フリーランス(個人事業主)の収入は低い?

「フリーランスの収入が低いって本当?」

フリーランスの収入が低いと感じている方、平均年収に疑問を持っている方へ、この記事では、フリーランスの年収やメリットについて詳しく解説します。

監修者

最後までご覧いただくことで、収入面に対する不安が解消され、フリーランスで高収入を得る方法が理解できるでしょう。

お悩みの方へのアドバイスが満載です。

▼フリーランスにおすすめサイト▼

ITプロパートナーズITプロパートナーズ」は、フリーランスエージェントでWEBマーケターやWEBデザイナー、ITエンジニアの案件紹介をしているITフリーランスエージェント支持率No.1(2021年7月期)のフリーランス案件を探せるサイトです。

週2日から働ける仕事も多く、エンド直の案件が多いので高単価案件が多いのが特徴です

利用には料金が一切かからず、面談の日程調整や単価交渉、参画中の悩みや相談などのサポートなど完全無料で利用いただけます。
  1. 登録者55,000人を突破
  2. はじめて/これからのフリーランスでもOK!!
  3. 企業の評判を事前確認できる

\ たったの60秒で登録完了 /

無料ですぐに登録する

フリーランスの収入が意外と低い理由

フリーランスの収入が意外と低い理由

フリーランスの収入は意外と低いと言われており、その理由と会社員との差を解説します。

フリーランスの平均収入や、収入の違いを知って、キャリア選択に役立てましょう。

  1. フリーランスとして働く人の平均年収は約200万円
  2. フリーランスや正社員の収入差は大きくない

フリーランスとして働く人の平均年収は約200万円

フリーランスとして働く人の平均年収は約200万円で、「フリーランス白書2020」によれば、年収200万円未満と200万~400万円の層が全体の45%を占めています。

また、年収400万~600万円の層が全体の約2割です。

本業フリーランスの平均年収は300万~400万円であり、フリーランスだけで生活する場合は年収400万円以上を目指すことが望ましいです。

フリーランスは会社員と比べて税金や保険の負担が高く、利用できる社会保障が少ないため、生活が不安定になりやすく、安定した収入を確保する必要があります。

また、仕事の保証がなく収入に波があるため、最低でも年収400万円を目安に稼ぐことがおすすめです。

フリーランスとして成功するためには、税金や保険の納付額を考慮し、安定した生活を送るために十分な収入を上げることが重要です。

フリーランスや正社員の収入差は大きくない

国税庁の「民間給与実態統計調査(令和2年)」によれば、会社員の平均年収は約433万円です。

正社員は約497万円、非正規社員は約176万円となっています。

このデータから、副業フリーランスや非正規社員と、本業フリーランスや正社員の収入差は大きくないことが伺えます。

フリーランスと会社員の収入に関する違いは3つあります。

まず、フリーランスは確定申告が必要ですが、これにより節税や経費計上が可能となります。

一方で、会社員は社会保障や福利厚生が充実しており、安定感があります。

いずれにもメリット・デメリットが存在し、これらが最終的な給与や手取り額に影響を与えてきます。

選択に当たっては、自身のライフスタイルや将来の目標をよく考慮し、どちらが適しているかを判断することが求められます。

フリーランスは収入が高い職種と低い職種がある

フリーランスは収入が高い職種と低い職種がある

フリーランスの収入が低い要因として、職種間の格差が存在します。

収入が高い職種と低い職種があり、一部では会社員を上回る年収を得ています。

この記事では、職種別の収入差と高年収ケースを詳しく解説します。

  1. IT関連やコンサルティング業は高収入を得られる職種
  2. 専門的なスキルや経験があまり求められない仕事は収入が低い
  3. 職種選びとスキル習得で会社員より多く稼げる

IT関連やコンサルティング業は高収入を得られる職種

フリーランスで高収入を得られる職種として、IT関連(エンジニア等)やコンサルタントが挙げられ、平均年収はそれぞれ約800万円と800万円以上です。

Webマーケターも600万~800万円の収入が期待できます。

これらの職種は専門的なスキルと経験が求められ、フリーランスに仕事を依頼しやすい職種であり、年収1,000万円以上を稼ぐ人も多いです。

専門的なスキルや経験があまり求められない仕事は収入が低い

フリーランスで収入が比較的低い職種は、専門的なスキルや経験があまり求められない仕事が一般的です。

例えば、Webライターの平均収入は200万円未満、Webデザイナーは300万円未満、プログラマーは200万~400万円となっています。

これらの職種は、専門スキルを身につけるための時間が短く、比較的ハードルが低いのが魅力です。

しかしながら、実績が十分にあるフリーランスは、難易度の高い案件を受注できるため、年収が高くなることもあります。

フリーランス業界においては、これらの職種は格差の面で下位に位置しますが、エンジニア系よりも稼ぐ人も存在しています。

総じて、収入が低い職種でもスキルや実績次第で年収を上げることが可能です。

職種選びとスキル習得で会社員より多く稼げる

収入が低いフリーランスに見えるが、職種選びとスキル習得で会社員より多く稼ぐ可能性があります。

年収アップは、高収入職種を選びスキル向上に努めることが鍵です。

また、難易度の高い案件は単価も高いため、仕事選びも重要です。

低単価の仕事だけでは、会社員越えの年収は厳しいでしょう。

コロナ禍で収入が減ったフリーランスが増加している

コロナ禍で収入が減ったフリーランスが増加している

2019年から2020年のコロナ禍で国内の感染が増え、2021年も続く中、収入が減ったフリーランスが増加しました。

半数以上が収入減を経験している一方、8割以上がフリーランスを続けることを望んでいます。

この現象は、働き方の変化を示しています。

  1. コロナの影響で収入減を経験したフリーランスが増えている
  2. 7割以上は今後もフリーランスを続けたい

コロナの影響で収入減を経験したフリーランスが増えている

新型コロナウイルスの影響で収入減を経験するフリーランスが増えており、「フリーランス白書2021」では半数以上がコロナで収入減を報告しています。

さらに、プラスワンのアンケートでも約6割が「収入が減った・今後減る」と回答しました。

現役フリーランスの厳しい現状が浮き彫りになっています。

7割以上は今後もフリーランスを続けたい

コロナ禍で収入減が続く中でも、フリーランスを続けたいと考える人は非常に多いです。

フリーランス白書2021や新型コロナウイルス感染症が個人事業主・フリーランスの収入への影響に関するアンケートで、7割以上が今後も続けたいと回答しています。

自粛期間中でも作業が可能で、リモートワークに適していることが、フリーランスを続けたいと思う理由の一つとなっていると言えます。

収入が低いのに人気の高いフリーランス

収入が低いのに人気の高いフリーランス

収入が低いとされるフリーランスですが、人気が高まり独立する人が増加中です。

人気の理由を以下の3つご紹介します。

  1. 自由度が高い
  2. 満足度が高い
  3. 会社員にも副業として人気

これらを以下にわかりやすく表でまとめました。

理由説明
自由度が高い「フリーランス実態調査」や「フリーランス白書2021」、「まねーぶ」調査により、自分の仕事のスタイルで働きたいという理由からフリーランスを選んだ人が全体の半数以上を占めています。
満足度が高いフリーランスの満足度は高い傾向にあり、「フリーランス実態調査」や「フリーランス白書2020」でフリーランスの働き方全般に対して満足しているとの回答が多いです。
会社員にも副業として人気アデコグループの調査により、会社員の約7割がフリーランスの副業に興味があるという結果が出ています。フリーランスの副業は会社に見つかるリスクが低く、アルバイトをするより安全というメリットがあります。

自由度が高い

内閣官房日本経済再生総合事務局が実施した「フリーランス実態調査」によると、「自分の仕事のスタイルで働きたいため」という理由でフリーランスを選んだ人が全体の半数以上を占めています。

また、「フリーランス白書2021」でも同じ理由が半数以上を示しており、「まねーぶ」というお金の情報サイトで行われた調査でも、500人中198人が「時間に縛られず自由に働きたい」と回答しました。

この3つの調査結果によって、フリーランスの最大のメリットとして自由度が高い点が浮き彫りになっています。

満足度が高い

フリーランスの満足度は高い傾向にあります。

内閣官房日本経済再生総合事務局の「フリーランス実態調査」によると、仕事上の人間関係、就業環境、プライベートとの両立、達成感や充実感などの4つの項目で7割以上が満足しているとの回答がありました。

「フリーランス白書2020」の調査では、全体の8割以上がフリーランスの働き方全般に対して満足しているという結果が示されています。

会社員にも副業として人気

アデコグループの調査によれば、会社員の約7割がフリーランスの副業に興味があるとの結果が出ています。

その理由として、収入を増やしたい、生活を安定させたい、スキルアップを目指す、自己の能力を試す等が挙げられています。

さらに、フリーランスの副業は会社に見つかるリスクが低く、アルバイトをするより安全というメリットがあることから、多くの会社員が副業としてフリーランスを選択しています。

フリーランスで収入を増やす方法

フリーランスで収入を増やす方法

フリーランスで収入を増やす4つの方法は、以下の通りです。

  1. 経験を重ねクライアントの信頼を得る
  2. 常に学び続け、人材価値を高める
  3. クライアントの期待を超える
  4. フリーランスエージェントに登録

経験を重ねクライアントの信頼を得る

さまざまなタイプの案件に挑戦し、実績を増やすことで受注可能な案件の幅が広がり、経験豊富なフリーランスはクライアントの信頼を得て多様な仕事を任せられ、報酬も向上し年収アップにつながります。

常に学び続け、人材価値を高める

常に学び続け、人材価値を高めることがフリーランス成功の鍵です。

新しい知識やスキルを身につけ、専門性を高めることで、仕事を任せたいという評価を得られ、契約金額や年収も向上します。

クライアントの期待を超える

クライアントの期待を超える成果を出すことで、単価アップや安定した仕事受注が期待できます。

高単価契約が可能になり、仕事不足の心配がなく年収が徐々に上昇することでしょう。

フリーランスエージェントに登録

フリーランスエージェントへの登録は、案件獲得に手間を省き効率化します。

担当エージェントから案件オファーもあり、自分で営業活動する必要がなくなります。

仕事量が増え、年収アップも期待できる魅力的な選択です。

フリーランスにおすすめのエージェント2選!

レバテックフリーランス:フリーランスエンジニア向け

レバテックフリーランス

・報酬単価が高い
・これからフリーランスを目指す人でもOK
・職務経歴書などの事前準備は不要

レバテックフリーランス」は、5,000社以上の企業から直接案件を保有しており、そのため大手企業の案件があることから、報酬単価が高い案件を多数揃えています。

また報酬単価が高い理由の一つに、仲介業者を一切介さないため、より高単価の案件を直接、あなたに提供できています。

これにより、あなたの専門スキルが真に評価され、報酬に反映されるのです。

レバテックフリーランスでは専任の担当者が案件の紹介から面談の日程調整、単価交渉、参画中のサポートまで全面的に行います。

実際に、利用者の満足度は92.6%と高い評価を得ているのも事実です。

公式サイトを見る

運営会社の会社概要
項目内容
社名レバテック株式会社
代表取締役岩槻 知秀
代表執行役社長高橋 悠人
資本金60,000,000円(資本準備金含む)
事業内容1. システムエンジニアリング事業
2. IT・Web領域における人材紹介事業
認定有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-308734、 労働者派遣事業 派13-308125、 プライバシーマーク認定番号 第10822633
設立2017年8月1日
株主レバレジーズ株式会社 (https://leverages.jp/business/it)

ITプロパートナーズ:エンジニア&マーケター&デザイナー向け

ITプロパートナーズ:エンジニア&マーケター&デザイナー向け

・週2日から働ける案件あり
・フリーランス全般の案件がある
・エンド直で高単価

ITプロパートナーズ」は、週2日から働ける案件を豊富に取り扱っています。

またリモートや時間がフレキシブルな案件などのフリーランスが他の案件とも並行しやすく、働きやすい柔軟案件を多く取り揃えています。

さらに会員登録した当日から使えるフリーランス向け報酬即日払いサービスの「ペイトナーファクタリング」と併せて利用することで、請求書をすぐに現金化することができるようになります。

公式サイトを見る

運営会社の会社概要
項目内容
会社名株式会社Hajimari
事業内容– ITプロパートナーズ事業
– 人事プロパートナーズ事業
– ファイナンスプロパートナーズ事業
– マーケティングプロパートナーズ事業
– intee事業
– TUKURUS事業
– メンタープロパートナーズ事業
– HR University事業
設立2015年2月26日
資本金1億円
代表取締役木村 直人
社員数128名(2022年11月時点 正社員・インターンのみ)
許認可– 有料職業紹介事業: 13-ユ-307288 <br> – 一般労働者派遣事業: 派13-306091
所在地東京本社: 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-16-10渋谷DTビル6階(総合受付)・9階
電話番号03-6450-6076(代表)
FAX03-6450-6077
intee専用03-6277-5980

まとめ|フリーランスは職種や働き方によって会社員より高収入が可能

フリーランスは、職種や働き方によって会社員より高収入が可能です。

全体の収入が低い印象は、副業者が多いため。収入アップのコツを掴めば、高年収も現実的です。

フリーランス人数は増加傾向で、企業にも利点があることが判明しました。

満足度向上や収入増加を望む方は、フリーランスにチャレンジしてみる価値があります。

→横スクロールできます
おすすめエージェント支払いサイトおすすめの人/特徴案件のジャンルマージン率公式サイト
(全て完全無料)
レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
\業界催促/
15日
業界トップクラスの案件数
②登録者数10万人超えのNo.1エージェント
③大企業案件が豊富だから単価が高い
エンジニア、マーケター、高スキルのライターおよそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://freelance.levtech.jp/
案件数:約40,000
ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ
35日①週2日から働ける副業案件が豊富
②2022年の支持率No.1
③エンド直だから高単価が多数
エンジニア、マーケター非公開公式サイトはこちら
https://itpropartners.com/
案件数:約5,100
レバテッククリエイター
レバテッククリエイター
15日①業界トップクラスの高単価案件保有
②高スキルお持ちの方はさらに高待遇
③最短2日で稼働できる
Webデザイナー、クリエイター、動画編集or制作およそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://creator.levtech.jp/
案件数:約40,000