フリーランスエンジニアのデメリットとメリットを解説

「フリーランスエンジニアのデメリットは何?メリットはある?成功する方法は?」

このような悩みを持っている方へ、この記事ではフリーランスエンジニアのデメリットとメリットを解説します。

最後まで読むことで、独立リスクや成功方法がわかります。

監修者
フリーランスと会社員、どちらが向いているか、メリット・デメリットを比較し検討しましょう。
▼フリーランスにおすすめサイト▼

ITプロパートナーズITプロパートナーズ」は、フリーランスエージェントでWEBマーケターやWEBデザイナー、ITエンジニアの案件紹介をしているITフリーランスエージェント支持率No.1(2021年7月期)のフリーランス案件を探せるサイトです。

週2日から働ける仕事も多く、エンド直の案件が多いので高単価案件が多いのが特徴です

利用には料金が一切かからず、面談の日程調整や単価交渉、参画中の悩みや相談などのサポートなど完全無料で利用いただけます。
  1. 登録者55,000人を突破
  2. はじめて/これからのフリーランスでもOK!!
  3. 企業の評判を事前確認できる

\ たったの60秒で登録完了 /

無料ですぐに登録する

フリーランスエンジニアはやめとけと言われるデメリット7つ

フリーランスエンジニアのデメリット7つ

フリーランスエンジニアのデメリットは7つあります。

  1. 仕事の保証がなく収入が安定しない
  2. スキルのないエンジニアは低単価の仕事しか受けれない
  3. 社会的信用が低い
  4. 全て自己責任
  5. 本業以外の事務仕事が多い
  6. 税金や保険料が会社員よりも高額
  7. 教育環境がなく、独学でスキル習得が必要

これらについて、以下にわかりやすく表でまとめました。

フリーランスエンジニアのデメリット説明
仕事の保証がなく収入が安定しない好条件の案件が受注できるわけではなく、取引先の都合や景気により仕事を失うリスクがある
スキルのないエンジニアは低単価の仕事しか受けられない高いスキルを持つことが重要。スキルのないエンジニアは収入向上のチャンスが限られる
社会的信用が低い銀行や不動産ローンの審査が厳しくなり、クレジットカードや賃貸契約の申込みも通りにくくなる
全て自己責任トラブルがあっても同僚のフォローはない。仕事受注、契約条件、納期、成果も自己責任
本業以外の事務仕事が多い営業、帳簿付け、確定申告、様々な手続き等が増える
税金や保険料が会社員よりも高額利用できる控除が限定的であり、利益に応じて税金や保険料が会社員よりも高額になることがある
教育環境がなく、独学でスキル習得が必要教育環境がなく、独学でスキル習得が必要。自分の技術の客観的評価が難しい

仕事の保証がなく収入が安定しない

フリーランスエンジニアのデメリットは、仕事の保証がなく収入が安定しないことです。

好条件の案件が安定的に受注できるわけではありません。

取引先の都合や景気により仕事を失うリスクがあります。

複数のクライアントをキープし、安定した仕事を確保することが大切です。

スキルのないエンジニアは低単価の仕事しか受けれない

フリーランスエンジニアは、スキルのないエンジニアは低単価の仕事しか受けられないデメリットがあります。

クライアントは即戦力になる能力を求めるため、スキルがないと収入向上のチャンスが限られます。

日々の業務以外にも最新の技術を吸収したり、資格取得を行うことが大切です。

高いスキルを身につけ、高単価の案件を受けれるようにしましょう。

社会的信用が低い

フリーランスは、社会的信用が低いデメリットがあり、ITエンジニアや他の業種でも共通しています。

会社員と違い、収入の保証がなく、無収入になるリスクがあります。

銀行や不動産ローンの審査が厳しくなり、クレジットカードや賃貸契約の申込みも通りにくくなります。

審査が必要な契約は、フリーランスになる前に済ませることが重要です。

全て自己責任

フリーランスエンジニアは全て自己責任です。

トラブルがあっても同僚のフォローはありません。

仕事受注、契約条件、納期、成果も自己責任で収入に影響します。

自分のペースで働くメリットは大きいが、仕事とプライベートの管理能力がないとフリーランスでの成功は難しいです。

本業以外の事務仕事が多い

フリーランスエンジニアのデメリットとして、本業以外の仕事が多いことが挙げられます。

案件獲得の営業、帳簿付け、確定申告など様々な手続きが含まれます。

時には本業を中断し雑務をこなさなければならない場合もあり、仕事量が減ると収入も減ってしまいます。

定期的に事務仕事を片づけることが重要です。

税金や保険料が会社員よりも高額

フリーランスエンジニアは、所得に応じて税金や保険料が会社員よりも高額になることがあります。

利用できる控除が限定的であり、給与所得控除額が会社員に比べて少ないためです。

さらに、国民健康保険国民年金の扶養制度がないため、家族分の保険料を支払わなければならない場合もあります。

コストが高く、福利厚生が乏しい点がフリーランスエンジニアのデメリットとなる一方で、仕事に関連する出費は経費として計上できるため、課税所得額を抑える工夫が重要です。

教育環境がなく、独学でスキル習得が必要

フリーランスエンジニアは教育環境がなく、独学でスキル習得が必要です。

同僚との意見交換や新アイディアに触れる機会が減ってしまうからです。

マイペースで仕事ができるメリットはありますが、自分の技術の客観的評価が難しい点もデメリットです。

自ら学ぶ習慣を身につけ、スキルの習得に励みましょう。

フリーランスエンジニアのメリット7つ

フリーランスエンジニアの主なメリットは7つあります。

以下の点を押さえフリーランスとしてのキャリアを成功させましょう。

  1. 会社員と比較してフリーランスの年収が高い
  2. 自由度が高く効率的に仕事をこなせる
  3. 特定のスキルを磨くことで市場価値を高めることができる
  4. 管理能力の習得
  5. プライベートと仕事のバランスが取りやすい
  6. 人間関係の悩みの軽減
  7. 経費計上による支出の節約

また、以下にわかりやすく表でまとめました。

項目内容
年収の違いフリーランスは仕事に応じた報酬を受け取るため収入が増える可能性が高い。会社員は固定給が主で、上限がある。
自由度の高さフリーランスは仕事の内容、クライアント、稼働日、休日、時間、場所を選べる。生産性が向上し、効率的に仕事がこなせる。
スキルの特化特定のスキルや技術を磨くことで市場価値を高め、収入を増やすことが可能。
管理能力の習得スケジュール管理や時間配分のスキルが求められる。上流工程の参加も可能になり、キャリアアップに繋がる。
ワークライフバランス納期内に成果物を提出することで、プライベートの時間を調整しやすい。
人間関係の悩み1人で仕事をするため、不要な付き合いや上司・同僚への気遣いが減少。ただし、人脈の形成は重要。
経費の節約家賃、水道光熱費、交通費、衣服代、パソコンや周辺機器の購入など、多くの出費を経費として計上し、節約が可能。

会社員と比較してフリーランスの年収が高い

ITエンジニアの場合、同等スキルの会社員と比較してフリーランスの年収が高い傾向があります。

フリーランスは仕事に応じた報酬を受け取れるため収入が増える可能性が高く、会社員は保証があるものの給与が低めに設定されています。

また、フリーランスは仕事量に応じて収入が上がるため、チャンスが多いです。

フリーランスとしての独立はリスクが伴うが、収入面でのメリットが大きいことも事実です。

自由度が高く効率的に仕事をこなせる

フリーランスエンジニアの魅力は、自由度の高さです。

受注する仕事の内容やクライアント、稼働日、休日、時間、場所を自分の好みに合わせて選べます。

会社員時代では、毎日の通勤がストレスとなり、効率的に仕事を進めることが難しくなっていました。

しかし、フリーランスとして独立後は、自宅やカフェでの作業を中心に、自分のペースで仕事を進めることができるようになり、生産性が大幅にアップしました。

この自由さが、会社員との違いであり、効率的に仕事をこなせるようになる大きなメリットとなります。

特定のスキルを磨くことで市場価値を高めることができる

フリーランスエンジニアは、特定のスキルを磨くことで市場価値を高めることができます。

特にニッチな分野や、最新の技術は希少性が高いため収入アップが見込めます。

逆に、複数のジャンルで平均的なスキルを持つことで、柔軟性をアピールできます。

どちらのアプローチも一長一短があり、自分のキャリアをどのように築きたいかで選択が変わります。

管理能力の習得

フリーランスエンジニアは、管理能力を磨くことが求められます。

これは、納期を守りつつ効率的に仕事をこなすことが必要とされるからです。

適切なスケジュール管理や時間配分を心掛けることで、プロジェクトの上流工程への参加も可能になります。

管理能力の習得は、フリーランスとしてのキャリアアップに繋がります。

プライベートと仕事のバランスが取りやすい

フリーランスエンジニアは、プライベートと仕事のバランスが取りやすいのが魅力です。

納期までに成果物を納品すれば、平日の日中に私用や家族関連の用事を優先させることが可能です。

また、夏期・冬季の忙しい時期には、前後の月に仕事を集中して収入バランスも調整できます。

自己管理を徹底し、プライベートと仕事の両立を図りましょう。

人間関係の悩みの軽減

フリーランスエンジニアは1人で仕事をし、人間関係の悩みが少なくなります。

不要な付き合いや上司・同僚への気遣いが減り、ストレスフリーな働き方が可能です。

ただし、仕事の受注は人脈が重要なため、個人事業主として同業者との良好な関係も大切です。

付き合う人間を選べることはメリットと言えるでしょう。

経費計上による支出の節約

フリーランスエンジニアは経費とプライベート分けて日々の出費を管理できます。

在宅勤務時、家賃や水道光熱費の一部を経費にできます。

また、取引先への出社時は交通費や衣服代も一部計上可能です。

さらに、仕事に欠かせないパソコンや周辺機器の購入など大型出費も経費化できます。

フリーランスエンジニアのデメリット回避方法

フリーランスエンジニアのデメリット回避方法

フリーランスエンジニアになる前にデメリット回避方法を学び、後悔しないようにしましょう。

  1. スキル磨きを行い高単価案件を獲得する
  2. 営業力で仕事を増やす
  3. SNSやブログを活用し自分を売り込む
  4. フリーランス向けのエージェントに登録

スキル磨きを行い高単価案件を獲得する

フリーランスエンジニアとして成功するためには、スキル磨きを行い高単価案件を獲得することが重要です。

スキルを磨くことで市場価値を高めることができ、受けれる案件の幅が広がります。

低単価案件や条件の悪い仕事を多く受けると、労力が増えても収入は伸びません。

高単価案件が獲得できれば、無理なく収入を確保できるでしょう。

営業力で仕事を増やす

営業力を持つことで、フリーランスエンジニアはクライアント数を増やし、仕事を増やすことができます。

高い営業力は、高単価の副業や良い条件での受注も可能となります。

複数の取引先クライアントがいれば収入と仕事の安定も望めます。

営業力はエンジニアにとって大切なスキルと言えるでしょう。

SNSやブログを活用し自分を売り込む

フリーランスエンジニアとしての自己アピールは重要です。

SNSやブログでのアピール方法として、ビジネス向けSNS「LinkedIn」を使い、プロフィールや経歴を充実させましょう。

エンジニアブログでは、自身のスキルや知識を示す記事を書くことで信頼性が高まります。

オンラインの技術コミュニティやオープンソースプロジェクトへの参加も、自分の実力をアピールできる場となります。

また、自分が手がけたプロジェクトの紹介を行うポートフォリオサイトの構築もおすすめです。

フリーランス向けのエージェントに登録

フリーランスエージェントへの登録は、仕事が見つからないリスクを回避し、次の5つのメリットがあります。

  1. スキルや経験に応じた仕事が紹介されるため、適切な案件に出会える
  2. 一般募集案件への応募が可能
  3. 担当エージェントと仕事や働き方について相談できる
  4. 高単価で継続前提の案件が多い
  5. 正社員と同等の待遇を提供するエージェントサービスもある

フリーランスエージェントの利用により、仕事探しの負担を軽減し、本業だけでなく副業の選択肢も広がります。

各エージェントには特徴や利点、欠点があるため、自分に合ったサービスを見つけて登録しましょう。

ITエンジニアのための在宅ワーク対応おすすめフリーランスエージェント

フリーランスエージェントは無料で利用でき、1社だけでなく複数のエージェントに登録が可能です。

複数登録により、多くの案件を見つけ、自分に適した仕事を探すメリットがあり、一般的には2社以上の登録が理想的とされています。

レバテックフリーランス:フリーランスエンジニア向け

レバテックフリーランス

・報酬単価が高い
・これからフリーランスを目指す人でもOK
・職務経歴書などの事前準備は不要

レバテックフリーランス」は、5,000社以上の企業から直接案件を保有しており、そのため大手企業の案件があることから、報酬単価が高い案件を多数揃えています。

また報酬単価が高い理由の一つに、仲介業者を一切介さないため、より高単価の案件を直接、あなたに提供できています。

これにより、あなたの専門スキルが真に評価され、報酬に反映されるのです。

レバテックフリーランスでは専任の担当者が案件の紹介から面談の日程調整、単価交渉、参画中のサポートまで全面的に行います。

実際に、利用者の満足度は92.6%と高い評価を得ているのも事実です。

公式サイトを見る

運営会社の会社概要
項目内容
社名レバテック株式会社
代表取締役岩槻 知秀
代表執行役社長高橋 悠人
資本金60,000,000円(資本準備金含む)
事業内容1. システムエンジニアリング事業
2. IT・Web領域における人材紹介事業
認定有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-308734、 労働者派遣事業 派13-308125、 プライバシーマーク認定番号 第10822633
設立2017年8月1日
株主レバレジーズ株式会社 (https://leverages.jp/business/it)

ITプロパートナーズ:エンジニア&マーケター&デザイナー向け

ITプロパートナーズ:エンジニア&マーケター&デザイナー向け

・週2日から働ける案件あり
・フリーランス全般の案件がある
・エンド直で高単価

ITプロパートナーズ」は、週2日から働ける案件を豊富に取り扱っています。

またリモートや時間がフレキシブルな案件などのフリーランスが他の案件とも並行しやすく、働きやすい柔軟案件を多く取り揃えています。

さらに会員登録した当日から使えるフリーランス向け報酬即日払いサービスの「ペイトナーファクタリング」と併せて利用することで、請求書をすぐに現金化することができるようになります。

公式サイトを見る

運営会社の会社概要
項目内容
会社名株式会社Hajimari
事業内容– ITプロパートナーズ事業
– 人事プロパートナーズ事業
– ファイナンスプロパートナーズ事業
– マーケティングプロパートナーズ事業
– intee事業
– TUKURUS事業
– メンタープロパートナーズ事業
– HR University事業
設立2015年2月26日
資本金1億円
代表取締役木村 直人
社員数128名(2022年11月時点 正社員・インターンのみ)
許認可– 有料職業紹介事業: 13-ユ-307288 <br> – 一般労働者派遣事業: 派13-306091
所在地東京本社: 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-16-10渋谷DTビル6階(総合受付)・9階
電話番号03-6450-6076(代表)
FAX03-6450-6077
intee専用03-6277-5980

フリーランスエンジニアのスキルアップのコツ

フリーランスエンジニアのスキルアップのコツ

デメリットを最小限に抑えるには、自身のスキルアップも大事です。

エンジニアとしての市場価値を向上させるための方法やコツを解説します。

  1. 定期的に技術トレンドを確認する
  2. 業界ニュースやイベントを定期的にチェック
  3. 実務経験とともに資格の取得

定期的に技術トレンドを確認する

フリーランスエンジニアは、定期的に技術トレンドを確認することが大切です。

技術界は日々進化しており、その動向を追いかけることで新しいスキルやツールを効率的に取得することが可能となります。

例えば、毎月1回のペースで主要な技術ニュースサイトやブログをチェックする習慣を持つことで、市場価値を維持・向上させることができます。

得た情報からスキルアップを行い、市場価値を高めましょう。

業界ニュースやイベントを定期的にチェック

フリーランスエンジニアのスキルアップは、業界ニュースやイベントを定期的にチェックすることが大切です。

最新の技術の動向だけでなく、業界の動きや取引先の動きも重要です。

定期的に業界のニュースをチェックすることで、新しいビジネスチャンスやプロジェクトに早く対応することができます。

多くの情報を入手し、時代に沿ったスキルを身につけましょう。

実務経験とともに資格の取得

フリーランスエンジニアとして、実務経験を積むとともに、関連する資格の取得を目指すことが大切です。

エンジニアの資格は多数存在し、その取得によって専門性や実力をアピールできます。

例えば、AWSなどクラウドに特化した資格を取得することで、クラウド関連のプロジェクトに多くアサインされるようになります。

特定の技術やフレームワークに関する認定試験を受験し、その資格を獲得することで、より高い報酬や信頼を得ることができます。

フリーランスエンジニアの働き方別のメリットとデメリット

フリーランスエンジニアの働き方別のメリットとデメリット

フリーランスエンジニアの働き方は多様で、常勤型フリーランス、請負型フリーランス、個人事業主が主なケースです。

それぞれのメリット・デメリットを理解し、自分に合った働き方を選ぶことが大切です。

働き方メリットデメリット
常勤型フリーランスエンジニア契約期間中の収入が安定し、同僚から刺激を受けてスキルアップが期待できる。時間の自由が少なく、個人の裁量で決められる仕事が少なくなる。
請負型フリーランスエンジニア働く時間帯や場所が自由で、依頼を完了させることが最大の優先事項。孤独を感じることがあり、単発の仕事が多く、収入が不安定になる可能性がある。
フリーランスから個人事業主への変更青色申告を利用することで控除額が増えるなどの税務上のメリットがある。開業届と身分証の提出が必要で、手続きに時間と手間がかかる。

フリーランスエンジニアの年代別のメリット・デメリット

フリーランスエンジニアの年代別のメリット・デメリット

フリーランスエンジニアは年代別にメリット・デメリットが異なります。

20代は若さと柔軟性、30~40代は経験とスキル、50~60代は豊富な知識とネットワークを活かせます。

それぞれの世代で比較検討しましょう。

年齢層メリットデメリット
20代多くの就職や転職の選択肢があり、フリーランスとしてうまく行かなかった場合でも色々な可能性が残されている。スキルと実務経験が少なく収入が増えにくい。人脈がなければ仕事の受注も難しい。
30~40代分野に関わるスキルと経験が増え、仕事量や内容によっては会社員よりも収入が増える。再就職や転職の選択肢がある。フリーランスとしての長期的なキャリアパスが見えにくく、将来的な安定や成長の見込みが不確実であることが多い。
50~60代マネジメント能力や危機管理能力が優れている。自分の力を発揮できる仕事が見つかれば、高収入を得ることも可能。初めは仕事の受注に苦労するかもしれない。自己の仕事スタイルや考え方が固まっており、クライアントから見て扱いにくいと感じられることがある。

フリーランスエンジニアとサラリーマンエンジニアの違い

ITエンジニアにおけるフリーランスと会社員の違い

ITエンジニアにおけるフリーランスとサラリーマンの違いを解説します。

メリット・デメリットを比較し、平均年収も調査しました。

  1. フリーランスとサラリーマンエンジニアのメリット・デメリット
  2. フリーランスエンジニアの平均年収は800万円以上

フリーランスとサラリーマンエンジニアのメリット・デメリット

サラリーマンエンジニアは、フリーランスと違って組織に属し、収入と仕事が保証される大きな利点があります。

自分で仕事を見つける必要がなく、常にタスクが用意されています。

ただし、嫌な仕事も断れず、指示通りに働かなければならないデメリットも存在します。

以下は、フリーランスエンジニアとサラリーマンエンジニアのメリットとデメリットを簡単にまとめた表です。

フリーランスエンジニアサラリーマンエンジニア
メリット1. 柔軟なスケジュール
2. さまざまなプロジェクトに参加可能
3. 自分の好きな場所で働ける (リモート等)
4. 収入の上限がない (能力や仕事量次第)
5. 自己成長のペースを自分で決められる
1. 定期的な収入
2. 企業の福利厚生・保険
3. 昇進の機会やキャリアパス
4. カリキュラムや研修の機会
5. 定期的な評価やフィードバック
デメリット1. 収入が不安定
2. 自己負担での保険・税金手続き
3. 仕事の獲得やクライアント対応が必要
4. 孤独感や自己管理の難しさ
5. 企業のリソースやサポートが受けにくい
1. 定められた勤務時間や場所
2. 企業文化や上司との人間関係の問題
3. 自分の選択ではないプロジェクトに従事
4. キャリア変更が難しくなる可能性
5. 仕事とプライベートの境界が曖昧

フリーランスエンジニアの平均年収は800万円以上

フリーランス白書2023」によれば、最も年収が高いフリーランスエンジニアは800万円以上です。

次いで400万~800万円の層が多く、全体的にエンジニア・技術開発系は高年収が目立ちます。

求人ボックス・給料ナビ」調査では、サラリーマンエンジニアの平均年収は約489万円です。

会社員の方が年収は低いものの、福利厚生面での優遇が魅力です。

就業経験ゼロからフリーランスに飛び込むのはデメリットが多い

就業経験ゼロからフリーランスに飛び込むのはデメリットが多いです。

未経験フリーランスエンジニアは避けた方が良く、実務経験を積みつつスキルを磨く方法がおすすめです。

フリーランスエージェントを活用してキャリアを築きましょう。

フリーランスにおすすめのITプロパートナーズ

ITプロパートナーズ:エンジニア&マーケター&デザイナー向け

・週2日から働ける案件あり
・フリーランス全般の案件がある
・エンド直で高単価

ITプロパートナーズ」は、週2日から働ける案件を豊富に取り扱っています。

またリモートや時間がフレキシブルな案件などのフリーランスが他の案件とも並行しやすく、働きやすい柔軟案件を多く取り揃えています。

さらに会員登録した当日から使えるフリーランス向け報酬即日払いサービスの「ペイトナーファクタリング」と併せて利用することで、請求書をすぐに現金化することができるようになります。

公式サイトを見る

未経験からフリーランスエンジニアを目指すのは難しい

未経験からフリーランスエンジニアを目指す際には、デメリットも考慮しなければなりません。

  1. ビジネスコネクションが乏しく案件獲得に課題がある
  2. 職業上の知識を共有する相手がいない
  3. 社会的な経験を得る機会が少ない
  4. 業界の最新情報を得るのが難しい
  5. 技術力の向上が困難

さらに、社会的常識やビジネスマナーを学ぶ場がないため、契約や人間関係におけるトラブルを招くリスクが高まります。

未経験からフリーランスエンジニアになろうとする際は、これらのデメリットを克服する方法を考えることが重要です。

実務経験とスキルアップが鍵

フリーランスエンジニア成功への道は実務経験とスキルアップが鍵です。

組織の中でプロジェクトに関わり、仕事や取引先とのコミュニケーションを学ぶことが大切です。

副業可能な企業で働くと、本業と並行して経験を積めます。

また、仕事受注や1人での業務遂行経験もフリーランス独立時に役立つでしょう。

オンラインスクールで汎用性の高い言語を学び、仕事の幅を広げよう

独学でフリーランスエンジニアになる際、オンラインスクールが役立ちます。

汎用性の高い言語を学び、仕事の幅を広げましょう。

AIやIoTのような今後の需要が増大する分野も勉強しておくことが重要です。

需要の高いプログラミング言語を学びフリーランスエンジニアとして成功させましょう。

フリーランスエンジニアは使えない?現実と将来性

注目されるフリーランスエンジニアの現実と将来性

近年、ITエンジニアの独立者が増加する中、フリーランスエンジニアの現実と将来性は注目されるトピックです。

市場価値を上げて収入を向上させる戦略が重要となるでしょう。

  1. スキルと経験があれば将来性は非常に高い
  2. 高収入を得るためには、市場価値を高めることが重要

スキルと経験があれば将来性は非常に高い

IT関連の仕事の需要は増加傾向にあり、企業運営と日常生活の両面で重要性が高まっています。

ただし、ITエンジニアの育成には時間がかかるため、不足が続く見込みです。

フリーランスエンジニアは即戦力として魅力があり、スキルと経験があれば将来性は非常に高いです。

高収入を得るためには、市場価値を高めることが重要

フリーランスエンジニアに高収入を得るためには、市場価値を高めることが重要です。

専門性の高いスキルや需要の高い技術を習得し、頼りがいのあるエンジニアになりましょう。

特に、1人で業務が可能なシステムエンジニアは独立しやすい分野です。

限定的な人材にしかできない仕事を受注できるエンジニアが成功への鍵となります。

まとめ|フリーランスエンジニアのデメリットを回避して成功を目指そう

フリーランスエンジニアとして成功するためには、まずはそのメリットとデメリットをしっかりと理解することが大切です。

自由な働き方の裏には、収入の不安定さや自己管理の難しさなどのデメリットが存在しますが、回避策を学ぶことで成功に近づけます。

IT分野のフリーランスは、会社員に比べ平均年収が高い事が魅力で、年代やスキル、経験次第で年収1000~2000万円を目指せます。

サラリーマンエンジニアとの違いを理解し、自分に合ったキャリアを選択することが重要です。

自信のない方は、キャリアのサポートやスキルアップのために、信頼性の高いエージェントや教育機関と連携することも忘れてはいけません。

総じて、フリーランスエンジニアとしてのキャリアは挑戦の連続ですが、正しい情報と意識的な努力で、多くの成功が期待できる道です。