探すメリットがあり、一般的には2社以上の登録が理想的とされています。

レバテックフリーランス:フリーランスエンジニア向け

レバテックフリーランス

・報酬単価が高い
・これからフリーランスを目指す人でもOK
・職務経歴書などの事前準備は不要

レバテックフリーランス」は、5,000社以上の企業から直接案件を保有しており、そのため大手企業の案件があることから、報酬単価が高い案件を多数揃えています。

また報酬単価が高い理由の一つに、仲介業者を一切介さないため、より高単価の案件を直接、あなたに提供できています。

これにより、あなたの専門スキルが真に評価され、報酬に反映されるのです。

レバテックフリーランスでは専任の担当者が案件の紹介から面談の日程調整、単価交渉、参画中のサポートまで全面的に行います。

実際に、利用者の満足度は92.6%と高い評価を得ているのも事実です。

公式サイトを見る

運営会社の会社概要
項目内容
社名レバテック株式会社
代表取締役岩槻 知秀
代表執行役社長高橋 悠人
資本金60,000,000円(資本準備金含む)
事業内容1. システムエンジニアリング事業
2. IT・Web領域における人材紹介事業
認定有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-308734、 労働者派遣事業 派13-308125、 プライバシーマーク認定番号 第10822633
設立2017年8月1日
株主レバレジーズ株式会社 (https://leverages.jp/business/it)

ITプロパートナーズ:エンジニア&マーケター&デザイナー向け

ITプロパートナーズ:エンジニア&マーケター&デザイナー向け

・週2日から働ける案件あり
・フリーランス全般の案件がある
・エンド直で高単価

ITプロパートナーズ」は、週2日から働ける案件を豊富に取り扱っています。

またリモートや時間がフレキシブルな案件などのフリーランスが他の案件とも並行しやすく、働きやすい柔軟案件を多く取り揃えています。

さらに会員登録した当日から使えるフリーランス向け報酬即日払いサービスの「ペイトナーファクタリング」と併せて利用することで、請求書をすぐに現金化することができるようになります。

公式サイトを見る

運営会社の会社概要
項目内容
会社名株式会社Hajimari
事業内容– ITプロパートナーズ事業
– 人事プロパートナーズ事業
– ファイナンスプロパートナーズ事業
– マーケティングプロパートナーズ事業
– intee事業
– TUKURUS事業
– メンタープロパートナーズ事業
– HR University事業
設立2015年2月26日
資本金1億円
代表取締役木村 直人
社員数128名(2022年11月時点 正社員・インターンのみ)
許認可– 有料職業紹介事業: 13-ユ-307288 <br> – 一般労働者派遣事業: 派13-306091
所在地東京本社: 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-16-10渋谷DTビル6階(総合受付)・9階
電話番号03-6450-6076(代表)
FAX03-6450-6077
intee専用03-6277-5980

年収2,000万円はいくら税金(所得税)を払う?

年収2,000万円でも手取り金額は異なります。

所得税や住民税などの税金が影響し、それぞれの金額が人によって違うためです。

正確な税額を知り、どれくらい納める必要があるか把握しましょう。

  1. 年収2,000万円の所得税と住民税

年収2,000万円の所得税と住民税

年収2,000万円の方は、所得税率が40%となります。

控除額が279万6,000円のため、2,000万円の40%からこれを引くと、5,204,000円の税額が発生。

更に復興特別所得税も加算され、合計5,313,200円の税金が課せられます。

結果、この時点での手取りは約1,500万円になります。

さらに所得税以外にも、住民税が一律10%の税率で約200万円の負担が生じます。

年収2000万円の各種支払い後の手残り金額

年収2000万円の各種支払い後の手残り金額

税金以外にも保険・年金の支払いがあります。

年収2,000万円の手取り金額を確認し、保険関連や年金の必要金額を把握しましょう。

各種保険について

保険の種類は以下の通りです。

  1. 介護保険
  2. 雇用保険
  3. 国民健康保険

<介護保険>

介護保険は、健康保険に上乗せし支払う制度です。

保険料は事業主との折半で半額負担する必要があります。

納付には法的義務があり、違反すると介護サービスが受けられなくなるだけでなく、法令違反にもなります。

保険料は健康保険組合ごとに異なるため、確認が必要です。

<雇用保険>

雇用保険は、働けなくなった場合に支援する制度です。

日常の生活の中で、けがや病気、失業という予期せぬ状況に助けてくれます。

生活を守るための給付が受けられるだけでなく、再就職活動を支えるサポートも得られます。

雇用契約中は保険料の支払いが必要です。

<国民健康保険>

国民健康保険は、特定の条件を満たす人々の医療をサポートするためのものです。

全ての国民が医療を受けられるようにするため被用者保険後期高齢者医療保険に加入していない方のための医療保険制度となります。

保険料の額やサービスの内容は、所在地や加入する国保組合によって異なります。

国民健康保険の詳細や保険料については、それぞれの市町村や国保組合に直接お問い合わせください。

各種年金について

年金は公的年金と個人年金の2種類が存在します。

公的年金には国民年金厚生年金があり、自営業者や学生、会社員などが加入します。

一方、個人年金は自ら加入し、将来一定の年金額を受け取れる制度で、20歳以上であれば誰でも加入可能です。

ただし、加入は義務ではなく補助的な年金と考えられています。

年収2,000万円の手取り額は約1,300万円程度

年収2,000万円の場合、手取り額は約1,300万円程度です。

所得税・住民税どの税金負担により、実際に受け取れる金額は年収から一定額が引かれることとなります。

年収2,000万円に近づくと税額負担が大幅に増えるものの、月額換算すると100万円以上の手取りで豊かな生活が送れます。

さらに節税対策を行うことで支出を最小限に抑え、より良い生活を実現できるでしょう。

年収2,000万円以上の人は確定申告が必須

年収2,000万円以上の人は確定申告が必須

国税庁のホームページによれば、年収2,000万円超の人は確定申告が必須です。

勤務先での年末調整が受けられないためです。

また、フリーランスの方も確定申告は必ず行わなければなりません。

ふるさと納税を活用し、計画的に節税しよう

年収2,000万円の人は、所得税や住民税で500万円以上の支払いが必要なため、節税対策が求められます。

注目の節税手段「ふるさと納税」では、希望の自治体に寄附し、返礼品として特産品を受け取れます。

実質2,000円で寄附が可能で、控除額は年収や家族構成により変わります。

年収2000万円の夫婦二人で、寄附上限額は最大で564,000円。

しかし、扶養家族や共働きの状況により変動します。

ふるさと納税サイトで状況に応じた寄附上限額を確認し、計画的に節税を行いましょう。

フリーランスエンジニアのメリット

フリーランスエンジニアのメリット

フリーランスエンジニアのメリットは、以下の5つです。

  1. スキルアップで収入を増やせる
  2. 自由に働ける
  3. 精神的ストレスの軽減
  4. 定年のないキャリア
  5. 好きな仕事を選べる

成功への鍵は自己研鑽と適切な仕事選びです。

これらについて、以下にわかりやすく表でまとめました。

スキルアップで収入を増やせる

フリーランスエンジニアは、高額案件や複数の案件を掛け持ちすることで、働いた分が収入に直結しやすい働き方です。

スキルを磨くことで、より高額な案件を獲得でき、年収アップが期待できます。

また、独自性のある技術を持つことで、他の人が対応できない案件を受けられ、単価の高い仕事ができます。

反対に、会社員エンジニアでは、会社の方針や受注状況によって、自分の能力が収入に直接反映されないことがあります。

そのため、自分のスキルに見合った収入を得るためには、フリーランスエンジニアがおすすめです。

今まさに、フリーランスエンジニアとして働くことを検討している方は、高単価案件を狙い、効率的な働き方を心掛けることが大切です。

このような働き方を通じて、自分の技術と収入を同時に向上させることができるでしょう。

フリーランスエンジニアは、スキルアップと収入アップのチャンスが溢れている魅力的な働き方と言えます。

自由に働ける

フリーランスエンジニアは、働き方を選べるメリットがあります。

働く場所や時間を自分で決めることができ、休日も都合に合わせて取得しやすくなります。

案件によっては、半分働いて半分休むことも可能です。

場所や時間に縛られず自由な働き方ができるため、直接会社に常駐して働くこともあれば、出勤時間を自分で決められることが多いでしょう。

精神的ストレスの軽減

フリーランスとして働くことは、精神的ストレスの軽減に繋がります。

会社での人間関係がストレスの原因であることが多いですが、フリーランスになれば嫌な相手とは無理に仕事をする必要がありません。

フリーランスエンジニアは出勤の強制がなく、クライアントと合わなければ案件を受注しなくても大丈夫です。

フリーランスの自由な働き方が、精神的負担を軽減させてくれます。

定年のないキャリア

フリーランスエンジニアに定年はなく、自由に働く選択ができます。

若い頃の経験と人脈があれば、好きな仕事だけを選べるようになり、老後に無理なく働けます。

会社員とは違い、再就職の悩みがありません。

安定した収入を得られるのが、フリーランスエンジニアの大きな魅力です。

好きな仕事を選べる

フリーランスエンジニアは好きな仕事を選ぶことができます。

独自のペースで働き、自分の得意分野や興味を持つ分野の案件に集中することができます。

嫌な相手や信用できないクライアントとの関係を強制されることなく、気の合うクライアントやプロジェクトチームと協力して業務を進めることができます。

好きな人と好きな仕事に囲まれて働くことが魅力的です。

フリーランスエンジニアのデメリット

フリーランスエンジニアのデメリット

フリーランスエンジニアには5つのデメリットも存在します。

  1. 収入の不安定さ
  2. すべての業務を自身で対応しなければならない
  3. 福利厚生の不足
  4. 社会的信用の獲得が難しい
  5. 案件獲得が困難

これらのデメリットを理解し、適切に対処することが重要です。

収入の不安定さ

フリーランスエンジニアは収入が不安定です。

会社員は、労働力の提供によって一定の報酬を得られますが、フリーランスエンジニアは納品を続けなければ対価を受けられません。

病気やケガで働けなくなった場合、収入はゼロになり信頼を失うこともあります。

この不安定さは、成果物を作って収入を得るフリーランスにとって最大のデメリットとなります。

すべての業務を自身で対応しなければならない

フリーランスエンジニアは煩雑な事務作業も自身で対応しなければなりません。

会社員は事務処理以外のサポートを受けられますが、フリーランスは経費管理・請求書作成・確定申告などを自分で行う必要があります。

しかし、現代のパソコンやオンライン技術を駆使すれば、これらのタスクが容易になります。

多数の便利機能を活用して効率的な業務遂行を目指しましょう。

福利厚生の不足

フリーランスエンジニアは福利厚生が不足しています。

福利厚生は、給与やボーナス以外の報酬やサービスで、従業員だけでなく家族も受けられるものです。

例えば、結婚・出産のお祝いや提携施設での割引などが含まれます。

フリーランスは直接福利厚生を受けられませんが、フリーランスエージェントを通じて社員並みの福利厚生を受けることが可能となります。

社会的信用の獲得が難しい

フリーランスエンジニアは社会的信用が低い点があります。

会社に所属しない場合、ローンやクレジットカード審査が厳しくなることが一般的です。

独立前にクレジットカードの準備や、フリーランス向け保証制度の調査をすることで、年収2,000万円以上でも証明が難しい不安定要素を回避できます。

社会的信用が低い弱点を補いながら、楽に生活ができるようにしましょう。

案件獲得が困難

今までの実績やポートフォリオを活用し、営業活動に取り組むことが重要です。

フリーランスエージェントにとって、案件の選び方も大切です。

依頼者の中には、ITに関する知識が乏しい年長者もいます。

彼らに対して、ITのメリットや利点をわかりやすく説明することが求められます。

時には、難しい処理が必要な案件でも安い値段で提示されることもありますが、適正価格を見極めましょう。

報酬額はプロジェクト予算や商流に依存しますので、自分にデメリットが生じないかも確認してから契約を行いましょう。

適切な選択と交渉が、フリーランスエージェントの成功への鍵となります。

【比較】会社員エンジニアとフリーランスエンジニアってどっちがいいの?

【比較】会社員エンジニアとフリーランスエンジニアってどっちがいいの?

フリーランスは自由度が高い一方、安定感は会社員に劣ります。

フリーランスエンジニアとしての収入は、獲得できる案件や単価、稼働時間により大きく変動します。

しかし、「フリーランスエンジニア やめとけ」や「フリーランスエンジニア 末路」といったネガティブなキーワードも見受けられます。

これは、安定した収入が得にくいというデメリットが影響している可能性があります。

会社員は安定した収入を得られるが、自由度が低いのが一般的です。

会社員エンジニアは月収やボーナスが確定しているため、収入面での安定感はあります。

しかし、その反面、仕事の自由度が低く、選べるプロジェクトや使用するプログラミング言語に制限が出ることも。

具体的な収入面でのメリット・デメリットを見てみましょう。

項目フリーランスエンジニア会社員エンジニア
メリット1. 高収入の案件獲得の可能性
2. 複数のプロジェクト参加
3. スキルに応じた業務選択
1. 定期的な収入保証
2. 福利厚生や保険利用
3. チームの一部としてシステム構築
デメリット1. 収入不安定
2. 営業やクライアント交渉必要
3. 保険料や税金の自己計算・支払い
1. 仕事の自由度制限
2. 給与や昇進の壁
3. 長時間労働の可能性

収入を最大化するためには、自分のスキルや経験、そして求めるライフスタイルをよく考え、適切な選択をすることが必要です。

2023年の市場予測とフリーランスエンジニアの将来性

2023年の市場予測とフリーランスエンジニアの将来性

技術の進化は常にフリーランスエンジニアの業界に大きな変化をもたらします。

今後の市場とエンジニアの未来を探ると、いくつかの特徴が見えてきます。

  1. リモートワークの普及とその影響
  2. 技術トレンドと市場の変動の予想
  3. 需要と供給のバランスとフリーランスの未来

リモートワークの普及とその影響

新型コロナウイルスの影響を背景に、リモートワークがフリーランスエンジニアの働き方改革を進めています。

新型コロナウイルスの流行がリモートワークの普及を加速させたことで、働く場所の自由度が格段に増しています。

リモートワークにより、地域や国を問わずにプロジェクトに参加することも可能となりました。

今後さらにフリーランスエンジニアの働き方は新しい可能性が広がっていくでしょう。

技術トレンドと市場の変動の予想

過去数年間、AIや機械学習、クラウドコンピューティングの発展は目覚ましく、2023年もこのトレンドは加速するでしょう。

特にエッジコンピューティングや量子コンピューティングが注目される年となりそうです。

また、持続可能なテクノロジーや環境に優しいITソリューションの需要が高まる中、グリーンITに対する注目度も増加しています。

これに伴い、フリーランスエンジニアが持つべきスキルセットも変化します。

新しい技術への適応能力や、既存技術との統合能力が求められるようになります。

需要と供給のバランスとフリーランスの未来

技術の変動と並行して、フリーランスエンジニアへの需要も拡大しています。

企業は、特定のプロジェクトや短期間のタスクのために、外部のフリーランスを雇用する傾向が強まっています。

これにより、特定のスキルや専門知識を持つエンジニアは更に価値を持つようになります。

一方、フリーランスエンジニアの数も増加しているため、競争は激化しています。

成功するためには、一つのスキルに特化するだけでなく、マルチスキルを持つことや、高いコミュニケーション能力、自己マーケティングのスキルが不可欠です。

まとめ|フリーランスエンジニアは年収2,000万円を目指せる

年収2,000万円を達成するために大事なことは以下の6つです。

  1. 実務経験を積むこと
  2. 希少性・独自性を持つこと
  3. コミュニケーション能力を高めること
  4. 上流工程の仕事に携わること
  5. チームを組んで案件を請け負うこと
  6. 常に勉強をすること

年収2,000万円を稼ぐ人は全体の0.37%ほどで、会社員時代よりも年収が増えた人も多くいます。

働き方改革が叫ばれる昨今、フリーランスの保障も充実しているので、事前準備をしっかりとして、年収2,000万円を稼げるフリーランスエンジニアを目指しましょう。

向上心を持ち、業務に一生懸命取り組むことが、年収2,000万円達成への近道かもしれません。

経験を積み、スキルを磨き、高収入を目指しましょう。

この記事を参考に、あなたも年収2,000万円達成を目指して頑張ってください。

→横スクロールできます
おすすめエージェント支払いサイトおすすめの人/特徴案件のジャンルマージン率公式サイト
(全て完全無料)
レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
\業界催促/
15日
業界トップクラスの案件数
②登録者数10万人超えのNo.1エージェント
③大企業案件が豊富だから単価が高い
エンジニア、マーケター、高スキルのライターおよそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://freelance.levtech.jp/
案件数:約40,000
ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ
35日①週2日から働ける副業案件が豊富
②2022年の支持率No.1
③エンド直だから高単価が多数
エンジニア、マーケター非公開公式サイトはこちら
https://itpropartners.com/
案件数:約5,100
レバテッククリエイター
レバテッククリエイター
15日①業界トップクラスの高単価案件保有
②高スキルお持ちの方はさらに高待遇
③最短2日で稼働できる
Webデザイナー、クリエイター、動画編集or制作およそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://creator.levtech.jp/
案件数:約40,000