フリーランスになって辛いことやきつい困難なこととは?

「フリーランスに転身することを考えているが、自由な働き方の裏には大変な部分もあるのではないか?」

「フリーランスになった後で不安が増えてしまった。適切な対処法は何だろうか?」

フリーランスという働き方は、自宅やお好きな場所で、自分のペースで仕事ができるという大変魅力的な面があります。

このため、現在会社員として働いている方でも、将来的にフリーランスを志望している方は少なくないでしょう。

しかし、フリーランスの世界では、自分で仕事をコントロールできるという利点がある一方で、常に孤独との闘いであることや、安定しない収入によって常に悩みや心配と向き合わなければならない現実も存在します。

自由な働き方であるフリーランスだからこそ、その反面には不安要素が潜んでいるのです。

この記事では、フリーランスになってから抱えるようになる不安や悩みにどのように対処すべきかについて詳しく解説します。

監修者

フリーランスへの転身を後悔することなく、スムーズにデビューできるよう、現在の会社員時代に準備しておくべきポイントについてもお伝えしていきます。

▼フリーランスにおすすめサイト▼

ITプロパートナーズITプロパートナーズ」は、フリーランスエージェントでWEBマーケターやWEBデザイナー、ITエンジニアの案件紹介をしているITフリーランスエージェント支持率No.1(2021年7月期)のフリーランス案件を探せるサイトです。

週2日から働ける仕事も多く、エンド直の案件が多いので高単価案件が多いのが特徴です

利用には料金が一切かからず、面談の日程調整や単価交渉、参画中の悩みや相談などのサポートなど完全無料で利用いただけます。
  1. 登録者55,000人を突破
  2. はじめて/これからのフリーランスでもOK!!
  3. 企業の評判を事前確認できる

\ たったの60秒で登録完了 /

無料ですぐに登録する

フリーランスが感じる苦労や厳しい状況、困難な部分の解説

フリーランスが感じる苦労や厳しい状況、困難な部分の解説

フリーランスが「困難」「厳しい」「努力が必要」と感じる理由として、主に4つのポイントが存在します。

  1. 安定しない収入による生活の不安
  2. 確定申告が個人の責任になる
  3. 社会保障や福利厚生が充実していない
  4. 休日が不規則でオンオフの切り替えが難しい

以下にわかりやすく表でまとめました。

課題説明
安定しない収入フリーランスの初期段階では、収入の安定性が欠けることが多い。契約期間が終わると新たな仕事を見つける必要があり、これが労力や時間を要することもある。
確定申告の自己責任フリーランスでは、経費の管理や収入、税金の計算など全てを自己責任で行う必要がある。会社員から転身すると確定申告の手続きに戸惑うこともある。
社会保障や福利厚生の乏しさフリーランスは、業務委託契約のため企業との雇用契約がない。その結果、一般的な社会保障や福利厚生を受けられない。
休日が不規則フリーランスでは働く時間や場所の自由度が高い一方で、仕事とプライベートの切り替えが難しい。固定の休日がないため、仕事とプライベートのバランスを取ることが難しい。

安定しない収入による生活の不安

フリーランスは、働く自由さがあるものの、初期段階では収入の安定性が欠けることが多いのが一般的です。

フリーランスの主な働き方としては、企業との契約に基づく業務委託が一般的です。

この業務委託方式では、契約期間が終わると仕事の継続が困難となり、他の企業との契約を見つけていくことが必要になります。

これは、大変な労力や時間がかかることであると感じる方もいらっしゃるでしょう。

加えて、自分自身で営業活動を行う必要があるため、「フリーランスの収入は不安定だ」という懸念が生じることがあります。

確定申告が個人の責任になる

フリーランスとして働く上でのもう一つの課題は、確定申告を自己責任で行わなくてはならない点です。

経費の管理、収入や税金の計算など、全てを自分自身で管理することが必要になります。これには、不安を感じる方も少なくありません。

一方、会社員は確定申告の手続きを自分で行うことがないため、フリーランスに転身する際に税金の計算方法や手続きに戸惑うことがあるのです。

これらの点から、フリーランスには大変な面もあると感じられるのではないでしょうか。

社会保障や福利厚生が充実していない

フリーランスは社会保障や福利厚生が従来の企業員に比べて乏しい状況です

フリーランスは、ほとんどの場合業務委託契約であり、企業と雇用契約を結んでいないため、一般的な福利厚生が受けられません。

従来の企業員であれば享受できる傷病手当や退職金制度など、フリーランスには適用されません。

そのため、体調を崩した際に収入が途絶える不安がつきまとうことになります。

休日が不規則でオンオフの切り替えが難しい

フリーランスは働く時間や場所の自由度が高い一方で、仕事とプライベートの切り替えが難しいことがあります。

従来の企業員であれば、平日は会社で働き、土日は自宅で休むことができ、比較的オンオフをはっきりと区別することが可能です。

しかし、フリーランスには固定の休日がないため、平日も土日も働くことができる一方で、常に働かざるを得ない状況になってしまうこともあります。

フリーランスに踏み切る前に!孤立感も覚悟しよう!

フリーランスに踏み切る前に!孤立感も覚悟しよう!

フリーランスの魅力として、一人で自分のペースで働くことができる点が挙げられます。

しかしその一方で、すべての業務を個人で完結させることから、孤独感が襲ってくることがあります。

孤独感を感じる原因は、以下の2つが考えられるでしょう。

  1. 独力で仕事を遂行しなければならない
  2. 交流の相手が不在

独力で仕事を遂行しなければならない

フリーランス業界では、個々人が全てのタスクを自らこなす必要があります。

仕事上の問題に直面した際、すぐに周囲の人に助言を求めることができず、多くの困難に対処しなければならないことでしょう。

従業員とは異なり、フリーランスは人間関係や上下関係の悩みから解放される自由な働き方ができますが、誰ともコミュニケーションを取らずに仕事を進めなければならないことも珍しくありません

交流の相手が不在

周りに人がいない状況では、会話を楽しむ相手がいません。

何か相談したいことがあってもできず、情報収集が必要な時も自分だけで行わなければならないのです。

会社員であれば同じ職場に上司や同僚がいるので、いつでも相談に乗ってもらえますが、フリーランスとなると、即座に助言を求めることが難しくなります

このように、困難な状況に一人で取り組む必要があり、それが孤独感を引き起こす原因となります。

フリーランスが抱える不安の悩みのカテゴリー

フリーランスが抱える不安の悩みのカテゴリー

フリーランスが抱える不安に関する悩みは、主に以下の4つのカテゴリーに分けられます。

  1. コミュニケーションが意外と多いこと
  2. 報酬の交渉が困難であること
  3. 仕事とプライベートの切り替えが難しいこと
  4. 家族を養い続けられるか不確かであること

コミュニケーションが意外と多いこと

フリーランスとして働く際、コミュニケーションの取り合いが多くなることに驚かされることがあります。

従業員として働く場合にありがちな人間関係や上下関係の悩みからは解放されるものの、クライアントとのコミュニケーションが重要視されるため、日常的にコミュニケーションを取り合うことが増えます。

休日や遅い時間帯でもコミュニケーションを取らなければならないことがあるため、完全に孤独で仕事に集中できる状況は稀です。

フリーランスに転身した後も、コミュニケーションの取り合いは続くことでしょう。

人間関係のストレスを避けるためにフリーランスになりたいと考える人も多いので、コミュニケーションが意外と多いことに悩む人も少なくありません。

報酬の交渉が困難であること

報酬交渉のタイミングや、報酬を増額させるための交渉が実行することに難しさを感じることがあります。

フリーランスとして働く場合、仕事の安定性が低いため、報酬の単価交渉が重要だとされています

ただし、クライアントとの信頼関係が築かれていなければ報酬交渉は難しいため、「いつ」「どのような状況で」交渉をするべきか分からないまま悩むことがあります。

仕事とプライベートの切り替えが難しいこと

フリーランスとして働く場合、仕事とプライベートの切り替えが難しいことがあります。

仕事が常に行える状況にあるため、しばしば睡眠時間が犠牲になることもあります。

複数の契約を抱えることで、休む暇もなく働き続けることが当たり前になることがあります。

自宅での作業が中心であるため、スケジュール管理が難しくなり、結果として仕事に没頭し続けてしまう恐れもあります。このような問題に不安を感じる人も少なくありません。

家族を養い続けられるか不確かであること

フリーランスとしての収入は不安定です。

現在の契約が続けば問題ないですが、未来においてどのような状況になるかは予測がつきません。

フリーランス協会による「新型コロナウイルスによるフリーランス・会社員の意識変化調査」によれば、新型コロナウイルス感染拡大の影響で収入が減少したフリーランスは全体の74.4%に上るとされており、7割近くのフリーランスが収入減に悩んでいます。

情勢によって働き方が変わる時代でもあるため、家族を養い続けられるかどうかが不安要素としてあることは否めません。

フリーランスが感じる辛さや不安に対処する方法

フリーランスが感じる辛さや不安に対処する方法

フリーランスが「不安」、「つらい」、「大変」と感じる場合、以下の5つの方法を活用して対処すると助けになるでしょう。

  1. 安定した収入のために複数のプロジェクトに取り組む
  2. 営業が得意でない場合はフリーランスエージェントを活用する
  3. 確定申告は会計ソフトを使うことで簡単に行える
  4. 情報交換やSNSを活用してスキルアップを実現する
  5. オンオフの切り替えには「平日は働く、週末は休む」といったマイルールを設定する

安定した収入のために複数のプロジェクトに取り組む

安定した収入を確保するためには、さまざまなプロジェクトを同時に手掛けることが重要です

クライアントとのコミュニケーションが突然切れることもあり、予定していた収入が得られなくなるリスクがあります。

オンラインでのビジネスは、予想外の事態が日常的に起こりうるものです。

そういった状況に対応するために、複数のプロジェクトを持つことで収入の安定性を確保できるでしょう。

営業が得意でない場合はフリーランスエージェントを活用する

営業が苦手な方は、フリーランスエージェントを利用してみましょう。

フリーランスが主に自分で営業活動を行う必要がありますが、営業が苦手な方もいるでしょう。

そのような方は、自分に代わって営業活動を行い、仕事の紹介をしてくれるフリーランスエージェントのサービスを利用することを検討してみてください

エージェントを通じての仕事はマージンが発生するため、実際の手取り額は減少する可能性がありますが、自分で営業活動を行うことなく、気軽に仕事を獲得できるでしょう。

以下の3社はおすすめのフリーランスエージェントです。

→横スクロールできます
おすすめエージェント支払いサイトおすすめの人/特徴案件のジャンルマージン率公式サイト
(全て完全無料)
レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
\業界催促/
15日
業界トップクラスの案件数
②登録者数10万人超えのNo.1エージェント
③大企業案件が豊富だから単価が高い
エンジニア、マーケター、高スキルのライターおよそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://freelance.levtech.jp/
案件数:約40,000
ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズ
35日①週2日から働ける副業案件が豊富
②2022年の支持率No.1
③エンド直だから高単価が多数
エンジニア、マーケター非公開公式サイトはこちら
https://itpropartners.com/
案件数:約5,100
レバテッククリエイター
レバテッククリエイター
15日①業界トップクラスの高単価案件保有
②高スキルお持ちの方はさらに高待遇
③最短2日で稼働できる
Webデザイナー、クリエイター、動画編集or制作およそ10%〜20%公式サイトはこちら
https://creator.levtech.jp/
案件数:約40,000

確定申告は会計ソフトを使うことで簡単に行える

確定申告の手続きを簡単に行うために、会計用のフリーソフトを利用しましょう。

フリーランスは自分で確定申告を行う必要がありますが、現在は確定申告書類が自動生成されるソフトウェアも利用可能です

例えば、以下のような確定申告をサポートするソフトウェアが存在しています。

  1. freee
  2. マネーフォワード
  3. やよいの青色申告

これらのソフトウェアは月額または年額の費用が発生しますが、会計の専門知識がない方でも簡単に確定申告を行い、正確な帳簿を作成することができます。

情報交換やSNSを活用してスキルアップを実現する

フリーランスは往々にして独立しているため、情報収集に偏りが生じやすいです。

加えて、研修制度などが存在しないため、自分自身でスキルアップを実施しなければなりません。

このような状況を克服するため、SNSを活用してスキルアップや情報収集に努めることがお勧めであります。

また、同じフリーランスの仲間を見つけることも可能で、これにより孤独感も薄れ、二兎を追う効果が期待できます。

オンオフの切り替えには「平日は働く、週末は休む」といったマイルールを設定する

フリーランスは、自分自身でマイルールを設定することが重要です。

サラリーマンの場合、出退勤を通じて切り替えが容易ですが、フリーランスではそのような制度が存在しません。

結果として、曜日感覚が失われがちです。

フリーランスとして独立した後もオンとオフを適切に切り替えられるよう、「17時までに仕事を終わらせる」「週末は仕事をしない」といったルールを確立することが望ましいでしょう。

フリーランスエンジニアの中には特別な辛さが存在する?

フリーランスエンジニアの中には特別な辛さが存在する?

フリーランスエンジニアは、他の職種に比べて特別な「辛さ」があると言われています。

この考えが生まれる背後には、以下の3つの要因が主に挙げられます。

  1. 未経験者にとって案件獲得のハードルは高い
  2. フリーランスエンジニアの増加による競争激化
  3. スキルアップが常に求められる職種

未経験者にとって案件獲得のハードルは高い

フリーランスエンジニアとしての案件獲得は、未経験者にとって非常に困難なものであると言われています。

未経験者が仕事を獲得するには、ポートフォリオの作成やプログラミング言語のスキル証明が不可欠であり、実務経験がある方が案件獲得が容易になるでしょう。

フリーランスエンジニアの増加による競争激化

ここ数年で、フリーランスエンジニアが急速に増えていることが指摘されています。

フリーランスエンジニアの平均収入は約60万円/月であり、未経験からIT業界への転職を経た後、フリーランスエンジニアとして活躍する人が増えています。

このため、フリーランスエンジニア同士の競争が激化しており、案件獲得が難しくなっているとされています。しかしながら、IT業界は需要が高くエンジニア不足が続いており、「仕事が全くない」という状況にはなっていません。

スキルアップが常に求められる職種

フリーランスエンジニアは、継続的なスキルアップが求められる職種です。

プログラミング言語も一つに限らず、幅広い言語を扱えることが、案件獲得の可能性を高めます

単価が高いため収入面では恵まれているものの、継続的な勉強やスキルの向上が不可欠であるため、厳しい職種とも言えるでしょう。

フリーランスになる前に押さえるべきポイント!事前対策で悩みを未然に防ごう

フリーランスになる前に押さえるべきポイント!事前対策で悩みを未然に防ごう

フリーランスになる前に以下の4つのポイントを押さえ、不安や心配事を未然に防ぐことが重要です。

事前準備をしっかり行うことで、フリーランスとしての生活がスムーズになることでしょう。

  1. 副業としてフリーランスを試してみる
  2. フリーランスになる前に税金の知識を身につける
  3. フリーランス向けの支援制度を調べておく
  4. 脱サラする前にいくつかの契約を締結する

副業としてフリーランスを試してみる

フリーランスへの転身を検討する前に、まずは副業としてフリーランスを体験してみることをお勧めします。

これにより、いきなり会社員からフリーランスになることのリスクを下げることができます。

普段の仕事を続けながら、副業としてフリーランスを行うことで、フリーランスになった後の収入がどの程度になるのかシミュレーションすることが可能です。

フリーランスになる前に税金の知識を身につける

フリーランスに転身する前に、税金について学んでおくことが重要です。

フリーランスになると、支払う税金が増えることがあります。

会社員時代には支払っていなかった税金が発生することもあるため、事前に勉強しておくことが望ましいです。

税金の種類を把握し、どのように納めるべきかを理解しておくことで、フリーランスとして活動する際に戸惑わなくて済みます。

フリーランス向けの支援制度を調べておく

フリーランスになる前に、利用できる支援制度や手当てを調べておくことが役立ちます。

例えば、「フリーランスの保険」という年会費1万円で利用できる保険があります。

また、自民党や厚労省による新型コロナウイルス感染拡大時のフリーランス含む個人事業主のための保障制度も存在します。

フリーランスであっても、利用できる支援制度は存在します。

事前に調べておくことで、フリーランスとしての生活がより安心できるものになります。

脱サラする前にいくつかの契約を締結する

サラリーマンを辞める前に、いくつかの契約を締結しておくことをお勧めします。

フリーランスに転向してから契約を探すよりも、事前にいくつかの契約を獲得しておいた方が安心できます

サラリーマンを辞める数カ月前から、フリーランスとしてのキャリアを検討し、クラウドソーシングサービスなどを活用して契約を結んでおくことが望ましいです。

まとめ|会社員もフリーランスも難しい点は同じ。自分に適した働き方を見つけましょう!

フリーランスは、自由な働き方が魅力的ですが、安定した収入や福利厚生がなく、自分で営業活動を行う必要があるなど、大変な面も存在します

一人で仕事をするため、相談できる人がいなくて孤独に感じることがあります。

人間関係のストレスから逃れたいと感じ、フリーランスを志す方もいるでしょう。

しかし、フリーランスになることで、確定申告や営業活動など、人間関係以外の面倒な事柄も生じます。

そのため、「サラリーマンの方が良かった」と後悔する人もいるかもしれません。

ただし、信頼できるクライアントがいれば、相談もすぐに行えますし、会計ソフトやフリーランス向けの保険なども利用できるため、すべてを一人で処理するわけではありません

会社員にもフリーランスにも、それぞれの良い点と悪い点があります

自分に適した働き方を見つけ、ストレスのない働き方を追求しましょう。